UICC(国際対がん連合)日本委員会

ホーム >>  UICCの具体的活動内容

UICCの具体的活動内容

UICCは、近年は、WHOの政策を支持し、その実現に民間の立場から協力して活動している。UICCの活動の基本は、世界中の対がん勢力を結集して一斉に展開するadvocacy(政策提言)とキャンペーンであるが、2年ごとに開催される世界がん会議と世界がんリーダーサミットおよび毎年行われる世界対がんデーのイベントを重要な行事としている。他方WHOや国連の重要な会議や活動を成功させるための募金活動なども行っている。
 現在の緊急性のある活動テーマには、WHOタバコ規制枠組条約の履行や非感染性疾患(NCDs)に関する国連サミット宣言の実行を政府機関に求める事、小児がん問題への取組み、がん疼痛救済イニシアチブ(GAPRI)などがある。

ページのTOPへ