診療科・部門紹介
診療科・部門紹介

学会発表実績

学会発表実績

最終更新日 : 2017年8月2日

2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年

2016年度

Self-Reported Adherence to Regorafenib for Metastatic Colorectal Cancer: A Retrospective Cohort Study
Kazuyoshi Kawakami1), Azusa Soejima1), Kazuo Sugita1), Takashi Yokokawa1), Kenichi Suzuki1), Takeru Wakatuki2), Mitsukuni Suenaga2), Kensei Yamaguchi2), Ayaka Inoue3), Yoshiaki Machida3), and Toshihiro Hama1)
Department of Pharmacy, Cancer Institute Hospital, Japanese Foundation for Cancer Research1) Department of Gastroenterological Chemotherapy, Cancer Institute Hospital, Japanese Foundation for Cancer Research2) Section for Practical Education, Hoshi University School of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences3) 2017 Gastrointestinal Cancers Symposium, San Francisco California, 2017.
頭頸部がんRT-CDDP療法施行患者におけるオピオイド鎮痛薬の使用状況の調査
前勇太郎1) 鈴木亘1), 根本真記1), 渡邉大至1), 鈴木賢一1), 利安隆史2), 高橋俊二3), 濱敏弘1)
公益財団法人がん研究会有明病院薬剤部1), 公益財団法人がん研究会有明病院放射線治療部2), 公益財団法人がん研究会有明病院総合腫瘍科3)
第26回日本医療薬学会年会、京都、2016
レゴラフェニブによる手足症候群の発現と治療効果との関連
杉田一男1)、川上和宜1)、横川貴志1)、青山剛1)、鈴木賢一1)、若槻尊2)、末永光邦2)、山口研成2)、濱敏弘1)
1公益財団法人がん研究会有明病院薬剤部、2公益財団法人がん研究会有明病院消化器センター
第26回日本医療薬学会年会、京都、2016
A double-blind randomized phase II study of olanzapine (OLZ) 10 mg versus 5 mg for emesis induced by highly emetogenic chemotherapy (HEC) with cisplatin (CDDP)
Wataru Suzuki 1), Fumiyoshi Ohyanagi 1), Takako Yanai 2), Hironobu Hashimoto 2), Atsuo Takashima 2), Masahiko Nakao 3), Toshiaki Nakayama 4), Satoru Iwasa 2), Kengo Nagashima 5), Noboru Yamamoto 2)
1) The Cancer Institute Hospital of Japanese Foundation for Cancer Research, Tokyo; 2) National Cancer Center Hospital, Tokyo, 3) Osaka City General Hospital, Osaka, 4) Saitama Cancer Center, Saitama, 5) Graduate School of Medicine, Chiba University, Chiba
第14回 日本臨床腫瘍学会学術集会、神戸、2016
レゴラフェニブにおける手足症候群発現に関する後ろ向き観察研究
野々宮悠真1)、横川貴志2)、川上和宜2)、杉田一男2)、瀧口友美2)、杉崎崇人2)、青山剛2)、鈴木賢一2)、杉本芳一1)、若槻尊3)、末永光邦3)、山口研成3)、濱敏弘2)
慶應義塾大学薬学部 大学院 薬学研究科 化学療法学講座1)
公益財団法人がん研究会有明病院薬剤部2)、公益財団法人がん研究会有明病院消化器センター3)
第54回 日本癌治療学会学術集会、横浜、2016

2015年度

Influence of ABCB1 and ABCG2 polymorphisms on the antiemetic efficacy of triple antiemetic combination with aprepitant in cancer patients receiving cisplatin-based chemotherapy: TRIPLE Pharmacogenomics Study.
K. Suzuki1, D. Tsuji2, M. Yokoi2, T. Daimon3, M. Nakao4, H. Ayuhara5, Y. Kogure6, K. Shibata7, T. Hayashi8, K. Takeda9, M. Nishio1, T. Hama1, K. Itoh2.
1The Cancer Institute Hospital of Japanese Foundation for Cancer Research, Tokyo;2University of Shizuoka, School of Pharmaceutical Sciences, Sizuoka;3Hyogo College of Medicine, Nishinomiya;4Osaka City General Hospital, Osaka;5Tokyo Medical University Hospital, Tokyo; 6National Hospital Organization Shikoku Cancer Center, Matsuyama; 7Koseiren Takaoka Hospital,
Takaoka; 8National Hospital Organization, Fukuoka; 9Osaka City General Hospital, Osaka, Japan.
The European Cancer Congress (ECC 2015)、Vienna、2015
The multicenter, prospective observational study of the 5-HT3 receptor antagonist and dexamethasone as prophylaxis of chemotherapy- induced nausea and vomiting (CINV) in moderately emetic chemotherapy (MEC) for solid tumors
K. Sugita1), R. Matsui2), K. Suzuki1), T. Takiguchi1), M. Nishio1), T. Koike2), T. Hayashi3,4), T. Seto4), Y. Kogure5), N. Nogami5), K. Fujiwara6), H. Kaneda6), T. Harada7), S. Shimizu7), M. Kimura8), H. Kenmotsu8), M. Shimokawa4), K. Goto2)
1)Japanese foundation for cancer research Cancer Institute Hospital, Tokyo;2)National Cancer Center Hospital East, Chiba; 3)National Hospital Organization Kyushu Medical Center, Fukuoka;4)National Kyushu Cancer Center, Fukuoka; 5)National Hospital Organization Shikoku Cancer Center, Ehime;6)Kinki University Hospital, Osaka;7)Kanagawa Cancer Center, Kanagawa; 8)Shizuoka Cancer Center, Shizuoka,Japan
The European Cancer Congress (ECC 2015)、Vienna、2015
Self-reported adherence with TAS-102
Kazuo Sugita*1 , Kazuyoshi Kawakami1, Takashi Yokokawa1, Takahito Sugisaki1, Tomomi Takiguchi1, Mitsukuni Suenaga2, Nobuyuki Mizunuma2, Toshiharu Yamaguchi2 and Toshihiro Hama1
1Department of Pharmacy, Cancer Institute Hospital, Japanese Foundation for Cancer Research
2Gastroenterology Center, Cancer Institute Hospital, Japanese Foundation for Cancer Research
第13回日本臨床腫瘍学会学術集会、札幌、2015
抗がん薬汚染時におけるスピルキットの使用実態調査
飯村洋平1 、杉田一男1、岩本寿美代2、蓑輪雄一1 、長崎礼子2 、黒田直子2 、横井麻珠美2 、濱敏弘1
1公益財団法人がん研究会有明病院薬剤部、2公益財団法人がん研究会有明病院看護部
第25回日本医療薬学会年会、神奈川、2015
レゴラフェニブの服薬コンプライアンスの調査研究
副島梓1)、川上和宜1)、杉田一男1)、横川貴志1)、杉崎崇人1)、瀧口友美1)、鈴木賢1)、井上彩花2)、町田昌明2)、末永光邦3)、水沼信之3)、山口俊晴3)、濱敏弘1)
がん研有明病院薬剤部1),星薬科大学実務教育研究部門2),がん研有明病院消化器センター2)
第25回日本医療薬学会年会、神奈川、2015
『StageII III 結腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのCapecitabine+Oxaliplatin(XELOX)療法のFeasibility 試験―ACTOR study―』
末永光邦1)、水沼信之1)、篠崎英司1)、福長洋介2)、長山聡2)、秋吉高志2)、藤本佳也2)、小西毅2)、上野雅資2)、川上和宜3)、横川貴志3)、山口俊晴2)
公益財団法人がん研究会有明病院 消化器内科1)、消化器外科2)、薬剤部3)
第115回日本外科学会, 名古屋, 2015

2014年度

『注射薬混合調製業務における処方変更への対策と評価』

橋本 幸輝、本尾 美樹、高綱 唯、柴田 直樹、根本 真記、鈴木 賢一、濱 敏弘
公益財団法人がん研究会有明病院 薬剤部
日本病院薬剤師会関東ブロック第44回学術大会, 埼玉, 2014

『ケモセーフ®によるプライミングの性能の検討』

杉田一男1) 、岩本寿美代2) 、蓑輪雄一1) 、鈴木亘1) 、萩野茜1) 、柴田直樹1) 、濱敏弘1)
公益財団法人がん研究会有明病院 薬剤部1)、公益財団法人がん研究会有明病院 看護部2)
日本薬学会第134年会、熊本、2014

『がん研有明病院における曝露対策の現状報告と課題』

杉田一男、蓑輪雄一、濱敏弘
公益財団法人がん研有明病院 薬剤部
第6回 日本癌化学療法薬剤師学会(JSOPP)学術大会、東京、2014

『Investigation of hypothyroidism for patients receiving regorafenib』

Kazuo Sugita*1, Kazuyoshi Kawakami1, Takashi Yokokawa1,  Yutaro Mae1, Waratu Toya1, Akane Hagino1, Kenichi Suzuki1, Mitsukuni Suenaga2, Nobuyuki Mizunuma2, Toshiharu Yamaguchi2 and Toshihiro Hama1
Department of Pharmacy, Cancer Institute Hospital, Japanese Foundation for Cancer Research1
Gastroenterology Center, Cancer Institute Hospital, Japanese Foundation for Cancer Research2
第52回日本癌治療学会学術集会、神奈川、2014

『注射抗がん薬監査方法の改訂による有用性の検証』

唐木貴子、杉崎崇人、山田玲子、秋葉政宏、飯村洋平、鈴木亘、蓑輪雄一、川上和宜、濱敏弘
がん研究会有明病院 薬剤部
第44回日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会、東京、2014

『Comparison of cisplatin induced renal toxicity between short hydration and  long hydration.』

加藤寛基、瀧口友美、角田尚、青山 剛、平出誠、鈴木賢一、西尾誠、濱敏弘
がん研有明病院、薬剤部、呼吸器内科
第55回日本肺癌学会学術集会、京都、2014

『レゴラフェニブの副作用発現時期及び発現頻度に関する研究』

飯田啓子、杉田一男、萩野茜、前勇太朗、鈴木富紀子、横川貴志、川上和宜、鈴木賢一、末永光邦、水沼信之、山口俊晴、濱敏弘
日本病院薬剤師会関東ブロック第44回学術大会、埼玉、2014

『XELOX療法におけるカペシタビンの服用compliance』

川上和宜、横川貴志、鬼山彩果、前勇太朗、萩野茜、杉田一男、町田昌明、鈴木賢一、末永光邦、水沼信之、山口俊晴、濱敏弘
日本薬学会第134年会、熊本、2014

『再発・難治性低悪性度リンパ腫およびマントル細胞リンパ腫におけるベンダムスチン療法の後方視的調査』「 Retrospective investigation of bendamusutine therapy in refractory indolent lymphoma and MCL.」

根本真記、上田響子、畠清彦 
第76回日本血液学会学術集会、大阪、2014

『Patient's self-reported adherence to capecitabine on XELOX as adjuvant therapy for colorectal cancer. (Abstract 690)』

Presenting Author: Kazuyoshi Kawakami
2015 Gastrointestinal Cancers Symposium
January 15-17, 2015 | Moscone West Building | San Francisco, California

2013年

『PhaseIII trial of palonosetron vs granisetron for preventing nausea and vomiting after receiving cisplatin.』

鈴木賢一  公益財団法人がん研有明病院 薬剤部
橋本浩伸  国立がん研究センター中央病院薬剤部
水野靖也  愛知県がんセンター中央病院薬剤部
宇良 敬  愛知県がんセンター中央病院薬物療法部
荒川雄一郎 栃木県立がんセンター薬剤部
森 清志  栃木県立がんセンター呼吸器内科
玉木慎也  北海道がんセンター薬剤部
高橋康雄  北海道がんセンター消化器内科
山中竹春  国立がん研究センター生物統計部門
山本信之  静岡県立静岡がんセンター呼吸器内科
第11回 日本臨床腫瘍学会学術集会、仙台、2013

『XELOX ± ベバシズマブ療法における手足症候群重篤化のリスク因子』

横川 貴志、川上 和宜、前 勇太郎、杉田 一男、渡邉 大至、鈴木 賢一、末永 光邦、水沼 信之、山口 俊晴、濱 敏弘
第51 回 日本癌治療学会学術集会、京都、2013

2012年

『注射抗がん薬処方鑑査システムの評価』

古谷 良太、青山 剛、大河 優、鈴木 亘、蓑輪 雄一、井上 杏奈、杉田 一男、
川上 和宜、濱 敏弘
公益財団法人がん研究会有明病院 薬剤部
日本薬学会第131年会:札幌、2012

『FP療法を対象とした制吐療法変更前後の食事摂取量の比較検討』

萩野茜、青山剛、根本真記、中本恵理、前勇太郎、平出誠、渡邉大至、濱敏弘
公益財団法人がん研究会有明病院 薬剤部
日本病院薬剤師会関東ブロック第42回学術大会, 横浜, 2012

『ビンクリスチン頻回投与による末梢神経障害とSubstance Pの検討』

千葉 輝正1),川上 和宜2),阿部 賢志3),真壁 暁子1),滝沢 香奈1)
神戸 敏江1),宇都宮 郁1),濱 敏弘2),田口 恭治1)
昭和薬大薬学部1)、公益財団法人がん研有明病院薬剤部2)、奥羽大薬学部3)
日本薬学会第131年会:札幌、2012

『抗がん薬曝露対策のこれまでの取り組みと新たな課題』

杉田一男、青山剛、鈴木亘、蓑輪雄一、萩野茜、吾妻慧一、伊藤成美、濱 敏弘
公益財団法人がん研有明病院 薬剤部
第4回 日本癌化学療法薬剤師学会(JSOPP)学術大会、東京、2012

『Effect of moisturizers on prevention of hand-foot syndrome associated with capecitabine plus oxaliplatin.』

Kazuyoshi Kawakami1), Mitsukuni Suenaga2), Takashi Yokokawa1), Kazuo Sugita1), Yutaro Mae1), Eri Nakamoto1), Nobuyuki Mizunuma2), Toshiharu Yamaguchi2)and Toshihiro Hama1) Department of Pharmacy, Cancer Institute Hospital, Japanese Foundation for Cancer Research1, Gastroenterology Center, Cancer Institute Hospital, Japanese Foundation for Cancer Research2 American Society of Clinical Oncology Gastrointestinal Cancer Symposium January 19-21, 2012 | The Moscone West Building | San Francisco, CA

2011年

『大量メソトレキセート療法において薬剤師が提案した支持療法の評価』

青山剛1)、杉山肇1)、杉田一男1)、鈴木亘1)、川上和宜1)、松本誠一2)、濱 敏弘1)
公益財団法人がん研有明病院 薬剤部1)、公益財団法人がん研有明病院 整形外科2)
第21回 日本医療薬学会年会、千葉、2011

『経口抗がん薬の処方鑑査方法の評価と薬剤師外来の有用性』

田瀬徹、樋口秀太郎、吾妻慧一、横川貴志、柴田佳子、星野佑子、川上和宜、 濱 敏弘
公益財団法人がん研有明病院 薬剤部
第21回 日本医療薬学会年会、千葉、2011

『パクリタキセル投与により誘発される末梢神経障害-TRPV1の関与-』

千葉輝正1)、 原朋美2)、川上和宜1,2)、神戸敏江1)、宇都宮郁1)、阿部賢志3)、濱敏弘2)、 田口恭治1)
昭和薬科大学 薬学部1)、公益財団法人がん研有明病院 薬剤部2)、奥羽大学 薬学部3)
第21回 日本療薬学会年会、千葉、2011

『アブラキサン®療法の導入とその評価』

柴田佳子1)、星野佑子1)、中野知代1)、樋口秀太郎1)、加藤寛基1)、高橋朋子1)、 川上和宜1)、伊藤良則2)、濱 敏弘1)
公益財団法人がん研有明病院 薬剤部1)、公益財団法人がん研有明病院 乳腺センター2)
第21回 日本医療薬学会年会、千葉、2011

『アプレピタント導入後の小児がん化学療法に対する制吐療法の変化』

式部さあ里1)、青山剛1)、杉田一男1)、中野泰寛1)、井上杏奈1)、川上和宜1)、松本誠一2)、濱 敏弘1)
公益財団法人がん研有明病院 薬剤部1)、公益財団法人がん研有明病院 整形外科2)
第21回 日本医療薬学会年会、千葉、2011

『フェンタニル1日貼付型製剤へのオピオイドローテンション時におけるレスキュー回数の推移に関する検討』

後藤玲子1)、樋口秀太郎1)、間鍋俊美2)、服部政治2)、濱 敏弘1)
がん研有明病院 薬剤部1)、がん研有明病院 がん治療支援緩和ケアチーム2)
第5回 日本緩和医療薬学会、千葉、2011

『ビンクリスチン誘発末梢神経障害モデルラットにおけるTRPV1の関与』

千葉輝正1)、 川上和宜2)、阿部賢志3)、 岡裕介1)、 指田博也1)、 宇都宮郁1)、濱敏弘2)、 田口恭治1)
昭和薬科大学 薬学部1)、がん研有明病院 薬剤部2)、奥羽大学 薬学部3)
第5回日本緩和医療薬学会、千葉、2011

『Evaluation of Prevention of the Emetic Effects with a three day Aprepitant in Multiple-Day Chemotherapy』

Wataru Suzuki1, Takeshi Aoyama1, Kazuo Sugita1, Yu Okawa1, Sari Shikibu1,Kazuyoshi Kawakami1, Seiichi Matsumoto2, Toshihiro Hama1
Department of Pharmacy, Cancer Institute Hospital, JFCR1, Department of orthopedic surgery, Cancer Institute Hospital, JFCR2
The 9th Annual Meeting of Japanese Society of Medical Oncology,July, 2011, Yokohama, Japan

『Evaluation of Change of Hydration in Radiation with Concurrent Concurrent Cisplatin for Head and Neck Carcinomas』

Gou Takahashi1, Maki Nemoto1, Hiroki Kato1, Akane Hagino1, Kazuo Sugita1, Yuko Mishima2, Tomoko Nishimura2, Shunji Takahashi2, Kazuyoshi Kawabata3, Toshihiro Hama1
Department of Pharmacy, Cancer Institute Hospital, JFCR1, Department of Medical Oncology, Cancer Institute Hospital, JFCR2, Department of Head and Neck Oncology, Cancer Institute Hospital, JFCR3
The 9th Annual Meeting of Japanese Society of Medical Oncology,July, 2011, Yokohama, Japan

『Effect of Moisturizers on Prevention of Hand-Foot Syndrome Associated with Capecitabine plus Oxaliplatin (XELOX) 』

Kazuyoshi Kawakami1, Takashi Yokokawa1, Yutaro Mae, Eri Nakamoto1, Hiroshi Imada1, Mitsukuni Suenaga2, Eiji Shinozaki2, Satoshi Matsusaka2, Nobuyuki Mizunuma2, Toshiharu Yamaguchi2 and Toshihiro Hama1
Depatment of Pharmacy, Cancer Institute Hospital, JFCR1
Department of Medical Physiology, Meiji Pharmaceutical University2
Gastroenterology Center, Cancer Institute Hospital, JFCR1
The 9th Annual Meeting of Japanese Society of Medical Oncology, July, 2011, Yokohama, Japan

『経口抗がん薬の処方鑑査の確立と薬学的介入の有用性についての研究』

田瀬徹,樋口秀太郎,吾妻慧一,横川貴志,柴田佳子,星野 佑子,川上和宜,濱 敏弘
癌研究会有明病院薬剤部
日本薬学会第131年会:静岡,2011

『オキサリプラチン単回投与による末梢神経障害への影響-p38MAPKの検討-』

林雄一朗1)、上野奈津美1)、神戸敏江1)、川上和宜2)、宇都宮郁1)、星恵子1)
濱敏弘2)、田口恭治1)
昭和薬大1)、癌研究会有明病院薬剤部2)
日本薬学会第131年会:静岡,2011

『パクリタキセル投与により誘発される末梢神経障害とTRPV1の関与について』

原朋美1)、柴田佳子2)、川上和宜2)、宇都宮郁1)、星恵子1)、濱敏弘2)、田口恭治1)
昭和薬大1)、癌研究会有明病院薬剤部2)
日本薬学会第131年会:静岡,2011

『抗がん剤ビンクリスチン誘発による末梢神経障害に対する影響-Transient Receptor Potential Vanilloid 1の検討-』

千葉輝正1)、阿部賢志2)、川上和宜3)、宇都宮郁1)、星恵子1)、濱敏弘2)、田口恭治1)
昭和薬大1)、奥羽薬学部2)、癌研究会有明病院薬剤部3)
日本薬学会第131年会:静岡,2011

2010年

『多発性骨髄腫に対するボルテゾミブ療法の有害事象調査』

根本真記1)、川上和宜1)、照井康仁2)、濱敏弘1)
癌研究会有明病院薬剤部1),癌研究会有明病院化学療法科血液腫瘍科2)
第35回日本骨髄腫研究会総会:富山,2010

『Optimal use of antihypertensive agents in management of bevacizumab-associated hypertension』

M. Suenaga, H. Imada, E. Nakamoto, E. Shinozaki, S. Matsusaka, Y. Kuboki, T. Watanabe,
K. Chin, N. Mizunuma, K. Hatake
American Society of Clinical Oncology Gastrointestinal Cancer Symposium
January 20-22, 2011 | The Moscone West Building | San Francisco, CA

『PhaSeal®システム新型プロテクタ「プロテクタ・ソーラス」の性能の検討』

杉田一男、萩野茜、鈴木亘、青山剛、濱敏弘
癌研究会有明病院薬剤部
第20回日本医療薬学会年会:千葉,2010

『XELOX療法における薬剤師外来の有用性』

前勇太郎1)、横川貴志1)、中本理恵1)、今田洋司1)、川上和宜1)、末永光邦2)
水沼信之2)、畠清彦3)、濱敏弘1)
癌研究会有明病院薬剤部1),癌研究会有明病院消化器内科2),癌研究会有明病院血液腫瘍科3)
第20回日本医療薬学会年会:千葉,2010

『非小細胞肺癌に対するカルボプラチン+パクリタキセル(±ベバシズマブ)併用療法における末梢神経障害の発現状況調査および影響因子の検討』

角田尚1)、瀧口友美1)、川上和宜1)、大谷隆之2)、西尾誠人3)、宝来威3)、濱敏弘1)
癌研究会有明病院薬剤部1),慶応義塾大学薬学部実務薬学講座2),癌研究会有明病院呼吸器内科3)
第20回日本医療薬学会年会:千葉,2010

『イホスファミド連日投与による悪心、嘔吐、食欲不振へのデキサメタゾン隔日投与の評価』

青山剛1)、杉山肇1)、平岡知子1)、杉田一男1)、鈴木亘1)、川上和宜1)、谷澤泰介2)
下地尚2)、松本誠一2)、濱敏弘1)
癌研究会有明病院薬剤部1),癌研究会有明病院整形外科2)
第48回日本癌治療学会学術集会:京都,2010

『S-1、カペシタビン等の経口抗がん薬に対する病院薬剤部の取り組みの現状と課題〜東京都がん診療連携拠点病院および東京都認定がん診療病院に対するアンケート調査から〜』

濱敏弘、式部さあ里、近藤多実子、川上和宜
癌研究会有明病院薬剤部
日本病院薬剤師会関東ブロック第40回学術大会:東京,2010

『がん化学療法における疑義照会内容の解析』

古谷良太、庄司大悟、青山剛、式部さあ里、萩野茜、井上杏奈、 鈴木亘、濱敏弘
癌研究会有明病院薬剤部
日本病院薬剤師会関東ブロック第40回学術大会:東京,2010

『卵巣がん治療におけるドキシル注の副作用発現に関する検討』

近藤多実子1)、平岡知子1)、岩瀬春子2)、近藤智恵子1)、青山剛1)、 濱敏弘1)
癌研究会有明病院薬剤部1),癌研究会有明病院婦人科2)
日本病院薬剤師会関東ブロック第40回学術大会:東京,2010

『イメンドカプセル適正使用への薬剤師の取り組みと今後の課題』

橘紫玉、星野佑子、横川貴志、柴田佳子、角田尚、近藤多実子、濱敏弘
癌研究会有明病院薬剤部
日本病院薬剤師会関東ブロック第40回学術大会:東京,2010

『FDG品質管理試験時の放射線職業暴露の現状』

濱敏弘1)、中村安生1)、角田尚1)、杉山肇1)、樋口秀太郎1)、前勇太郎1)、山田康彦2)、角谷肇3)
癌研究会有明病院薬剤部1),癌研究会有明病院放射線治療部核医学チーム2)住重加速器サービス(株)技術部3)
医療薬学フォーラム2010:広島, 2010

『頭頚部腫瘍に対する放射線併用シスプラチン療法での薬学的介入』

川上和宜1)、橋郷1)、根本真記2)、山田修平2)、上田響子2)、西村倫子2)
奈良江梨子2)、萩野茜1)、杉田一男1)、加藤寛基1)、五月女隆2)、橋俊二2)
畠清彦2)、濱敏弘1)
癌研究会有明病院薬剤部1),癌研究会有明病院化学療法科2)
第8回日本臨床腫瘍学会学術集会:東京, 2010

『XELOX療法における薬剤師外来の構築とその評価』

今田洋司1)、中本恵理1)、川上和宜1)、横川貴志1)、前勇太郎1)、末永光邦2)
篠崎英司2)、松阪諭2)、水沼信之2)、畠清彦、濱敏弘
癌研究会有明病院薬剤部1),癌研究会有明病院化学療法科2)
第8回日本臨床腫瘍学会学術集会:東京, 2010

このページのTOPへ

2009年

『神経障害性疼痛に対する鎮痛補助薬導入患者におけるMDASI-Jを用いたQOL評価』

樋口秀太郎1)、後藤玲子1)、坪井久美2)、橋郷1)、濱敏弘1)
癌研究会有明病院薬剤部1)、県西部浜松医療センター2)
第3回緩和医療薬学会:横浜, 2009

『頭頚部がんDCF療法におけるP-AG液の口内炎に対する予防的効果の検討』

杉崎崇人1)、川上和宜1)、 根本真記1)、河田圭司2)、石橋美智子3)、藤木由佳子3)
五月女隆4)、橋俊二4)、濱敏弘1)
癌研究会有明病院薬剤部1)、山梨大学医学部付属病院薬剤部2)癌研究会有明病院看護部3)、癌研究会有明病院化学療法科4)
第3回緩和医療薬学会:横浜, 2009

『外来がん化学療法における制吐剤としてのブロマゼパム坐剤の有効性について』

柴田佳子1)、戸谷渡1)、瀧口友美1)、中野知代1)、中島生恵2)、高橋洋子2)
川地香奈子2)、横井麻珠美2)、伊藤良則3)、 濱敏弘1)
癌研究会有明病院薬剤部1)、癌研究会有明病院看護部2)、癌研究会有明病院化学療法科3)
第19回日本医療薬学会年会:長崎, 2009

『Cetuximabによる低マグネシウム血症の発現頻度と発現時期の調査』

中本恵理、今田洋司、式部さあ里、横川貴志、川上和宜、濱敏弘
癌研究会有明病院薬剤部
第19回日本医療薬学会年会:長崎, 2009

『癌研有明病院における注射室業務量調査』

前勇太郎、青山剛、杉崎崇人、杉崎崇人、近藤多実子、 庄司大悟、古谷良太、萩野茜、
井上杏奈、 川上和宜、 濱敏弘
癌研究会有明病院薬剤部
第19回日本医療薬学会年会:長崎, 2009

『スーテント適性使用検討チームによる薬剤師の役割』

戸谷渡1)、樋口秀太郎1)、川上和宜1)、庄司大悟1)、吉岡秀哲2)、濱敏弘1)
癌研究会有明病院薬剤部1)、慶應義塾大学大学院 薬学研究科2)
日本病院薬剤師会関東ブロック第39回学術大会:長野, 2009

『FOLFOX4療法における遅発性悪心・嘔吐に対する予防療法の有効性の検討』

横川貴志、庄司大悟、今田洋司、中本恵理、神杉香代子、白井健之、橋郷、
川上和宜、濱敏弘
癌研究会有明病院薬剤部
医療薬学フォーラム:京都, 2009

『ベバシズマブにより高血圧の降圧剤の検討』

今田洋司1)、及川尚子3)、末永光邦2)、中本恵理1)、平岡知子1)、水沼信之2)、濱敏弘1)
癌研究会有明病院薬剤部1),癌研究会有明病院化学療法科2),岩手県立二戸病院3)
日本薬学会第129年会:京都, 2009

『オキサリプラチン単回投与によって誘発されたラットにおける末梢神経障害及びα2δサブユニットの発現量について』

山本健1)、川上和宜3)、片桐伸幸2)、篠原史憲1)、宇都宮郁2)、池島秀明2)
星恵子2)、濱敏弘3)、田口恭治1)
昭和薬大薬品作用学教育研究室1)、昭和薬大薬物治療学研究室2)、癌研有明病院 薬剤部3)
日本薬学会第129年会:京都, 講演ハイライト, 2009

『東京都病院薬剤師会 がん専門薬剤師養成研究会の新たなる挑戦〜質の高いがん専門薬剤師養成を目指すAdvanced Classの立ち上げ〜』

川上和宜1)、清水久範2)、渡辺和美3)、宮田広樹4)、野村久祥5)、長谷部忍6)
東加奈子7)、金井久子8)、伊藤百恵9)、村木泰子10)、川地香奈子11)、高橋美緒2)
藤本紀子2)、片山志郎4)、井上忠夫13)、谷古宇秀12)
癌研 有明病院薬剤部1)、昭和大学病院薬剤部2)、東邦大学医療センター大森病院薬剤部3)、日本医科大学付属病院薬剤部4)、杏林大学医学部付属病院薬 剤部5)、虎の門病院薬剤部6)、東京医科大学病院薬剤部7)、聖路加国際病院看護部8)、慈恵会医科大学医学部付属病院看護部9)、武蔵野赤十字病院看護部10)、癌研有明病院看護部11)、東京都病院薬剤師会会長12)、国際医療福祉大学大学院・国際医療福祉大学三田病院薬剤部13)
日本薬学会第129年会:京都, 講演ハイライト, 2009

このページのTOPへ

2008年

『抗がん剤による調製環境の汚染と調製者の被爆状況調査(1)』

濱敏弘、青山剛、樋口秀太郎、近藤多実子、角田尚、戸谷渡、前勇太郎、中村安生
癌研究会有明病院薬剤部
第18回日本医療薬学会年会:札幌, 2008

『オキサリプラチン単回投与によって誘発されたラットにおける末梢神経障害に対する行動的評価』

山本健1)、川上和宜3)、片桐伸幸2)、篠原史憲1)、宇都宮郁2)星恵子2)、濱敏弘3)、田口恭治1)
昭和薬科大学薬品作用学教育研究室1)、昭和薬科大学薬物治療学研究室2)、癌研有明病院薬剤部3)
第18回日本医療薬学会年会: 札幌, 2008

『チームベルケイドにおける薬剤師の関わり』

杉崎崇人、橋郷、根本真記、樋口秀太郎、近藤智恵子、安藤花留、平岡智子、
川上和宜、濱敏弘
癌研究会有明病院薬剤部
第18回日本医療薬学会年会: 札幌, 2008

『東京都病院薬剤師会 がん専門薬剤師養成研究会の新たなる挑戦〜より多くのがん専門薬剤師の育成を目指して〜』

東加奈子1)、清水久範2)、渡辺和美3)、宮田広樹4)、野村久祥5)、長谷部忍6)、川上和宜7)
金井久子8) 、中堂園百恵9)、村木泰子10)、川地香奈子11)、片山志郎4)、井上忠夫13)
谷古宇秀12)
東京医科大学病院薬剤部1)、昭和大学病院薬剤部2)、東邦大学医療センター大森病院薬剤部3)、日本医科大学付属病院薬剤部4)、杏林大学医学部付属病 院薬剤部5)、虎の門病院薬剤部6)、癌研有明病院薬剤部7)、聖路加国際病院看護部8)、慈恵会医科大学医学部付属病院看護部9)、武蔵野赤十字病院看 護部10)、癌研有明病院看護部11)、東京都病院薬剤師会会長12)、国際医療福祉大学大学院・国際医療福祉大学三田病院薬剤部13)
第18回日本医療薬学会年会: 札幌, 2008

 『FOLFIRI療法の副作用調査に基づいた患者向け説明書の作成』

神杉香代子1)、松阪諭2)、今田洋司1)、庄司大悟1)、中本恵理1)、横川貴志1)、川上和宜1)
平田良美3)、縄野一美3)、小川恵3)、篠崎英司2)、末永光邦2)、水沼信之2)、畠清彦2)、濱敏弘1)
癌研 有明病院薬剤部1)、化学療法科2)、看護部3)
日本薬学会第128年会: 横浜, 講演ハイライト, 2008

『癌研究会有明病院緩和ケアチームにおける薬剤師の役割』

後藤玲子1) 2)、平岡知子1) 2)、古井奈美1) 3)、秋元さやか1) 3)、岡村優子1)4)、濱口恵子 3)
濱敏弘 2)、向山雄人1) 5)
癌研究会有明病院緩和ケアチーム1)、薬剤部2)、看護部3)、腫瘍精神科4)、緩和ケア科5)
第13回日本緩和医療学会学術大会: 静岡, 2008

このページのTOPへ

2007年

『持参麻薬の運用管理と使用状況』

後藤玲子、村岡由紀子、渡邊徹、中村安生、濱敏弘
癌研究会有明病院薬剤部
第1回緩和医療薬学会: 東京, 2007

『高用量フェンタニルパッチからのオピオイドローテーション』

益子里美1)、後藤玲子2)、沖山洋子1)、濱敏弘2)
東京都保健医療公社東部地域病院薬剤科1)、癌研究会有明病院薬剤部2)
第1回緩和医療薬学会: 東京, 2007

『進行非小細胞肺がんに対する副作用調査シートを活かした薬剤指導の確立〜CBDCA/PAC併用療法を例に〜』

安藤花留、青山剛、杉山肇、芳賀洋子、前勇太郎、濱敏弘
癌研究会有明病院薬剤部
第17回日本医療薬学会: 群馬, 2007

『オキシコドン速放製剤の使用状況調査』

後藤玲子、村岡由紀子、中村安生、濱敏弘
癌研究会有明病院薬剤部
第17回日本医療薬学会: 群馬, 2007

『電子カルテシステムを用いたがん化学療法の処方箋における疑義照会内容の解析』

神杉香代子、近藤多実子、樋口秀太郎、杉崎祟人、横川貴志、角田尚、根本真記、
近藤智恵子、安藤花留、平岡知子、橋郷、杉山肇、今田洋司、白井健之、青山剛、
川上和宜、濱敏弘
癌研究会有明病院薬剤部
日本病院薬剤師会関東ブロック第37回学術大会: 栃木, 2007

『副作用集計データに基づく副作用評価と患者説明書作成への取り組み〜R-CHOP療法〜』

根本真記、橋郷、杉崎崇人、川上和宜、樋口秀太郎、角田尚、中村安生、
濱敏弘
癌研究会有明病院薬剤部
医療薬学フォーラム2007第15回クリニカルファーマシーシンポジウム: 山形, 2007

『婦人科領域がん化学療法の副作用調査に基づく患者向け説明書の作成〜TJb療法を例に〜』

平岡知子、近藤多実子、近藤智恵子、今田洋司、中村安生、濱敏弘
癌研究会有明病院薬剤部
医療薬学フォーラム2007第15回クリニカルファーマシーシンポジウム: 山形, 2007

『癌研有明病院における登録レジメンの分析と考察』

濱敏弘、平岡知子、青山剛、橋郷
癌研究会有明病院 薬剤部
第10回日本医薬品情報学会: 札幌, 2007

『頭頸部がん化学療法の副作用集計データに基づく患者向け説明書の作成〜ドセタキセル/シスプラチン/5-FU併用(DCF)療法を例として〜』

樋口秀太郎1)、角田尚1)、高橋郷1)、杉崎崇人1)、根本真記1)、川上和宜1)、五月女隆2)、濱敏弘1)
癌研究会有明病院薬剤部1)、化学療法科2)
第10回日本医薬品情報学会: 札幌, 2007

このページのTOPへ