部門紹介

印刷

ゲノム研究部

最終更新日 : 2017年5月16日

部の紹介

当研究部は、がん分子標的治療のゲノミクス研究を行うことを目的として、2005年1月に設立されました。ゲノミクス解析の手法の中でも、特に、一度の解析で数万種類の遺伝子の発現量をはかることのできる、マイクロアレイによる遺伝子発現解析を基盤技術として研究を行っています。基礎的な研究では、がんに特徴的にみられる生体内での増殖環境(微小環境)に着目し、低酸素やグルコース飢餓などの微小環境ストレスに対するがん細胞の適応応答の解析を行っています。そして、微小環境におけるがん細胞の適応応答を制御する新規分子標的薬の探索・開発を目指した研究に取り組んでいます。一方で、マイクロアレイを用いた腫瘍検体での遺伝子発現解析を通じ、臨床導入された分子標的薬の有効性をゲノムレベルで研究し、ベッドサイドで応用できる薬剤反応性診断法の確立や新たな治療標的の同定に向けた研究に取り組んでいます。これらの研究を通じ、個々人に適した個別化医療の実現、またがん選択的な薬剤の開発に貢献できるものと期待しています。

ゲノム研究部長 冨田 章弘

研究内容

  1. がん微小環境選択的な分子標的治療法の研究
  2. 遺伝子発現を基盤とした分子標的治療のゲノミクス研究

学生の方へ

代表論文

研究業績へ

Koido M, Haga N, Furuno A, Tsukahara S, Sakurai J, Tani Y, Sato S, Tomida A.
Mitochondrial deficiency impairs hypoxic induction of HIF-1 transcriptional activity and retards tumor growth.
Oncotarget, in press (2017)
Nagasawa I, Kunimasa K, Tsukahara S, Tomida A.
BRAF-mutated cells activate GCN2-mediated integrated stress response as a cytoprotective mechanism in response to vemurafenib.
Biochem Biophys Res Commun, 482, 1491-1497 (2017)
Mashima, T., Ushijima, M., Matsuura, M., Tsukahara, S., Kunimasa, K., Furuno, A., Saito, S., Kitamura, M., Soma-Nagae, T., Seimiya, H., Dan, S., Yamori, T., Tomida, A.
Comprehensive transcriptomic analysis of molecularly targeted drugs in cancer for target pathway evaluation.
Cancer Sci, 106, 909-920 (2015)
Tsukumo, Y., Tsukahara, S., Furuno, A., Iemura, S., Natsume, T., Tomida, A.
TBL2 is a novel PERK-binding protein that modulates stress-signaling and cell survival during endoplasmic reticulum stress.
PLoS One, 9, e112761 (2014)
Matsuo, J., Tsukumo, Y., Saito, S., Tsukahara, S., Sakurai, J., Sato, S., Kondo, H., Ushijima, M., Matsuura, M., Watanabe, T., Tomida, A.
Hyperactivation of 4E-binding protein 1 as a mediator of biguanide-induced cytotoxicity during glucose deprivation.
Mol Cancer Ther, 11, 1082-1091 (2012)

企業の方へ

共同研究に関して

連絡先

冨田章弘(部長)
〒135-8550 江東区有明3-8-31
Tel:03-3570-0514 Fax:03-3570-0484
E-mail:akihiro.tomida@jfcr.or.jp

このページのTOPへ