平成28年度 がん研究会 有明病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 22 134 310 989 2473 3215 5234 3800 930 24
当院の入院患者構成を年齢階級別にみると、50歳代~70歳代の割合が全体の約7割を占めています。
当院は、がんの専門病院ですので、一般の総合病院とは異なり、後期高齢者の割合は少ないのが特徴で、ここ数年その傾向が続いています。
30歳代~40歳代は、主に乳腺・婦人科等、レディース系診療科の女性患者様で占められ、年代が上がるにつれ男性患者様の割合も多くなります。若年層は主に整形外科の患者様で占められています。
※なお、海外からの患者様も近年増加しておりますが、集計対象外です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 314    9.2 12.4 1.0 66.4
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 8あり 115 8.6 12.0 0.0 64.1
040040xx9906xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 6あり 83 15.8 19.3 6.0 68.9
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 5あり 65 10.3 19.2 0.0 66.1
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 59 5.5 14.8 3.4 67.7
呼吸器内科の最も多い症例は、肺がんに対する注射抗がん剤治療(314名)で、在院日数は9.2日です。主にシスプラチンという注射抗がん剤を使用しています。次に多い症例は、ペメトレキセドナトリウムという注射抗がん剤を使用した場合(115名)で、在院日数は8.6日です。また、注射抗がん剤に加え、経口の抗がん剤を併用する場合(83名)、在院日数は15.8日です。いずれの診断群分類についても、在院日数は全国平均と比べ短い傾向があります。
※ニボルマブという注射抗がん剤を使用する症例も多くありますが、集計対象外です。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 449 9.9 12.7 0.0 65.2
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 23 4.2 3.7 0.0 77.0
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 22 9.1 10.3 0.0 58.2
040010xx97x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 15 8.3 10.2 0.0 55.7
040150xx97x00x 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし  - - 31.3 - -
呼吸器外科の最も多い症例は、肺悪性腫瘍手術(449名)で、呼吸器外科全体の約77%を占めており、在院日数は9.9日です。がんかどうか調べるために、肺の組織を採取する生検目的の入院(23名)は、在院日数は4.2日です。また、肺の良性腫瘍に対する手術(22名)の在院日数は、9.1日です。縦郭腫瘍に対する手術(15名)の在院日数は、8.3日です。
胸腔鏡下で手術を行う事が多いため、在院日数は全国平均と比べ短い傾向があります。
上部消化管内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 439 6.5 9.0 0.2 69.2
060010xx02x00x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 内視鏡的食道粘膜切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 230 6.0 9.9 0.0 67.5
060090xx02xxxx 胃の良性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 その他のポリープ・粘膜切除術等 58 6.9 7.5 0.0 62.3
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2 なし  18 5.4 15.6 0.0 57.4
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 9.9 14.1 0.0 68.6
上部消化管内科は、消化器がんに対する内視鏡治療が中心です。
その中で最も多い症例は、胃がんの内視鏡治療で(439名)、在院日数は6.5日です。次に多い症例は、食道がんの内視鏡治療で(230名)、在院日数は6.0日です。胃腺腫等、良性腫瘍の内視鏡治療(58名)は、在院日数は6.9日です。また手術・処置等の合併症(後出血等)(18名)の場合、在院日数は5.4日です。その他にも咽頭悪性腫瘍手術があり(17名)、在院日数は9.9日です。いずれの診断群分類についても、在院日数は全国平均と比べ短い傾向があります。
下部消化管内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 103 5.1 7.5 0.0 68.1
060040xx04xxxx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 41 5.0 7.4 0.0 64.7
060100xx03xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 31 5.3 7.4 0.0 65.1
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 10.7 - -
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし - - 3.0 - -
下部消化管内科は、ESD(早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術)という内視鏡治療が中心です。結腸がんのESD(103名)は、在院日数5.1日です。直腸がんのESD(41名)は、在院日数5.0日です。大腸腺腫等の良性腫瘍ESD(31名)の在院日数は5.3日です。いずれの診断群分類についても、在院日数は全国平均と比べ短い傾向があります。
※大腸EMR(内視鏡的粘膜切除)、を実施する場合も多くありますが、集計対象外です。
消化器化学療法科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 197 8.6 9.8 0.0 64.2
060020xx99x5xx 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり  124 7.2 8.4 0.0 62.9
060010xx99x30x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし  98 9.3 20.9 2.0 65.9
060040xx97160x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 53 7.3 12.0 0.0 55.3
060035xx97x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 50 8.1 11.9 0.0 60.6
消化器化学療法科は、抗がん剤治療が中心です。食道がんに対する抗がん剤治療が最も多く(197名)、主にシスプラチンやフルオロウラシルという注射抗がん剤を使用しています。在院日数は8.6日です。次に多い症例が、胃がんに対してカペシタビン等の経口薬と、オキサリプラチンという抗がん剤を使用した症例(124名)で、在院日数は7.2日です。食道がんに対して抗がん剤治療と放射線治療を併用した症例(98名)は、在院日数は9.3日です。直腸がんに対して、フルオロウラシルやオキサリプラチン、イリノテカン、レボホリナートと、ベバシズマブを組み合わせて行う治療法(FOLFOX療法)(53名)の在院日数は7.3日です。
同様の治療法で、結腸がんに対して行った症例(50名)の在院日数は8.1日です。
肝胆膵内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 120 5.0 10.4 1.7 66.4
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし  117 8.7 11.7 2.6 70.3
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし  88 10.5 11.1 0.0 68.2
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 87 10.8 14.7 3.4 66.2
06007xxx97x7xx 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 7あり 54 10.6 20.8 0.0 63.3
肝胆膵内科で多い症例は、超音波内視鏡で観察しながら生検針で穿刺し、組織や細胞を採取して検査を行う、超音内視鏡下穿刺吸引生検法(EUS-FNA目的)の入院です。通常3日間の入院ですが、上記の件数(120名)にはそれ以外の患者様(症状緩和目的等)も含まれていますので、在院日数が5日と長くなります。
次に多い症例は、肝臓がんに対して選択的動脈化学塞栓術(TACE)を行った場合(117名)で、在院日数は8.7日です。
その他、膵臓がん・胆のうがん・胆管がんに対し、黄疸軽減や胆管狭窄のための、内視鏡的経鼻胆管ドレナージや、内視鏡的ステント留置術等を行う症例もあります。
食道外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx01x0xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 頸部、胸部、腹部の操作によるもの等 手術・処置等2 なし 103 25.5 27.9 1.0 63.7
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 40 9.6 9.8 5.0 63.0
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし  12 12.5 7.4 8.3 60.7
060010xx01x1xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 頸部、胸部、腹部の操作によるもの等 手術・処置等2 1あり - - 38.2 - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし  - - 21.3 - -
食道外科の症例で、最も多い症例が食道悪性腫瘍手術(103名)で、在院日数は25.5日です。全国平均と比べ2.4日短くなっています。次に多い症例が手術の前に抗がん剤投与を行う、術前化学療法(40名)で、在院日数は9.6日です。その他良性疾患(12名)は検査入院の他、症状緩和目的の患者様が含まれています。
食道悪性腫瘍手術後、栄養補給のための中心静脈注射やリハビリテーションを行う場合、誤嚥性肺炎症例は年間10例に満たないため非表示としています。
胃外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 400 15.9 17.6 0.5 62.1
060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍 胃全摘術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 103 19.8 20.6 0.0 63.6
060020xx03x0xx 胃の悪性腫瘍 試験開腹術等 手術・処置等2 なし 43 7.0 9.2 0.0 60.5
060090xx01xxxx 胃の良性腫瘍 胃全摘術 単純全摘術等 23 10.9 12.7 0.0 54.2
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 3.8 11.2 9.1 71.2
胃外科の多い症例は、腹腔鏡下胃切除術(400名)で、在院日数は15.9日です。胃の全摘術を行う場合(103名)、在院日数は19.8日です。胃がんに対して試験開腹を行う場合(43名)、在院日数は7.0日です。胃の良性腫瘍に対して胃全摘術を行う場合(23名)、在院日数は10.9日です。胃がんに対して手術を行わず、症状緩和を目的とする場合(22名)、在院日数は3.8日です。
大腸外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 316 14.6 15.9 0.3 64.8
060040xx03x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 直腸腫瘍摘出術(ポリープ摘出を含む。)等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 130 11.9 12.9 0.0 59.2
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 102 15.4 18.0 2.0 60.5
060035xx01001x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 63 19.0 24.2 1.6 64.5
060030xx01x0xx 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 小腸切除術等 手術・処置等2 なし 19 22.1 17.0 0.0 63.8
大腸外科の多い症例は、結腸悪性腫瘍手術(316名)で、在院日数は14.6日です。人工肛門閉鎖術等(130名)は、在院日数は11.9日です。腹腔鏡下直腸切除・切断術(102名)は、在院日数は15.4日です。結腸悪性腫瘍手術を実施後に、術後イレウス等、発症した場合(63名)、在院日数は19.0日です。後腹膜や小腸の悪性腫瘍手術を実施した場合(19名)、在院日数は22.1日です。
※腹腔鏡下人工肛門造設術を実施する場合も多くありますが、集計対象外です。
肝胆膵外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx02x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 部分切除等 手術・処置等2 なし  115 14.8 15.8 0.0 61.3
06007xxx0110xx 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし  93 35.2 37.8 0.0 66.1
06007xxx0100xx 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 58 29.4 25.0 1.7 65.6
060060xx0210xx 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 膵頭部腫瘍切除術等 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 40 35.6 42.7 0.0 69.2
060060xx97100x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 12.9 16.3 0.0 72.8
肝胆膵外科の多い症例は肝臓がんに対する肝切除術(115名)で、在院日数は14.8日です。この場合、開腹手術と腹腔鏡手術と混在していますが、腹腔鏡で施行された場合、在院日数は7日間程度です。
また肝臓がんと並び膵臓がんの治療を数多く行っています。膵頭部腫瘍切除術では、腸瘻造設の有無、リンパ節・周辺臓器の合併切除、血行再建の有無、により在院日数は異なります。
また、胆嚢がんの治療は胆嚢悪性腫瘍手術時に膵頭十二指腸切除を伴う場合、在院日数は(35.6日)です。
乳腺科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 601 10.0 10.3 0.0 53.5
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 417 5.8 6.6 0.0 54.6
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 199 11.2 11.6 0.0 52.5
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり  50 3.0 4.6 0.0 53.5
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし  19 2.6 6.1 0.0 54.0
乳腺科で最も多い症例は、乳腺悪性腫瘍手術・単純乳房切除(601名)で、乳腺科の7割を占めており、在院日数は10.0日です。乳房の部分切除を行う場合(417名)、在院日数は5.8日で、腋窩部リンパ節の郭清を伴う手術の場合(199名)、在院日数は11.2日です。
乳がんに対する化学療法も行っており、トラスツズマブ+ドセタキセル水和物治療(50名)を実施する場合、在院日数は3.0日です。
また、抗悪性腫瘍剤の局所持続注入、または疼痛制御を目的とした、皮下植込型カテーテルの設置を行う場合(19名)、在院日数は2.6日です。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 696 6.2 5.1 0.0 56.2
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 350 14.2 13.3 0.0 53.3
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし  183 4.7 4.9 0.0 57.2
120010xx01x0xx 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側)等 手術・処置等2 なし 175 16.3 13.6 0.0 53.4
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 7あり 定義副傷病 なし  64 4.8 4.7 0.0 51.8
婦人科の最も多い症例は、子宮がんの抗がん剤治療(696名)で、在院日数は6.2日です。
また子宮がんに対する手術(350名)は、開腹、腹腔鏡下手術(子宮体がん(1a期)のみ保険適用)を行っており、在院日数は14.2日です。全国平均と比べると1日長くなっています。開腹手術は進行期がんに対して行われ、骨盤・傍大動脈リンパ節群郭清、大網切除や腸等の合併切除を伴います。手術範囲が広くなり侵襲が大きくなるため、在院日数が長くなります。また、子宮頸がんに対し根治的な広汎子宮全摘術を行った場合、膀胱機能の改善後に退院となります。
カルボプラチン+パクリタキセル治療またはカルボプラチン+ドセタキセル水溶物治療(183名)、ベバシズマブ治療(64名)等、卵巣がんに対する化学療法も多く行っております。
卵巣がんの手術(175名)は開腹にて実施し、在院日数は16.3日です。進行期がんに対して行うため、根治術となると、子宮がんと同様に合併切除を行います。また、卵巣疾患の場合、子宮疾患とは違い、術前検査にて病理、細胞診断が出来ないため、画像等の臨床診断となります。進行期がんと臨床診断された場合、開腹もしくは腹腔鏡下で試験的に組織採取を行い、確定診断後に治療方針の決定を行う場合もあります。
頭頸科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし   139 17.8 14.1 1.4 64.8
03001xxx0110xx 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 129 39.8 29.4 1.6 62.5
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2 なし 104 10.4 9.3 0.0 56.0
03001xxx97x00x 頭頸部悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 50 11.8 10.3 4.0 67.4
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 29 9.6 7.7 0.0 56.2
頭頸科は、頭頸部悪性腫瘍手術が中心で(139名)、在院日数は17.8日です。
がんの手術に加え、他の部位から採取した組織を血管・神経を縫合して移植した場合(129名)、在院日数は、39.8日です。甲状腺がんの手術症例も多く(104名)、在院日数は10.4日です。その他に患者様のQOL向上のための喉頭形成術(プロボックス挿入)や、早期診断につながる喉頭腫瘍摘出術(ラリンゴ生検)、気管切開術や胃瘻造設術等行っており(50名)、在院日数は11.8日です。
また頭頸部良性腫瘍の手術も行っており(29名)、在院日数は9.6日です。
当院の頭頸科は難易度の高い手術が多く、また摂食や会話等、術後のリハビリにも力を入れているため、在院日数は全国平均と比べ長くなります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 175 7.2 5.9 0.0 39.1
070041xx99x3xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 手術なし 手術・処置等2 3あり  113 9.4 10.2 0.0 50.4
070041xx01x0xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術 手術・処置等2 なし 87 20.7 19.5 3.4 57.3
070040xx99x4xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等2 4あり  72 8.4 17.5 0.0 26.7
080007xx97xxx 皮膚の良性新生物 その他の手術あり 36 6.6 6.4 0.0 53.5
整形外科の最も多い症例は、骨軟部の良性手術(175名)で、在院日数は、6.8日です。軟部の悪性腫瘍に対する抗がん剤治療(113名)の在院日数は、10.7日です。軟部の悪性腫瘍手術(87名)の在院日数は、19.3日です。また、他部位のがん(骨・神経・皮膚)も多く、骨悪性腫瘍に対する抗がん剤治療(72名)の在院日数は8.4日です。皮膚の良性腫瘍手術(36名)の在院日数は6.6日です。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 230 6.3 7.4 0.0 67.0
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 181 8.7 11.7 0.0 67.0
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 173 7.4 11.7 0.0 66.2
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 153 11.3 13.4 0.0 65.7
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 77 11.0 12.5 0.0 59.8
泌尿器科の治療部位は、膀胱・腎・腎盂・尿管・前立腺・男性生殖器と多岐に渡っています。
最も多い症例は、膀胱がんの経尿道的手術(230名)で、在院日数は6.3日です。膀胱がんの抗がん剤治療(181名)の在院日数は8.7日です。腎盂がん・尿管がんの抗がん剤治療(173名)の在院日数は7.4日です。
腎がん・腎盂がん・尿管がんの手術(77件)の在院日数は11日です。開腹に比べ、低侵襲で行える腹腔鏡下・腹腔鏡下小切開手術が増加しています。前立腺がんの手術(153名)の在院日数は11.3日で、低侵襲で行える、内視鏡手術ロボットを使用した腹腔鏡下手術が増加しています。
※泌尿器科の最も多い症例は、1泊2日の前立腺生検ですが、集計対象外です。
総合腫瘍科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx97x3xx 頭頸部悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 3あり 75 51.5 66.1 1.3 60.0
03001xxx99x4xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 54 9.4 14.1 0.0 45.5
03001xxx99x3xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 49 29.9 37.9 4.1 57.0
070041xx99x3xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 手術なし 手術・処置等2 3あり 12 9.4 10.2 0.0 32.4
070040xx99x4xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等2 4あり 11 6.3 17.5 0.0 32.9
総合腫瘍科では、頭頸部がんに対する抗がん剤治療を中心に治療をおこなっています。抗がん剤治療と放射線治療と併せて治療することが多く、入院中に胃瘻造設術を行った場合(75名)、在院日数は、51.5日です。
胃瘻造設を行わない場合(49名)、在院日数は、29.9日です。
放射線治療を併施せず、抗がん剤治療のみの場合は(54名)、在院日数は9.4日です。
また悪性の軟部腫瘍に対して抗がん剤治療を行った場合(12名)の在院日数は9.4日、悪性骨肉腫などに抗がん剤治療を行った場合(11名)の在院日数は6.3日です。
※悪性軟部腫瘍に対し、トラベクテジンという注射抗がん剤を使用した症例は集計対象外です。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり  56 5.7 6.8 0.0 62.6
02001xxx97x0xx 角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 11 9.5 8.5 0.0 67.9
180050xx99xxxx その他の悪性腫瘍 手術なし - - 15.5 - -
180050xx97xxxx その他の悪性腫瘍 手術あり - - 17.6 - -
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2 なし - - 15.6 - -
眼科で最も多い症例は、分類上、その他の新生物(56名)となっておりますが、結膜腫瘍、眼窩内腫瘍の手術を行った場合で、在院日数は5.7日です。
角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍に対して手術を行う場合(11名)、在院日数は9.5日です。
眼のその他の悪性腫瘍、手術・処置等の合併症及び非ホジキンリンパ腫については、年間10症例未満のため非表示としております。
※白内障の手術を実施する場合もありますが、集計対象外です。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx05xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 340 4.0 7.9 0.0 49.2
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 37 9.6 6.1 0.0 52.3
070520xx97xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 手術あり 35 3.6 10.0 0.0 58.5
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 26 7.2 15.6 0.0 48.7
090010xx04xxxx 乳房の悪性腫瘍 動脈(皮)弁及び筋(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後) 二次的に行うもの - - 16.9 - -
形成外科は乳房の切除後、再建を目的とした手術が中心です。
乳腺術後の組織拡張器を用いた再建手術の場合(340名)、在院日数は4.0日です。
また、遊離皮弁術を行った場合は(37名)で、在院日数は9.6日です。
リンパ浮腫により、リンパ管吻合をする場合(35名)、在院日数は3.6日で、手術・処置等の合併症(乳房インプラント感染等)の場合(26名)、在院日数は7.2日です。
緩和治療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 35.4 10.4 17.6 66.8
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 14.8 - -
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等2 2あり - - 24.0 - -
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし - - 9.6 - -
11001xxx99x0xx 腎腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし - - 10.5 - -
緩和治療科は、各種疾患の患者様が集まっている病棟です。
がんの痛み止めや、感染に対する抗生剤の投与が主な目的のため、在院日数は患者様の状態によって異なります。
病棟全体で平均して約20日程度の在院日数となります。
※一般の病棟から緩和ケア病棟へ転棟した患者様のみ、集計対象です。
血液腫瘍科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 261 11.5 16.8 0.0 66.3
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 68 11.9 17.6 0.0 61.3
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等2 4あり 60 7.7 10.8 0.0 70.8
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 45 24.9 34.9 0.0 67.6
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 39 8.6 14.5 0.0 66.3
血液腫瘍科は抗がん剤治療が中心です。
非ホジキンリンパ腫の症例が最も多く、リツキシマブという抗がん剤を使用した場合(261名)、在院日数は、11.5日です。リツキシマブ、ベンダムスチン塩酸塩以外の抗がん剤を使用した場合(68名)、在院日数は11.9日、リツキシマブで輸血を伴う治療の場合(45名)、在院日数は、24.9日であり、ベンダムスチン塩酸塩という抗癌剤を使用した場合(39名)、在院日数は8.6日です。
その次に多いのが骨髄異形成症候群の症例で、アザシチジンという抗癌剤を使用した場合(60名)、在院日数は、7.7日です。その他、急性白血病や多発性骨髄腫の症例もあります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 815 160 123 112 7 140 1 7
大腸癌 257 254 315 245 9 247 2 6,7
乳癌 775 420 55 5 5 74 1 6,7
肺癌 322 46 162 184 5 517 1 7
肝癌 13 40 26 21 5 142 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌はステージⅠの件数が多く、主に内視鏡治療、腹腔鏡下胃切除を実施した患者様です。
大腸癌はステージⅠⅡで内視鏡治療や腹腔鏡下手術を行い、ステージⅢⅣでは手術の他、化学療法も行っています。
乳癌はステージⅠⅡで手術を行っている症例が多くなっています。
肺癌はステージⅠで手術を行う症例が多く、ステージⅢⅣでは主に化学療法を行っています。
肝癌の再発件数は、ラジオ波焼灼療法やTAE(血管塞栓術)による症例数が多くなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 14 11.1 58.6
中等症 36 11.0 71.7
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
当院は、がんの専門病院ですので、成人市中肺炎の患者様は多くはありません。
発症リスクが高いとされる、高齢者の割合が比較的少ないため、重症化する割合も比較的少ないと考えられます。重症以上の患者数については、年間10症例未満のため、非表示としております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
脳梗塞の患者数について、年間を通して10症例未満のため非表示としております。
当院は、がんの専門病院ですので、治療中に脳梗塞を発症した患者様が掲載対象となります。
もし、がんの治療中に脳梗塞を発症した場合、状況によっては、一旦がんの治療を中止し、他の連携施設で治療しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 206 2.5 6.4 0.0 66.3
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 119 2.4 5.4 0.0 64.0
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 52 2.6 6.4 0.0 66.1
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 43 3.1 8.6 0.0 65.0
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) 31 2.1 5.6 0.0 58.8
呼吸器外科の手術は、肺悪性腫瘍手術が中心です。
胸腔鏡下で行うものと、開胸して行う手術があります。胸腔鏡下手術は患者様に負担をかけない低侵襲手術のため、術後日数は開胸して行う手術と比べ短くなります。
悪性腫瘍の手術では、胸腔鏡下の部分切除(119名)で術後5.4日、区域切除(52名)で術後6.4日、肺葉切除(206名)で術後6.4日、開胸での肺葉切除術(43名)は、術後8.6日です。また、良性腫瘍の手術では、胸腔鏡下での肺切除(31名)で術後5.6日です。
上部消化管内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 439 0.7 4.9 0.2 69.4
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 204 0.7 4.3 0.0 67.3
K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他) 59 0.2 5.6 0.0 62.3
K526-21 内視鏡的食道粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜切除術) 18 0.3 4.0 0.0 66.4
K374 咽頭悪性腫瘍手術 17 1.1 7.8 0.0 68.6
上部消化管内科の手術は、胃がんや食道がんに対する内視鏡治療が中心です。
内視鏡治療の中でも、早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術(ESD)は、消化管の内腔から粘膜層を含めた粘膜下層までを剥離し、病変を一括切除する方法です。入院当日、もしくは翌日には治療を行います。
胃がん(439名)の治療後日数は4.9日、食道がん(204名)の治療後日数は4.3日です。
胃腺腫等、良性腫瘍に対する粘膜切除術(EMR)(59名)の場合、治療後日数は、5.6日です。
食道がんに対する粘膜切除術(EMR)(18名)の治療後日数は4.0日です。
咽頭悪性腫瘍手術(17名)の場合、治療後日数は7.8日です。
下部消化管内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 181 1.0 3.1 0.0 66.5
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 164 0.4 2.1 0.0 63.3
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 65 0.1 2.3 0.0 61.0
K654 内視鏡的消化管止血術 23 0.2 6.5 4.3 65.3
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - - - - -
下部消化管内科の手術は、大腸がんに対する内視鏡治療が中心です。
内視鏡治療の中でも、早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術(ESD)は、消化管の内腔から粘膜層を含めた粘膜下層までを剥離し、病変を一括切除する方法です。入院当日、もしくは翌日には治療を行います。
大腸がん(181名)の治療後日数は3.1日です。大腸腺腫等、良性腫瘍に対する粘膜切除術(EMR)の場合、長径2cm未満で治療後日数は2.1日、長径2cm以上で、治療後日数は2.3日です。
消化器化学療法科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合 284 1.5 7.0 1.1 60.1
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 44 1.3 7.9 6.8 63.0
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 25 11.0 14.7 12.0 64.7
K726-2 腹腔鏡下人工肛門造設術 17 6.2 23.8 0.0 54.4
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 12 21.0 19.9 16.7 65.8
消化器化学療法科の手術の多くは、抗がん剤治療のための埋込カテーテル設置(284名)です。
設置後の平均日数は7.0日で、この期間に抗がん剤治療が行われます。
胸水・腹水濾過濃縮再静注法(CART)(44名)は、貯まった腹水や胸水を抜き、必要な栄養分のみを体内へ戻す治療法です。抗がん剤治療の入院中に行う場合もありますが、CART単独の場合は入院当日に治療し、翌日には退院することができます。
中心静脈注射用の埋込カテーテル設置(25名)や胃瘻増設術(12名)は、経口での栄養補給が困難な患者様の状態に応じて行われるため、術前・術後日数にはバラつきがあります。
肝胆膵内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 126 1.0 10.5 0.8 66.9
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 96 1.0 6.3 1.0 72.1
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 39 1.6 6.1 0.0 65.2
K6822 胆管外瘻造設術(経皮経肝) 23 2.8 22.2 8.7 63.9
K697-32ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cmを超えるもの)(その他のもの) 20 1.4 4.6 0.0 77.5
肝胆膵内科で多い症例の、内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD)(126名)は、鼻から胆道にかけてチューブを挿入し体液を排泄させる方法です。
選択的動脈化学塞栓術 (TACE)(96名)は、肝動脈内に抗がん剤と塞栓物質をカテーテルで注入し、腫瘍の栄養動脈を塞栓する方法です。入院翌日に手術を行い術後日数は6.3日です。
胆管外瘻造設術は、経皮的に肝内胆管を穿刺してカテーテルを挿入する方法で、術後日数は22日です。
肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法は、電気メスよりも周波数の高いラジオ波を用い周辺組織を焼灼する方法で、
術後日数は4.6日です。
食道外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K529-21 胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術(頸部、胸部、腹部の操作) 86 2.8 22.0 1.2 63.8
K5293 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術併施)(腹部の操作) - - - - -
K5292 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術併施)(胸部、腹部の操作) - - - - -
K5223 食道狭窄拡張術(拡張用バルーン) - - - - -
K5291 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術併施)(頸部、胸部、腹部の操作) - - - - -
食道外科の手術は、食道悪性腫瘍手術が中心で、胸腔鏡下で行うものと、開胸して行う手術があります。
胸腔鏡下手術は、患者様に負担をかけない低侵襲手術ですので、術後の日数は開胸して行う手術と比べ短くなります。
当院では多くの症例で胸腔鏡下手術(86名)を行い、術後日数は22日です。
胃外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 261 2.5 12.2 0.4 61.4
K6572 胃全摘術(悪性腫瘍手術) 90 3.0 17.1 1.1 64.0
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 82 4.4 18.1 2.4 67.8
K636-3 腹腔鏡下試験開腹術 54 1.6 4.9 0.0 58.7
K655-52 腹腔鏡下噴門側胃切除術(悪性腫瘍切除術) 48 2.7 13.0 0.0 63.5
胃外科の手術は、胃の悪性腫瘍手術が中心で、腹腔鏡下で行うものと、開腹して行う手術があります。
腹腔鏡下手術は、患者様に負担をかけない低侵襲手術ですので、術後の日数は開胸して行う手術と比べ短くなります。
腹腔鏡下胃切除術(261名)で術後日数は12.2日です。
開腹胃全摘術(90名)で術後日数は17.1日です。
開腹胃切除術(82名)で術後日数は18日です。
腹腔鏡下試験開腹術(54名)で術後日数4.9日です。
腹腔鏡下噴門側胃切除術(48名)で術後日数13日です。
大腸外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 374 3.4 11.3 0.3 64.9
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 192 2.9 15.5 1.0 59.8
K7322 人工肛門閉鎖術(腸管切除を伴う) 148 1.3 10.2 0.0 59.4
K740-23 腹腔鏡下直腸切除・切断術(切断術) 50 2.8 23.8 0.0 61.6
K740-21 腹腔鏡下直腸切除・切断術(切除術) 48 3.4 12.4 0.0 62.6
大腸外科の手術は、大腸の悪性腫瘍手術が中心で、ほぼ腹腔鏡下で行っています。
腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術(374名)で術後日数は11.3日です。
腹腔鏡下直腸低位前方切除術(192名)で術後日数は15.5日です。
人工肛門閉鎖術(148名)で術後日数は10.2日です。
腹腔鏡下直腸切断術(50名)で術後日数は23.0日です。
腹腔鏡下直腸切除術(48名)で術後日数は12.4日です。
腹腔鏡下直腸切断術を行った際、ほとんどの場合ストマ(人工肛門)が必要となり、ストマに慣れてからの退院となります。そのため、他の手術を行った時に比べ術後日数が長くなります。
肝胆膵外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6951 肝切除術(部分切除) 62 3.2 11.7 1.6 63.0
K7032 膵頭部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合又は十二指腸温存膵頭切除術の場合) 53 4.5 36.6 0.0 66.3
K7034 膵頭部腫瘍切除術(血行再建を伴う腫瘍切除術) 47 4.3 29.8 2.1 66.9
K6955 肝切除術(2区域切除) 28 3.1 18.7 7.1 61.5
K7023 膵体尾部腫瘍切除術(周辺臓器の合併切除を伴う腫瘍切除術) 25 3.8 30.2 4.0 66.1
肝胆膵外科で多い手術は、肝切除術です。
手術範囲によって術後の日数は異なり、部分切除の場合、術後日数は11.7日です。
肝臓を2区域以上切除した場合、術後日数は18.7日です。
肝切除と並び、膵切除の症例が多く、リンパ節・周辺臓器の合併切除を伴う場合、術後日数は(30.2~36.6日)で、門脈の血行再建を伴う場合、術後日数は、29.8日です。内視鏡的経鼻胆管ドレナージを目的とした場合、術後日数は12.2日です。
乳腺科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 507 1.1 7.9 0.2 54.6
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 419 1.0 3.8 0.0 54.6
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 163 1.0 9.5 0.0 52.9
K4761 乳腺悪性腫瘍手術(単純乳房切除術(乳腺全摘術)) 59 1.0 7.5 0.0 49.3
K4768 乳腺悪性腫瘍手術(乳頭乳輪温存乳房切除術(腋窩郭清を伴わない)) 38 1.0 8.2 0.0 44.9
乳腺科の手術は、センチネルリンパ節生検(腋窩リンパ節に転移があるかどうかを調べること)の後、手術の範囲を決定し、それによって術後日数が異なります。
リンパ節郭清を伴わない乳房切除術(507名)の場合、術後日数は7.9日です。 
リンパ節郭清を伴わない乳房部分切除(419名)の場合、術後日数は3.8日です。
リンパ節郭清を伴う乳房切除(163名)の場合、術後日数は9.5日です。
乳房切除(残乳房切除)のみ(59名)の場合、術後日数は7.5日です。
リンパ節郭清を伴わない乳頭乳輪温存乳房切除術(38名)の場合、術後日数は8.2日です。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K879 子宮悪性腫瘍手術 241 2.4 13.0 0.0 52.8
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 183 2.9 13.3 0.0 53.8
K867 子宮頸部(腟部)切除術 154 1.0 1.0 0.0 37.6
K879-2 腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術(子宮体がん) 108 2.3 6.5 0.0 54.2
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 104 2.0 5.4 0.0 52.2
婦人科の手術は、開腹および腹腔鏡下手術を中心に実施しています。
子宮がんの開腹手術(241名)の場合、術後日数は13日です。
卵巣がんの開腹手術(183名)の場合、術後日数は13.3日です。
子宮頸部(腟部)切除(154名)は、3日間の在院日数で、入院の翌日に手術を行い、手術翌日には退院できます。子宮がんの中で、子宮体がん(1a期)のみ腹腔鏡下手術(108名)が保険適用となっており、術後日数は6.5日で、開腹手術に比べ短くなります。
卵巣腫瘍(良性)の腹腔鏡下手術(59名)の場合、術後日数は、5日です。
頭頸科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 60 1.1 4.9 0.0 54.0
K4691 頸部郭清術(片) 56 1.2 16.0 3.6 64.1
K4632 甲状腺悪性腫瘍手術(全摘及び亜全摘) 46 1.1 14.3 0.0 58.7
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 41 0.0 1.0 0.0 67.0
K374 咽頭悪性腫瘍手術 37 2.9 32.6 0.0 63.4
甲状腺がんの手術は入院翌日に手術を行い、切除の場合(60名)術後日数は4.9日、全摘の場合(46名)術後日数は14.3日です。頸部郭清術(56名)は、他の悪性腫瘍手術と合同で行った件数は含まれておりません。診断目的のリンパ節摘出術も多く行っており、入院当日に手術を行い、翌日に退院となります。咽頭がん(37名)の術前日数は2.9日です。嚥下困難で体重減少による管理が必要な場合があるためです。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0311 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹) 108 2.2 16.5 2.8 56.8
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹) 88 1.1 4.7 0.0 49.4
K0302 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(手,足) 38 1.1 3.1 0.0 46.1
K0431 骨掻爬術(肩甲骨,上腕,大腿) 32 1.5 7.8 0.0 29.4
K1932 神経腫切除術(その他) 30 1.0 4.9 0.0 57.1
整形外科では、四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術(108名)の実施が最も多く、術前日数が2.2日、術後日数が16.5日です。
四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(88名)、四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術の手、足部分(38名)については、術前日数は1.1日です。
骨掻爬術(32名)については、骨部分の腫瘍に関しての実施数が最も多く、術前日数が1.5日、術後日数が7.8日です。また神経腫とよばれる腫瘍に対しての手術は(30名)術前日数が1.0日と軟部腫瘍の手術と同じくらいの日数です。患者様の平均年齢は28.0歳です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 234 1.1 4.2 0.0 67.1
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 108 1.0 9.6 0.0 65.5
K773-3 腹腔鏡下小切開腎(尿管)悪性腫瘍手術 53 1.0 9.4 0.0 59.1
K8034 膀胱悪性腫瘍手術(全摘(回腸又は結腸導管利用で尿路変更を行う)) 42 3.5 24.9 0.0 69.1
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 34 1.7 8.4 0.0 67.1
泌尿器科の手術は、経尿道的手術、開腹、腹腔鏡下での手術が中心です。
膀胱がんは、経尿道的手術(234名)を実施しており、術後日数は4.2日です。また膀胱全摘の場合、腹腔鏡下、もしくは開腹で実施しており、開腹で行う膀胱全摘(回腸導管)手術(42名)を多く行っています。前立腺がんの場合、内視鏡手術ロボットを使用した腹腔鏡下手術(108名)を多く行っており、術後日数9.6日です。
腎がん、腎盂がん、尿管がんに対する手術は、腹腔鏡下小切開手術(53名)、腹腔鏡下手術(34名)と多岐に実施しており、術後日数は8~9日です。
総合腫瘍科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む 82 9.2 40.6 2.4 60.6
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 15 5.4 11.7 0.0 43.9
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K300 鼓膜切開術 - - - - -
総合腫瘍科で行う手術は、胃瘻造設術(82名)が多いです。
抗がん剤治療の結果、口腔・咽頭・食道を経由して食物や水分を摂取できなくなった場合に実施されるため、術前日数が9.2日です。抗がん剤治療における、植込型カテーテル設置(15名)も同様で、患者様の状態に合わせて行うため、術前5.4日です。
経皮的腎(腎盂)瘻造設術等、年間10例に満たないため非表示としています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K235 眼窩内腫瘍摘出術(深在性) 47 1.0 4.2 0.0 62.5
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 20 1.0 2.4 0.0 65.9
K215-2 眼瞼結膜腫瘍手術 - - - - -
K216 眼瞼結膜悪性腫瘍手術 - - - - -
K225-2 結膜腫瘍摘出術 - - - - -
眼科の手術は、眼窩内腫瘍摘出術(47名)が多く、術前日数1.0日、術後日数4.2日です。
白内障における水晶体再建術(20名)については、術前日数1.0日、術後日数2.4日です。
眼瞼結膜腫瘍手術、眼瞼結膜悪性腫瘍手術及び結膜腫瘍摘出術については、年間10例に満たないため非表示としています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 317 1.0 1.9 0.0 49.3
K628 リンパ管吻合術 34 0.1 2.1 0.0 58.2
K0171 遊離皮弁術(顕微鏡下血管柄付き)(乳房再建術) 24 1.0 11.2 0.0 51.2
K0221 組織拡張器による再建手術(乳房(再建手術)) 22 1.0 2.1 0.0 48.1
K476-32 動脈(皮)・筋(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後)(二次的) - - - - -
形成外科の手術は、ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(317名)が最も多く、入院の翌日に手術を行い、術後1日~2日程度で退院が可能です。
リンパ管吻合術(34名)、組織拡張器による再建術(22名)についても、術後2日程度で退院です。
遊離皮弁術(24名)に関しては、術後11.2日程度です。
血液腫瘍科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合) 20 7.3 2.9 0.0 56.4
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
血液腫瘍科では、自家末梢血幹細胞移植のための造血幹細胞採取を行っています。
入院して患者様の造血幹細胞を増やしてから行うため、術前日数は7.3日です。
※ 造血幹細胞移植は集計対象外です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 24 0.1
異なる 16 0.1
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 144 0.8
異なる - -
抗がん剤治療や放射線治療を受けて、免疫力が低下している患者様や、手術実施後は感染を起こしやすいので、手洗いやうがいなど日常的な対策から、なるべく発症しないようにしています。
手術・術後の合併症で最も多いのは、術後出血で40例となっており、手術を行う患者様に一定の頻度で発生するものです。
更新履歴
2017.9.29
28年度の病院指標を公開しました