部門紹介

印刷

実験病理部

部の紹介

実験病理部長 広田 亨
実験病理部長 広田 亨

がん細胞は、細胞分裂の度に染色体数が変動する「染色体不安定性」と呼ばれる性質を有していることがあり、この性質を獲得することが、がんの生物的悪性度と相関していることが知られています。しかし、その臨床的な重要性にも拘らず、染色体不安定性の発生メカニズムは、まだよく分かっていません。正確な染色体の分配を達成するための要訣はどこにあるでしょうか?そして、がん細胞では、どのプロセスに「病巣」が潜んでいるのでしょうか? 私たちは、1)染色体の構築過程、2)染色体と微小管の結合過程、3)染色体分離のタイミングを決める過程、が鍵を握っているに違いないと考え、生化学的・顕微鏡的手法を用いて調べています。より詳細は、部運営のホームページをご覧ください。 オリジナルHPへ別ウィンドウが開きます

研究内容

  1. 染色体の構築
  2. 染色体と微小管の結合制御
  3. 染色体分離のタイミング制御
  4. がん細胞における染色体不安定性の発生機構

オリジナルHPへ別ウィンドウが開きます

代表論文

研究業績へ

Gallego-Paez, L.M., Tanaka, H., Bando, M., Takahashi, M., Nozaki, N., Nakato, R., Shirahige, K., Hirota, T.
Smc5/6-mediated replication progression contributes to chromosome assembly in human cells. .
Mol Biol Cell, in press (2013)
Shindo, N., Kumada, K., Hirota, T.
Separase-sensor reveals dual roles for separase coordinating cohesin cleavage and cdk1 inhibition.
Dev Cell, 23, 112-123 (2012)
*Abe, S., *Nagasaka, K., Hirayama, Y., Kozuka-Hata, H., Oyama, M., Aoyagi, Y., Obuse, C., Hirota, T., (*equal-contribution).
The initial phase of chromosome condensation requires Cdk1-mediated phosphorylation of the CAP-D3 subunit of condensin II.
Genes Dev, 25, 863-874 (2011)
Abe, Y., Okumura, E., Hosoya, T., Hirota, T.,* Kishimoto, T.* (*joint correspondence)
A single starfish Aurora kinase performs the combined functions of Aurora-A and Aurora-B in human cells.
J Cell Sci, 123, 3978-3988 (2010)
Uchida, K.S., Takagaki, K., Kumada, K., Hirayama, Y., Noda, T., Hirota, T.
Kinetochore stretching inactivates the spindle assembly checkpoint.
J Cell Biol, 184, 383-390 (2009)

連絡先

広田 亨(部長)
〒135-8550 江東区有明3-8-31
Tel:03-3570-0446
E-mail:thirota@jfcr.or.jp

このページのTOPへ