診療科・部門紹介
診療科・部門紹介

論文実績

論文実績

最終更新日 : 2017年8月2日

2016年実績2015年実績2014年実績2013年実績2012年実績2011年実績2010年実績2009年実績2008年実績2007年実績2005年実績

2016年度実績

Takeshi Aoyama, Kenichi Suzuki, Takashi Tsunoda, Kazuyoshi Kawakami, Tomomi Takiguchi, Hiroshi Watanabe, Wataru Suzuki, Kazuo Sugita, Hitoshi Sato, Erika Sugiyama, Toshihiro Hama, and Makoto Nishio
Antiemetic Effects of Granisetron or Metoclopramide Administered Prior to Amrubicin Monotherapy
Oncomedicine.,2: 24-27, 2017
Suzuki K, Yamanaka T, Hashimoto H, Shimada Y, Arata K, Matsui R, Goto K, Takiguchi T, Ohyanagi F, Kogure Y, Nogami N, Nakao M, Takeda K, Azuma K, Nagase S, Hayashi T, Fujiwara K, Shimada T, Seki N, Yamamoto N.
Randomized, double-blind, phase III trial of palonosetron versus granisetron in the triplet regimen for preventing chemotherapy-induced nausea and vomiting after highly emetogenic chemotherapy: TRIPLE study
Ann. Oncol., 27(8): 1601-6, 2016
Sugita K, Kawakami K, Yokokawa T, Sugisaki T, Takiguchi T, Aoyama T, Suzuki K, Suenaga M, Yamaguchi K, Inoue A, Machida Y, Yamaguchi T, Hama T.
Self-Reported Adherence to Trifluridine and Tipiracil Hydrochloride for Metastatic Colorectal Cancer: A Retrospective Cohort Study.
Oncology. 2016;91(4):224-230.
古谷良太, 青山剛, 鈴木亘, 蓑輪雄一, 井上杏奈, 杉田一男, 大河優, 川上和宜, 鈴木賢一, 濱敏弘
個人ファイル管理を用いた監査方法の評価
日本病院薬剤師会雑誌, 52(5): 539-542, 2016
萩野茜、青山剛、鈴木賢一、角田尚、渡邉大至、川上和宜、濱敏弘
食道がん5-FU/シスプラチン療法に対する制吐療法変更後の効果評価
医療薬学、43(3)139-144(2017)

2015年度実績

Risk Factors Exacerbating Hand-Foot Skin Reaction Induced by Capecitabine plus Oxaliplatin with or without Bevacizumab Therapy
Takashi Yokokawa, Kazuyoshi Kawakami, Yutaro Mae, Kazuo Sugita, Hiroshi Watanabe, Kenichi Suzuki, Mitsukuni Suenaga, Nobuyuki Mizunuma, Toshiharu Yamaguchi, Toshihiro Hama
Annals of Pharmacotherapy 49(10): 1120-1124, 2015
Investigation of Regorafenib-induced Hypothyroidism in Patients with Metastatic Colorectal Cancer.
Sugita K, Kawakami K, Yokokawa T, Mae Y, Toya W, Hagino A, Suzuki K, Suenaga M, Mizunuma N, Yamaguchi T, Hama T.
Anticancer Res. 2015 Jul;35(7):4059-62.
ケモセーフ(R)使用による抗がん薬汚染軽減と準備時間短縮
杉田一男†1, 岩本寿美代2, 蓑輪雄一1, 鈴木亘1, 萩野茜1, 柴田直樹1, 濱敏弘1
†1公益財団法人がん研究会有明病院薬剤部, 2看護部
日本病院薬剤師会雑誌 51(6): 735-739, 2015.

2014年度実績

『がん診療連携拠点病院を対象とした外来化学療法における薬剤師の業務展開に関する調査結果』

川上和宜、吉村知哲、日置三紀、組橋由記、林稔展、飯原大稔、黒田純子、緒方憲太郎、米村雅人、岩本卓也、松尾宏一
がん研有明病院 薬剤部
日本病院薬剤師会雑誌, 50, 3, p305-311, 2014

Patients’ self-reported adherence to capecitabine on XELOX treatment in metastatic colorectal cancer: findings from a retrospective cohort analysis

Kazuyoshi Kawakami, Eri Nakamoto, Takashi Yokokawa, Kazuo Sugita, Yutarou Mae, Aakane Hagino, Mitsukuni Suenaga, Nobuyuki Mizunuma, Sayaka Oniyama, Yoshiaki Machida, Toshiharu Yamaguchi, Toshihiro Hama
Patient Preference and Adherence, 9:561-567, 2015

2013年度実績

『Effect of paclitaxel on transient receptor potential vanilloid 1 in rat dorsal root ganglion.』

Hara T, Chiba T, Abe K, Makabe A, Ikeno S, Kawakami K, Utsunomiya I, Hama T, Taguchi K.
Department of Medicinal Pharmacology, Showa Pharmaceutical University, Machida, Tokyo, Japan. Pain. 154(6): 882-889. 2013.

2012年度実績

『抗がん薬連日投与におけるアプレピタント3日間服用レジメンの制吐効果についての評価』

鈴木亘1), 青山剛1),杉田一男1), 大河優1), 式部さあ里1), 杉崎祟人1), 川上和宜1), 松本誠一2), 濱敏弘1)
公益財団法人 がん研究会有明病院 薬剤部1), 公益財団法人 がん研究会有明病院 整形外科2)
医療薬学. 38, 3, p163-169, 2012

『Effect of paclitaxel on transient receptor potential vanilloid 1 in rat dorsal root ganglion.』

Hara T, Chiba T, Abe K, Makabe A, Ikeno S, Kawakami K, Utsunomiya I, Hama T, Taguchi K.
Department of Medicinal Pharmacology, Showa Pharmaceutical University, Machida, Tokyo, Japan. Pain. 154(6): 882-889. 2013.

2011年度実績

『XELOX療法における薬剤師外来の有用性』

前勇太郎1), 横川貴志1),川上和宜1), 八木奈央1), 末永光邦2), 松阪諭2), 水沼信之2), 濱敏弘1)
公益財団法人がん研究会有明病院 薬剤部1), 公益財団法人がん研究会有明病院消化器センター 薬剤部2)
慶應義塾大学大学院化学療法講座3)
医療薬学. 37, 11, p611-615, 2011

『Cetuximab投与後に生じる低マグネシウム血症の発現頻度と発現時期の調査とその対策』

中本恵理1)、 川上和宜1)、 今田洋司1)、式部さあ里1)、杉田一男1)、 篠崎英司2)、 末永光邦2)、松阪諭2)、水沼信之2)、濱 敏弘1)
がん研究会有明病院 薬剤部1), がん研究会有明病院 消化器内科2)
医療薬学. 37, 7, p403-410, 2011

『PhaSeal®システム新型プロテクタ「プロテクタ・ソーラス」の性能の検討』

杉田一男、濱敏弘、萩野茜、鈴木亘、青山剛
がん研究会有明病院 薬剤部
日本病院薬剤師会雑誌, 47, 7, p829-833, 2011

『頭頸部腫瘍Docetaxel/Cisplatin/Fluorouracil (DCF)療法による口内炎に対するポラプレジンク-アルギン酸ナトリウム混合液(P-AG液)の予防的効果』

杉崎崇人1)、 川上和宜1)、 根本真記1)、 河田圭司2)、 石橋美智子3)、 藤木由佳子3)、 三嶋裕子4)、 横山雅大4)、 橋俊二4)、 畠清彦4)、濱敏弘1)
がん研究会有明病院 薬剤部1)、 山梨大学医学部附属病院 薬剤部2)、がん研究会有明病院 看護部3)、 がん研究会有明病院 化学療法科4)
癌と化学療法, 38, 5, p783-787, 2011

2010年度実績

『イホスファミド連日投与によって引き起こされる悪心、嘔吐、食欲不振に対するデキサメタゾン隔日投与の評価』

青山剛1)、杉山肇1)、平岡知子1)、杉田一男1)、神杉香代子1)、今田洋司1)、横川貴志1)
鈴木亘1)、川上和宜1)、谷澤泰介2)、下地尚2)、松本誠一2)、濱敏弘1)
癌研究会有明病院薬剤部1)、癌研究会有明病院整形外科2)
医療薬学. 36, 8, p542-548, 2010

『Antiangiogenic metabolites from a marine-derived fungus, Hypocrea vinosa.』

Yuu Ohkawa, Kazuhiko Miki, Toshihiro Suzuki, Kazuto Nishio, Takashi Sugita, Kaoru Kinoshita, Kunio Takahashi and Kiyotaka Koyama Department of Pharmacy, Japanese Foundation for Cancer Research, Cancer Institute Hospital, Ariake 3-10-6, Koto-ku, Tokyo 135-8550, Japan.
J Nat Prod. 2010 Apr 23;73(4):579-582.

このページのTOPへ

2009年度実績

『Environmental Contamination due to Preparation of Cyclophosphamide and Exposure of Pharmacists to It 』

Toshihiro Hama1), Takeshi Aoyama1), Takeshi Shirai1),
Syutaro Higuchi1), Takashi Yokokawa1), Yoshikazu Sugimoto2)
Department of Pharmacy, Cancer Institute Hospital, Japanese Foundation for Cancer Research1), Division of Chemotherapy, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Keio University2)
医療薬学. 35, 10, p693-700, 2009.

『FOLFOX4療法における遅発性悪心・嘔吐に対する予防療法の有効性の検討』

横川貴志1)、松阪諭2)、庄司大悟1)、今田洋司1)、中本恵理1)、神杉香代子1)、鈴木亘1)
白井健之1)、橋郷1)、川上和宜1)、篠崎英司2)、末永光邦2)、水沼信之2)、畠清彦2)、濱敏弘1)
癌研究会有明病院薬剤部1)、癌研究会有明病院化学療法科2)
薬学雑誌. 129, 8, p949-955, 2009

『がん化学療法におけるレジメン別疑義照会の検討』

近藤多実子、神杉香代子、青山剛、角田尚、庄司大悟、陳紫玉、式部さあ里、
川上和宜、濱敏弘
癌研究会有明病院薬剤部
医療薬学. 35, 8, p585-591, 2009

『副作用集計データに基づく副作用評価と患者説明書作成への取り組み-R-CHOP療法-』

根本真記1)、橋郷1)、杉崎崇人1)、川上和宜1)、樋口秀太郎1)、杉山肇1)、角田尚1)
中村安生1)、花出正美2)、黒田尚子2)、濱敏弘1)
癌研究会有明病院薬剤部1)、癌研究会有明病院看護部2)
医療薬学. 35, 2, p129-135, 2009

このページのTOPへ

2008年度実績

『FOLFIRI療法の副作用調査に基づいた患者向け説明書の作成』

神杉香代子1)、松阪諭2)、今田洋司1)、庄司大悟1)、中本恵理1)、横川貴志1)、川上和宜1)
平田良美3)、縄野一美3)、小川恵3)、篠崎英司2)、末永光邦2)、水沼信之2)、畠清彦2)、濱敏弘1)
癌研有明病院薬剤部1)、癌研有明病院化学療法科2)、癌研有明病院看護部3)
癌と化学療法 35, 8, p1331-1335, 2008

『若年がん患者に対する薬剤管理指導業務の一考察―骨肉腫におけるメトトレキサート大量療法を例に― 』

杉山肇1)、平岡知子1)、青山剛1)、橋郷1)、樋口秀太郎1)、杉崎崇人1)、柴田佳子1)
白井健之1)、川上和宜1)、 森川明信1)、濱敏弘1)、松本誠一2)、川口智義2)
癌研究会有明病院薬剤部1), 癌研究会有明病院整形外科2)
小児科臨床. 61, 8, p1675-1678, 2008

このページのTOPへ

2007年度実績

『FOLFOX4療法の副作用集計データに基づく患者向け説明書の作成』

今田洋司1)、川上和宜1)、平岡知子1)、樋口秀太郎1)
橋郷1)、青山剛1)、篠崎英司2)、末永光邦2)、松阪諭2)、濱敏弘1)
癌研究会有明病院薬剤部1)、癌研究会有明病院化学療法科2)
癌と化学療法. 34, 9, p1425-1430, 2007

『電子カルテシステムを用いたがん化学療法の処方監査の確立』

橋郷、川上和宜、青山剛、平岡知子、白井健之、今田洋司、杉山肇、樋口秀太郎、
杉崎崇人、安藤花留、芳賀洋子、柴田佳子、近藤智恵子、中村安生、濱敏弘
癌研究会有明病院薬剤部
日本医薬品情報学. 9, 1, p17-24, 2007

このページのTOPへ

2005年度実績

『モルヒネ製剤からフェンタニルパッチへの切り替え状況の実態調査』

川上和宜、橋郷、青山剛、神杉香代子、杉山肇、中村安生、森川昭信
癌研有明病院薬剤部
医療薬学. 31, 10, p839-844, 2005

このページのTOPへ