部門紹介

印刷

がんオーダーメイド医療開発プロジェクト

最終更新日 : 2017年10月4日

部の紹介

がんオーダーメイド医療開発プロジェクトでは、患者様一人ひとりに合わせてより安全で効果の高いがん治療を提供するために必要な診断技術、治療戦略の研究開発を行っています。 がんは同じ臓器で発症するものでも発症原因や進展様式、治療応答性などが個人によって異なるため、これらの特徴を分子生物学的に説明できる因子(バイオマーカー)の解明が個別化医療(Precision medicine)の実現には必須です。

そのため当プロジェクトでは、多数の手術切除組織や血液サンプルを患者様から同意を頂いた上で提供を受け、世界最高レベルの性能を持つ質量分析システムを駆使して試料中タンパク質の網羅的な発現解析とデータベース化を行っています。こうした情報をDNA、RNA解析データなどとも統合し、がんの存在や特性を示す因子の特定を行っています。

→オリジナルホームページへ : https://biomarker.jimdo.com/

研究内容

  • グライコプロテオミクスによる糖鎖標的腫瘍マーカーの開発
  • 細胞外分泌小胞(エクソソーム)を用いたがんリキッドバイオプシー診断技術開発
  • プロテオゲノミクスによる革新的がん免疫療法の開発

代表論文

  1. Extracellular vesicles isolated from human renal cell carcinoma tissues disrupt vascular endothelial cell morphology via azurocidin
    Jingushi, K., Uemura, M., Ohnishi, N., Nakata, W., Fujita, K., Naito, R., Fujii, R., Saichi, N., Nonomura, N., Tsujikawa, K., and Ueda, K.
    Int J Cancer, (2017) in press.
  2. A plasma diagnostic model of human T cell leukemia virus-1 associated myelopathy
    Ishihara, M., Araya, N., Sato, T., Saichi, N., Fujii, R., Yamano, Y., and Ueda, K.
    Annals of Clinical and Translational Neurology, (2015) 2, 231-240.
  3. Antibody-coupled monolithic silica microtips for highthroughput molecular profiling of circulating exosomes
    Ueda, K., Ishikawa, N., Tatsuguchi, A., Saichi, N., Fujii, R., and Nakagawa, H.
    Scientific reports, (2014) 4, 6232.
  4. Preapoptotic protease calpain-2 is frequently suppressed in adult T-cell leukemia
    Ishihara, M., Araya, N., Sato, T., Tatsuguchi, A., Saichi, N., Utsunomiya, A., Nakamura, Y., Nakagawa, H., Yamano, Y., and Ueda, K.
    Blood, (2013) 121, 4340-4347.
  5. Quantitative structural characterization of local N-glycan microheterogeneity in therapeutic antibodies by energy-resolved oxonium ion monitoring
    Toyama, A., Nakagawa, H., Matsuda, K., Sato, T.A., Nakamura, Y., and Ueda, K.
    Analytical chemistry, (2012) 84, 9655-9662.
  6. Development of serum glycoproteomic profiling technique; simultaneous identification of glycosylation sites and site-specific quantification of glycan structure changes
    Ueda, K., Takami, S., Saichi, N., Daigo, Y., Ishikawa, N., Kohno, N., Katsumata, M., Yamane, A., Ota, M., Sato, T.A., Nakamura, Y., and Nakagawa, H.
    Mol Cell Proteomics, (2010) 9, 1819-1828.

連絡先

植田幸嗣(プロジェクトリーダー)       →研究者紹介
〒135-8550 江東区有明3-8-31
公益財団法人がん研究会 がんプレシジョン医療研究センター 
がんオーダーメイド医療開発プロジェクト
Tel:03-3570-0658(内線  5365) Fax:03-3570-0644
E-mail:koji.ueda@ jfcr.or.jp

このページのTOPへ