印刷

病院紹介
病院紹介

医療者向け研修等

医療者向け研修

最終更新日 : 2017年5月12日

リンパ浮腫セラピスト養成講習会

趣旨

がん治療におけるリンパ節郭清術後はリンパ浮腫が起こりやすい状態です。リンパ浮腫は命にかかわる状態ではないので、がんを治すことを目的としている主治医にとってはどうしても関心が薄くなりがちです。

一方、リンパ浮腫は治りにくいので、患者さんにとっては大変な苦痛です。今、日本では約10万人のリンパ浮腫患者さんがいると言われていますが、どの程度のリンパ浮腫から数えているか不明なので、それ以上の患者さんがいると想像できます。

リンパ浮腫治療は複合的治療といって、用手的リンパドレナージ、圧迫療法、圧迫下での運動、スキンケア、生活指導からなります。さらに外科的なリンパ管静脈吻合という方法もあります。いずれにせよ、どの治療をしてもすっかり治る状態ではありません。

2008年に多くの方々の努力によって弾性着衣が保険適応となり、また術後の指導に保険点数がついたことにより、それ以前よりも医療者は関心をもつようになりました。当院も含めてリンパ浮腫の治療を行うような部署をもつ施設もだんだん増えてきました。しかし、実情は地域格差があり、ほとんどリンパ浮腫の治療を受けられる施設がないような県もあります。この格差をなくし、リンパ浮腫の患者さんが治療を受けられるようにするには、治療に携わるリンパ浮腫のセラピストが増えることが重要です。

がん研のリンパ浮腫治療室が主催するこの研修会は、微力ではあるけれども、また、多くのリンパ浮腫セラピストを一度にたくさん養成することはできないけれども、少しずつでも治療に携わるリンパ浮腫セラピストが増えるようにと望み、企画しました。

リンパ浮腫の治療の一つである用手的リンパドレナージは、世界中にいろいろな方式があります。いずれも効果があることは間違いありません。今回この講習会がVodder式をとりいれて、本家本元であるオーストリアのWittlinger先生を御呼びするのは、Vodder式が基本であると考えるからです。これを基本として他の方式をさらに学ばれるのもよいと思います。また、オーストリアから先生のお呼びするのは、一番よい技術を持つ先生から直接に指導を受けてほしいと思うからです。

Vodder式のMLD/CDTは本来basic, Therapy 1, Therapy 2, Therapy 3とあり5日間ずつトータルで20日間の講習からなります。当方では前2つをBasic trainingとして、後2つをTherapy trainingとして、連休を利用して組んであります。オーストリアやドイツでは、この時間数の講習を受けた方が、保険適応でリンパ浮腫の治療を施行することができます。この講習会を終了し、最終日の試験に合格しますとVodder 式のMLD/CDTの認定証がでます。

今、日本ではリンパ浮腫の治療を行ってよい医療資格がしばしば問題となっています。リンパ浮腫治療を保健適応にしていくには、どの職種が患者さんを治療できる職種なのかというところは重要です。当方の講習会で、受講対象を医師、看護師、理学療法士、作業療法士に限定しているのは、そのためです。この職種以外で受講希望であった方には大変申し訳ないのですが、今後の厚生省などの方針をみていかないと、現在では門戸をひろげられないという状況です。お許しください。

是非、リンパ浮腫の治療に関心をもって頂き、正しい知識と技術のもとで患者さんに接することを望んでやみません。興味のある方がたくさん受講してくださいますことを期待しております。

講習内容

リンパ浮腫セラピスト養成講習会のお知らせ
Dr. VODDER METHOD OF MANUAL LYMPH DRAINAGE (MLD)/ COMBINED DECONGESTIVE THERAPY(CDT)

注意 この回でこの講習会を終了させて頂きます。来年春のTherapy trainingを受講なさる方のみBasic trainingを受けつけます。

すなわち、もしBasic training のみを受講した場合は、自己責任でVodderのTherapy trainingの講習会を行っている施設(オーストリア、カナダ、京都など)を捜してTherapy trainingを受ける必要があります。

  1. MLD/CDT Basic training
    • 日時: 2017年9/16〜9/25    費用: ¥200,000 DVD2本と本を含む  5月9日より募集開始
    • 講師: 実習 松尾千穂 (がん研有明病院、Vodder School インストラクター)
    • 講義: 宇津木久仁子 (がん研有明病院)
    但し、2018年4月に開催されるTherapy training に参加可能な方のみに限らせて頂きます。
  2. MLD/CDT Therapy training
    • 日時: 2018年4/28〜5/7
    • 費用: ¥300,000
    • 講師: 実習 Andreas Wittlinger (オーストリアVodder School)
    • 講義: 宇津木久仁子 (がん研有明病院)
  3. MLD/CDT Review course (既にTherapy trainingの認定証を持つ方が対象)
    • 日時:  2018年4/28〜4/29
    • 費用: ¥80,000
    • 講師: 実習 Andreas Wittlinger (オーストリアVodder School)

2019年以降は募集しません。

対象:
看護師、理学療法士、作業療法士、医師
会場:
がん研究会セミナー室(東京都江東区有明)
募集人数:
最小催行人数10名、最大催行人数18名
認定証:
いずれのコースも最終日に試験があり、条件を満たした方にはVodder Schoolより認定証がでます。
問い合わせ先:
135-8550 東京都江東区有明3-8-31  がん研有明病院リンパ浮腫治療室 松尾千穂
e-mail:
chiho.matsuo@jfcr.or.jp なお件名にリンパ浮腫セラピスト養成講習会とお書きください。
注意)申し込みをなさったあとのキャンセルは必ず御連絡ください。キャンセル待ちの方がいらっしゃることを御配慮ください。
主催:
がん研有明病院リンパ浮腫治療室
共催:
Dr.Vodder Akademie 
後援:
がん研有明病院

講習プログラム

Basic training (日程に多少変更がある場合があります)

  AM PM
1日目 座学 座学
2日目 座学 頚部
3日目
ポンプテクニック
ポンプテクニック
スクープテクニック
4日目
ロータリーテクニック
ロータリーテクニック
背部
5日目 上肢 座学試験(1時間)
その後自由時間
6日目 腹部、臀部 胸部
7日目 項部 スペシャルテクニックを加えた頚部と顔
8日目 臀部と下肢のスペシャルテクニック 項部のスペシャルテクニック、腹部
9日目 上肢と胸部のスペシャルテクニック その他のスペシャルテクニック
10日目 実技試験 実技試験

Therapy training (日程に多少変更がある場合があります)

  AM PM
1日目 座学 座学
2日目 座学 上肢リンパ浮腫のバンデージ
3日目 続発性上肢リンパ浮腫MLDの流れ 下肢リンパ浮腫のバンデージ
4日目 続発性下肢リンパ浮腫のMLDの流れ 顔のリンパ浮腫治療
5日目 上肢リンパ浮腫の治療 座学試験(1時間)
その後自由
6日目 両側下肢リンパ浮腫の治療 両側下肢リンパ浮腫の治療
7日目 両側上肢リンパ浮腫治療 両側上肢リンパ浮腫治療
8日目 両側上肢リンパ浮腫治療 下肢、上肢リンパ浮腫治療
整形外科疾患の治療
9日目 原発性リンパ浮腫治療 潰瘍、神経系疾患の治療
10日目 実技試験 実技試験

このページのTOPへ