印刷

診療科・部門紹介
診療科・部門紹介

各部署紹介

各部署紹介

最終更新日 : 2018年5月24日

がん治療支援緩和ケアチーム(PCT)

がんとがん治療に伴うつらい症状を緩和するお手伝いをします
副看護師長 専従看護師 大友 陽子(がん看護専門看護師)
      専従看護師 三澤 貴代美(がん看護専門看護師)

部署紹介

緩和ケアチームは、がん患者さんの治療中から治療後も含め、時期に関わらず症状マネジメントを行っております。

・スタッフ構成 2チーム制
身体症状担当医師(緩和治療科)
精神症状担当医師(腫瘍精神科)
専従看護師(がん看護専門看護師)
専任薬剤師(がん専門薬剤師)
専任栄養士

がんを患っている患者さんは、がんそのものによる苦痛だけでなく、治療に伴う苦痛や副作用、精神・社会的な不安、多くの薬剤を併用することによる合併症などがあり、全人的に治療・ケアをする必要があります。また治療後の療養においても、苦痛症状を緩和することで、通常の生活に戻れるようになります。これらの問題を多面的に解決するには、医師一人、看護師ひとりではなく、チームとしての医療を展開しなくてはなりません。一般病棟に入院されている患者さんとご家族の「QOL(quality of life:生活の質)の維持・向上」ならびに「その人らしさを取り戻すこと」を目標に、主治医や病棟スタッフと協働し、がんそのものや治療に伴う身体的苦痛や副作用、精神・社会的な不安などの悩み・つらさを和らげるための専門的な知識や技術を提供する、多職種から構成されるチームです。

こんな症状に対応しています

  • 痛い
  • 息が苦しい
  • きもちが悪い
  • 眠れない
  • 身体がだるい
  • 不安でたまらない
  • きもちが落ち込む

こんな看護をしています

がん看護全体の知識を持つ専門看護師が、その知識をもとにがん患者さんが必要とする看護について病棟スタッフとともに、アドバイスしながら取り組んでいます。患者さんがなかなか医師に言えないことを引き出し、薬物だけでなく日々の生活改善によって解決できること、看護や介護によって改善できる点のアドバイスなど多面的なアプローチを行います。
患者さんがどのような生活を送ってきたのか、今後はどのような生活を送りたいと思っているのか、そのためにどのような調整が必要か、という視点を持ち、その人らしい生活が出来るように一緒に考えていきます。

このページのTOPへ