部門紹介

印刷

研究内容

研究内容目次

  1. 蛍光イメージングの治療効果を予測するバイオマーカーの探索への応用
    蛍光イメージングの造血器腫瘍診断への応用 (蛍光3D血球アトラス)
  2. 標的分子の遺伝子変異解析と分子標的薬剤の効果予測
  3. 固型がんにおける末梢循環がん細胞、末梢循環内皮細胞の意義
  4. 多発性骨髄細胞株におけるBortezomib耐性機序の解明
  5. がん化学療法におけるバイオマーカー研究
  6. 泌尿器科がんにおける発がんの解明とそれに基づいたあたらしいバイオマーカーの発見および分子標的治療法の開発

消化器がん化学療法におけるバイオマーカー研究

松阪諭 (医員)

わが国における消化器がんの治療成績は、早期発見の増加、手術技術の発展により、確実に向上してきました。しかし根治切除不能および術後再発症例は予後不良であり、化学療法を中心とした治療法の開発は重要な課題です。さらに化学療法の治療反応性および予後予測について解析するバイオマーカー研究が最重要課題とされています。

Circulating Tumor Cell

がん患者の末梢血中に循環しているがん細胞の存在が報告されてから、末梢循環がん細胞 (Circulating tumor cell; CTC) の検出法の開発および化学療法の効果予測・予後予測因子であることが報告されてきました。 当研究室では、進行再発胃がんおよび大腸がんにおける化学療法薬の効果予測バイオマーカーとしてCTCに注目し研究を行っています。化学療法前後でCTC細胞数の変化・CTCの遺伝子解析を行い、治療効果との相関性を調べ、化学療法の治療反応性および予後予測について解析しています。特に分子標的治療薬の開発により、CTC phenotypeの解析研究を進めています。

Circulating Endothelial Cell, Endothelial Progenitor

末梢循環血管内皮細胞 (Circulating endothelial cell; CEC)は、末梢を循環する内皮細胞の総称であるが、狭義には成熟内皮細胞を示し、局所の血管壁から剥離した内皮細胞由来で血管新生および血管壁の維持に重要な役割を果たしています。さらに末梢循環血管内皮前駆細胞 (Circulating endothelial progenitor; CEP) は、成人の末梢血単核球分画に存在し、この内皮前駆細胞が局所で増殖・分化し血管新生に関わっていることが証明されてきました。

血管新生阻害剤は、従来の抗がん剤とは異なるメカニズムで腫瘍に作用するため、臨床で血管新生阻害効果を定量的に評価するバイオマーカーは確立されていません。当研究室では、CEC phenotypeを解析することにより、治療効果予測の診断法が確立でき、テーラーメード医療の促進につながると考えています。

このページのTOPへ