印刷

診療科・部門紹介
診療科・部門紹介

婦人科

婦人科

最終更新日 : 2018年6月4日

婦人科とは|子宮がんに関する情報(がん診療・治療・特徴)卵巣がんに関する情報(がん診療・治療・特徴)診療実績スタッフ紹介

婦人科とは

竹島 信宏
竹島 信宏
婦人科部長

私たちのホームページでは、まず、1) 私たちの診療のスタンス・特徴、および2)・3)子宮がん・卵巣がんについての解りやすい説明を、「がんの知識」として掲載しています。ついで、4)私たちが新規に治療した婦人科がんの実数の推移(他院治療後症例は除く)、さらに治療成績を掲載しました。御一読下さり、皆様のお役にたてれば幸いに存じます。

診療内容

  1. 婦人科がんの治療数は777件(2017年)
  2. 長年の経験と蓄積されたデータに基づき診療
  3. 患者さんの状態や希望を考慮した必要にして十分な治療の提供
  4. 常に経験のある医師が先頭に立ち、責任ある医療を提供
  5. 性器がん治療後のQOL改善に努力

診療科の特徴

私たちは、化学療法科や放射線科の助言を得つつ、婦人科医が責任を持って手術・化学療法・放射線療法などの治療手段のなかから、患者の皆様の状況に応じて、最適な治療方針を決定し、それを安全に実施するシステム(集学的治療)を構築しています。

特徴

  1. 個別化治療―個々の患者さんのがんの特徴、身体的精神的状況、要望に合わせた治療。
  2. 正確な細胞診断、組織診断に立脚したがん治療。
  3. 治療後の検診―再発の早期発見。
  4. がん治療に伴う後遺症・合併症によるQOL低下を予防(内分泌・骨外来、リンパ浮腫予防外来、また脱毛などに対応する帽子 クラブなど)。

このページのTOPへ