部門紹介

印刷

基礎研究部

最終更新日 : 2017年10月4日

部の紹介

がんの分子標的薬創製を目指した基礎研究

片山 量平

基礎研究部 部長 片山 量平

基礎研究部では、がんの分子標的治療薬創製を目指して、がんの治療抵抗性ならびにがん転移の分子基盤を明らかにする研究、治療標的分子の同定、阻害剤・治療法の発見を目指した研究を行うとともに、がん転移中和抗体の作製などの臨床応用を目指したがん研究も行なっています。近年のがん分子生物学の進歩にともない、私たちの研究対象も下記のように多岐にわたっています。最新の細胞生物学、分子生物学および薬理学的手法を用い、がん治療抵抗性機構の解明とより効果的な治療戦略の発見、さらにはがん転移阻止のための分子標的研究・臨床応用に向けた抗がん剤の開発研究を進めていきます。

 

基礎研究部の目標を読む

研究内容

  1. がん分子標的薬耐性機構の解明と耐性克服薬の探索
  2. がん免疫療法の感受性・抵抗性規定因子の探索
  3. がん幹細胞(Cancer stem cell)の機能解析と分子標的の同定
  4. がん転移分子機構の解明とそれに基づく創薬
  5. 生存増殖シグナル伝達系の解析と分子標的の探索

学生の方へ

大学院生の募集

公益財団法人がん研究会 がん化学療法センター 基礎研究部には、東京大学、横浜市立大学、明治薬科大学、徳島大学など各大学の修士課程や博士課程の大学院生として在籍が可能であり、現在も多くの大学院生が在籍しています。これまでの研究分野や経歴などには関係無く研究できますので、がん研究を志す意欲あふれる大学院進学希望者は、ぜひ一度見学に来て下さい。日本最大のがん専門病院であるがん研究会 有明病院と密接に連携しながら、基礎から臨床までの幅広い研究環境が整ったがん化学療法センター 基礎研究部という恵まれた中で、大学院生活を送ってみませんか?その研究環境を実感してもらうべく、研究室見学は随時受付していますので、ご興味のある方は部長の片山 ( ryohei.katayama @ jfcr.or.jp ) までご連絡下さい。

代表論文

研究業績へ

Uchibori, K., Inase, N., Araki, M., Kamada, M., Sato, S., Okuno, Y., Fujita, N., Katayama, R.
Brigatinib overcomes osimertinib resistance in EGFR-mutated non-small-cell lung cancer. Nature Commun., 8: 14768, 2017.
Takemoto, A., Okitaka, M., Takagi, S., Takami, M., Sato, S., Nishio, M., Okumura, S., Fujita, N.
A critical role of platelet TGF-β release in podoplanin-mediated tumour invasion and metastasis. Sci. Rep., 7: 42186, 2017.
Katayama, R., Sakashita, T., Yanagitani, N., Ninomiya, H., Horiike, A., Gainor, J.F., Motoi, N., Dobashi, A., Tambo, Y., Kitazono, S., Sato, S., Koike, S., lafrate, A.J., Mino-Kenudson, M., Ishikawa, Y., Shaw, A.T., Engelman, J.A., Takeuchi, K., Nishio, M., Fujita, N.
P-glycoprotein mediates ceritinib resistance in ALK-rearranged non-small-cell lung cancer. EBioMedicine, 3: 54-66, 2016.
Sekiguchi, T., Takemoto, A., Takagi, S, Takatori, K., Sato, S., Takami, M., Fujita, N.
Targeting a novel domain in podoplanin for inhibiting platelet-mediated tumor metastasis. Oncotarget, 7: 3934-3946, 2016.
Katayama, R., Kobayashi, Y., Friboulet, L., Lockerman, E.L., Koike, S., Shaw, A.T., Engelman, J.A., Fujita, N.
Cabozantinib overcomes crizotinib resistance in ROS1 fusion positive cancer.
Clin. Cancer Res., 21. 166-174, 2015.
Katayama, R., Friboulet, L., Koike, S., Lockerman, E.L., Khan, T.M., Gainor, J.F., Iafrate, A.J., Takeuchi, K., Taiji, M., Okuno, Y., Fujita, N., Engelman, J.A., Shaw, A.T.
Two novel ALK mutations mediate acquired resistance to the next-generation ALK inhibitor alectinib.
Clin. Cancer Res., 20, 5686-5696 (2014)

企業の方へ

連絡先

 

 

片山 量平(基礎研究部長)
〒135-8550 江東区有明3-8-31
Tel:03-3520-0111 Fax:03-3570-0484
E-mail:ryohei.katayama@jfcr.or.jp

このページのTOPへ