診療科・部門紹介
診療科・部門紹介

各部署紹介

各部署紹介

最終更新日 : 2017年5月11日

3階 ICU病棟

患者さんの生きる力を支え、QOLの維持・向上を図りながら回復過程をサポートします
看護師長  粕谷 美絵
副看護師長 高瀬 鮎美

部署紹介

ICU(Intensive Care Unit:集中治療室)は、術後に高度な全身管理を必要とされる患者さん(主に頭頸部癌・食道癌・膵臓癌の術後)や、がんの集学的治療中に呼吸・循環・代謝などの急性機能不全に陥った患者さんが入室されます。ベッド数10床、2対1の看護体制で24時間、集中的な治療とケアを行っています。

医療技術が進歩したとはいえ、がんと診断を受けた患者さんの多くは、他の疾患以上に「命に限りがあること」を意識し、「一日でも早く『普通の生活』に戻りたい」という強い思いを抱いて治療に臨まれます。がん専門病院におけるICUの役割は、術後急性期あるいはがん治療中に発症した危機的状況を最短・最適な状態で克服し病棟に引き継ぐことにあります。発病前のADLを保持したまま重篤な状態をスムーズに乗り切ることは、予後やその後のQOLに大きく影響します。定期的に主治医、ICU専任医師、多職種との合同カンファレンスを開催し、治療方針の共有・病棟間の連携・継続的な看護を提供することで急性期からの回復過程をサポートしています。

また、予期し得ない心停止や合併症の重篤化を未然に防ぐ為に集中治療専門医、ICU看護師を主軸とする「院内救急医療チーム(Medical Emergency Team;MET)」としての活動を行っており、重症化が予測される患者さんの情報を事前に把握することで、病棟・外来スタッフと協働し最善・最適な医療を提供できるよう努めています。

ICUスタッフは、救急外来と夜間・休日の緊急内視鏡介助も担当しています。緊急性の高い患者さんをトリアージし、迅速・安全に看護する役割を担っています。

こんな看護をしています

ICU病棟は、様々な監視モニターや点滴ライン、人工呼吸器、血液浄化装置などの機械類に囲まれ、患者さんにとっては特殊な環境にあります。食べること、排泄すること、眠ること、体を清潔にすること、動くことが自由に行えなくなる苦痛を理解したいと思っています。なぜならできる限り「普段通り」に生活できる事が小さな自信の積み重ねとなり患者さんの生命力の維持・向上に繋がるからです。全身管理の治療・ケアと並行して、早期離床に焦点を当てた日常生活の援助を行っています。

「患者さんのそばにいること」はICU看護師の最も重要な役割です。患者さんのそばにいるからこそ分かること・気づけることが多々あります。患者さんの反応をタイムリーに察知し、多職種チームで情報を共有し適切に介入することで、より質の高い医療を提供できるよう努めています。

患者さんが生命の危機的状態から回復していく過程を実感できることは、ICU看護師の醍醐味でもあります。「早く退院して元の生活に戻りたい」という患者さんの強い意志を支え、生命力を引き出すケアを心がけています。また患者さんをサポートするご家族にも多くの戸惑いや悩みが存在することも私たちICU病棟は承知しています。御家族が何を求め、何に困っているのかを常にスタッフで考え、「ご家族のそばに寄り添う看護」を心がけています 。

職場内研修・勉強会

  • 食道がん・膵臓がん・肝臓・胆のうがん・頭頚部がん術後の看護
  • 人工呼吸器・血液浄化療法中の看護・その他医療機器の使用方法、使用中の看護
  • 救急外来初期対応、緊急時の対応・ICLS
  • せん妄予防と看護など

日常ケア

他職種カンファレンスの様子

風を感じて気分転換。(12階庭園にて)

このページのTOPへ