印刷

診療科・部門紹介
診療科・部門紹介

各部署紹介

各部署紹介

最終更新日 : 2017年5月15日

7階東病棟 (消化器外科(大腸)・消化器内科病棟)

患者さん1人1人の生活に合わせた看護を提供しています。
看護師長  関谷 直美
副看護師長 平澤 朱美

部署紹介

7階東病棟は消化器センターの下部消化器病棟で、手術や内視鏡による治療を行っています。外科手術では腹腔鏡手術が大半を占め、クリニカルパスの導入により入院期間が短く展開が早いことが特徴です。早期より退院後の生活に向けた関わりが重要となりますので、病棟では患者さんの回復に合わせた食事やストーマケアなどの生活支援を行っています。

当院のストーマ造設件数は年間350件以上で、その内8割弱が当病棟の患者さんに作られたストーマとなります。病棟スタッフはストーマケアの専門的知識を身に付けており、WOC認定看護師やソーシャルワーカーと連携しながら患者さんの自立したケアに向け働きかけを行っています。

こんな看護をしています

大腸手術を受けられた患者さんやストーマを作った患者さんが、1日でも早く社会復帰ができ、その人らしい生活が送れるよう支援しています。

入院生活や手術に対する不安や疑問を解決できるよう、患者さんとの関わりを大切にしています。

職場内研修

  • 消化器疾患の治療・術式と看護
  • ストーマケアに関する知識、技術研修
  • 緊急時対応の勉強会及び実技研修
  • 栄養士・MSWとの勉強会


このページのTOPへ