部門紹介

印刷

発がん研究部

最終更新日 : 2017年4月5日

部の紹介

発がん研究部長 中村 卓郎
発がん研究部長 中村 卓郎

がんは、正常組織と個体の構成と維持に不可欠な幹細胞や前駆細胞が、何らかの発がん刺激を受けてゲノムに変異を生じ、さらに多くの変異が蓄積することによって発生します。私たちは、正常細胞から高悪性度のがん細胞に至る多段階発がん過程の分子機構の解明を通して、がんの発生を理解すべく研究を進めています。具体的な疾患として、血液腫瘍(白血病)や骨軟部腫瘍(肉腫)、また研究対象の遺伝子としてホメオドメイン遺伝子やキメラ遺伝子に注目し、レトロウィルス挿入変異系と遺伝子改変マウスモデルを用いる遺伝学的なアプローチを特色として研究を進めています。これらの研究を通して新規の原因遺伝子・分子経路の同定や解析を進め、ヒトのがんの診断や治療への応用に役立てたいと考えています。

研究内容

  1. モデル動物で発がんの過程を解明する(ホメオドメイン蛋白の機能解析)
  2. 白血病関連遺伝子Tribl, Sytl1の解析
  3. 骨軟部腫瘍におけるキメラ遺伝子と動物モデル

代表論文

研究業績へ

Tanaka, M., Homme, M., Yamazaki, Y., Shimizu, R., Takazawa, Y., Nakamura, T.
Modeling alveolar soft part sarcoma unveils novel mechanisms of metastasis.
Cancer Res, 77, 897-904 (2017)
Yokoyama, T., Nakatake, M., Kuwata, T., Couzinet, A., Goitsuka, R., Tsutsumi, S., Aburatani, H., Valk, P.J.M., Delwel, R., Nakamura, T.
MEIS1-mediated transactivation of synaptotagmin like 1 promotes CXCL12/CXCR4 signaling and leukemogenesis.
J Clin Invest, 126, 1664-1678 (2016)
Tanaka, M., Yamazaki, Y., Kanno, Y., Igarashi, K., Aisaki, K., Kanno, J., Nakamura, T.
Ewing’s sarcoma precursors are highly enriched in embryonic osteochondrogenic progenitors. 
J Clin Invest, 121, 3061-3074 (2014)
Yokoyama, T., Toki, T., Aoki, Y., Kanezaki, R., Park, M., Kanno, Y., Takahara, T., Yamazaki, Y., Ito, E., Hayashi, Y., Nakamura, T.
Identification of TRIB1 R107L gain-of-function mutation in human acute megakaryocytic leukemia.
Blood, 199, 2608-2611 (2012)
Yokoyama, T., Kanno, Y., Yamazaki, Y., Takahara, T., Miyata, S., Nakamura, T.
Trib1 links the MEK1/ERK pathway in myeloid leukemogenesis. 
Blood, 116, 2768-2775 (2010)

連絡先

中村卓郎(部長)
〒135-8550 江東区有明3-8-31
Tel:03-3570-0462 Fax:03-3570-0463
E-mail:takuro-ind@umin.net

このページのTOPへ