印刷

診療科・部門紹介
診療科・部門紹介

形成外科

形成外科とは診療科の特徴と実績|乳房再建をお考えの方へ|スタッフ紹介がん研形成Academia別ウィンドウが開きます

目次

Chapter.1: 乳房再建とは

乳がん治療により、変形してしまったり、失ってしまった乳房をふたたびとりもどすのが「乳房再建」です。

乳房は女性が女性らしくあるための、女性だけが持つとくべつな臓器です。

がんの治療を受けたあとも、患者さんが、

「わたしらしく生活をしたい」
「じぶんらしさを取り戻したい」

そう思われたときに、当科ではがん治療の一環として「失われた乳房をとりもどしたい」という患者さんの要望に応えるための「乳房再建手術」を通じて安全かつ質の高い医療を提供しております。

当院では、乳房再建を希望されている患者さんへ、乳腺外科と形成外科の診療に基づくチーム医療を行っております。

当院乳腺外科は国内最高の治療内容を誇っており、優れたがんの診断・治療を実践しております。

この乳腺外科チームと密接な連携をとることによって、それぞれの患者さんの病期(がんの状態)を十分に把握し、適切な再建方法や再建時期を選択することが可能となります。

乳房再建はがん治療の延長線上にあると私たちは考えています。

女性にとって大切な臓器であるからこそ、おなじ病院のなかで密接な連携をとる「チーム医療」を行い、チームが一丸となって患者さんのQOL(クオリティ オブ ライフ)の向上に取り組んでおります。

このページのTOPへ