部門紹介

企業の方へ

最終更新日 : 2017年10月4日

公益財団法人がん研究会 がん化学療法センター 基礎研究部は、創設以来、がん化学療法に関する基礎研究と新しい抗がん剤の開発研究を進めてきました。これまでの共同研究の成果として、サンラビン、ミフロール、THP-アドリアマイシンなどの抗がん剤を開発しています。また、耐性化したがんに有効な抗がん剤としてME-2303、 MX-2、 CPT-11、リゾキシンなどを研究し,その一部は現在臨床のフェーズ試験に入っています。またMS-209(Dofequidar)の開発研究・臨床試験のサポートなども行なってきました。最近では、臨床検体より樹立した初代培養細胞株(PDC)やそのゼノグラフトモデル、を用いた抗腫瘍剤のスクリーニング等も共同研究で行っています。また、がん転移を標的にした薬剤開発も進めています。それ以外にも数多くの前臨床試験に関わってきました。これら共同研究の多くは、委託研究あるいは研究生を受け入れての共同開発研究という形で進められてきました。

公益財団法人がん研究会 がん化学療法センターは、基礎研究と臨床研究の橋渡しの役割を担っていますし、大学とは異なる公益性を重視した民間団体ですので、どのような段階の薬剤開発研究にもノウハウの提供や研究協力することが可能です。

主な研究協力可能項目

主な研究協力可能項目を以下に列挙します。

  • 臨床検体を用いた抗腫瘍剤スクリーニング
  • PDXモデルを用いた抗腫瘍剤スクリーニング
  • 抗腫瘍薬の耐性化機構解明
  • がん転移のin vitro、in vivoモデルによる評価
  • 血小板凝集アッセイ系による評価
  • 各種モノクローナル抗体およびその作製

ご興味のある方は、部門紹介もご覧下さい。
また、ここに記載以外の項目でも協力可能ですので、下記の連絡先までお気軽にお問い合わせください。

連絡先

片山量平(基礎研究部長)
〒135-8550 江東区有明3−8−31
Tel:03-3520-0111 (内線5721) Fax:03-3570-0484
E-mail:ryohei.katayama@jfcr.or.jp

このページのTOPへ