印刷

診療科・部門紹介
診療科・部門紹介

皮膚科とは

皮膚科とは

最終更新日 : 2018年4月27日

皮膚科とは|スタッフ紹介

2018年4月1日より常勤医師が着任し、皮膚悪性腫瘍の診療(化学療法・手術)と抗がん剤による皮膚の副作用対策の治療や研究を行ってまいります。現在は、月曜午前には堤田医師、金曜午後に西澤医師の外来を行っております。今後さらに診療体制を構築して参ります。

皮膚科とは

一般皮膚科で扱う疾患は、炎症、感染、腫瘍、遺伝性疾患など極めて広い分野にわたり、乳幼児から高齢者まであらゆる年齢層を対象とします。

診療内容

当院皮膚科では、がん専門病院の特性を生かして皮膚腫瘍(主に皮膚がん)の最先端の診断と治療を提供して参ります。

また、他のがんの治療などに関連して起こる皮膚のトラブル(抗がん剤や手術、放射線治療などで生じる皮膚障害)にも対応して参ります。

これら以外の一般皮膚科疾患の外来患者さんは他院にご紹介することもあります。

診療科の特徴

皮膚がんの手術、薬物治療、皮膚障害のそれぞれに経験豊富な専門医が常勤し、がん専門病院の皮膚科としてバランスが取れています。また、国立がん研究センターとも連携して診療にあたっています。

皮膚科拡充にあたって

皮膚科 医長 堤田 新

この度、がん研有明病院の皮膚科に着任いたしました。近年治療法の発展が著しい悪性黒色腫(メラノーマ)やその他の皮膚がんを中心に診療して参ります。また、様々ながん治療に伴う皮膚障害の対応もして参ります。私はこれまで大学病院、国立がん研究センター中央病院にて、主に皮膚がんの外科治療と薬物治療を中心に診療に携わり、また他科、他(多)職種とチーム医療を行って参りました。その経験を生かし、当院の皮膚がん診療や臨床研究そして若手の育成に邁進して行く所存です。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

皮膚科 副医長 西澤 綾

皮膚腫瘍を専門分野とし、皮膚悪性腫瘍全般の診断、化学療法、手術療法などの治療にあたっております。最近では、がん治療関連皮膚障害、例えばEGFR阻害薬でのRashやマルチキナーゼ阻害剤の手足症候群などの対策にも力を注いでおり、がんサポーティブケア学会の皮膚障害部会会員として皮膚障害対策に取り組んでおります。今回、日本有数のがん治療を行うがん研有明病院に赴任させていただくにあたり、皮膚がんの治療および研究含め様々な角度で貢献していきたいと思っております。

このページのTOPへ