部門紹介

印刷

研究内容

最終更新日 : 2015年5月26日

目次

  1. 治療効果判定法などに関する消化管グループの研究
  2. 胆膵グループによる前がん病変・上皮内がんの研究
  3. 治療選択への寄与を目指す頭頚部グループの研究
  4. 乳がんグループの研究
  5. 実験肝がんモデルを用いた肝がんの発がんメカニズムの研究
  6. 婦人科がんの病理学的研究
  7. 肺がんの診断,原因を追求する臨床病理学的,分子生物学的研究
  8. 泌尿器科腫瘍の臨床病理学的研究 - 染色体解析も援用して
  9. 骨軟部腫瘍の病理学的研究
  10. 血液腫瘍の病理学的,分子生物学的研究
  11. ヒト発がんに関する病理学的研究 - 環境因子・遺伝性因子に注目して

骨軟部腫瘍の病理学的研究

メンバー:元井、神田、杉浦、高松、町並、石川、蛭田

病理部骨軟部腫瘍グループは、がん研病院サルコーマセンター、がん研究所発がん研究部(中村卓郎部長)との協調のもと、代表的な希少がんである肉腫および軟部腫瘍に関する専門的かつ高度な診断、研究を行っています。がん研サルコーマセンター整形外科は、わが国で最も多くの骨軟部腫瘍を治療している施設の一つであり豊富な症例の経験、蓄積があります。

診療:治療前後の定期的なカンファレンス、CPCを開催し、各部門との連携をとり、適切な治療選択に必要な病理診断を迅速に実施しています。

手術検体の病理学的検索は、専門施設の中でも最も精力的かつ細密な立体十字全割を行っています。これは、腫瘍の水平断と垂直断の2平面で全割を行うもので、大きな腫瘍ではブロック数が200個以上となることもあります。がん研サルコーマセンターで実施されている手術手技に対応した厳密な断端評価や病理学的悪性度評価のために必要とされており、術後治療方針の決定に役立てられています。

骨軟部腫瘍では、病理形態学的検索に加えて、免疫染色、遺伝子異常の検出が正確な診断には必要です。専門的な鑑別診断に必要な免疫染色、FISH, RT-PCRなどの分子病理学的検索手法を導入し、最新の知見に基づく正確な診断を提供しています。遺伝子解析は発がん研究部と連携して行っており、さらに未知の遺伝子異常に関する探索的研究も実施しています。

研究:肉腫の予後予測指標に関する病理形態学的解析を行い、術後治療に有用な指標の確立を目指しています。また、骨軟部腫瘍の多発が知られているWerner症候群について研究を行っており、特徴的な腫瘍スペクトルとして、骨肉腫は特殊型が多く、発生部位も一般とは異なることなどを明らかにしました。また、Werner症候群の遺伝子診断も行っています。

日常診断の経験から、治療および診断に有用な病理学的指標の解明を目指しています。

Ewing肉腫から検出された融合遺伝子(中村卓郎先生提供)
Ewing肉腫から検出された融合遺伝子(中村卓郎先生提供)

Publication list:

  • 町並陸生,石田剛,菊地文史,石川雄一,松谷章司.(1998) OFDとadamantinoma との関係.日本整形外科学会雑誌(J Jpn Orthop Assoc), 72 (6), 1075.
  • 望月智之,川口智義,松本誠一,真鍋淳,下地尚,松下廉,秋山達,石川雄一.(1998)骨外性Ewing肉腫7例の検討.日本整形外科学会雑誌(J Jpn Orthop Assoc) 72 (6), 959.
  • 秋山達,川口智義,松本誠一,真鍋淳,下地尚,松下廉,望月智之,石川雄一.(1998) Werner's Syndromeに合併した左前腕骨肉腫の一例.日本整形外科学会雑誌(J Jpn Orthop Assoc) 72 (6), 1054.
  • 石川雄一,Miller RW. (1998) 整形外科領域 - 骨肉腫を中心に.『家族性腫瘍』,Molecular Medicine 別冊, 368-370.
  • 石川雄一,西田一典,菅野晴夫,北川知行,川口智義,町並陸生,Robert W. Miller, 後藤真.(1996) Werner症候群に発生した骨肉腫9例の病理学的検討.日本整形外科学会雑誌(J Jpn Orthop Assoc), 70 (6), 1042.
  • 西田一典,石川雄一,井下尚子,北川知行,川口智義,町並陸生.(1996) 当院における成人型骨肉腫50例の検討.日本整形外科学会雑誌(J Jpn Orthop Assoc) 70 (6), 1043.
  • 後藤明輝,神田浩明,石川雄一,松本誠一,川口智義,町並陸生,加藤 洋.(1996) 骨肉腫におけるp53,Rb遺伝子欠失と化学療法感受性.日本整形外科学会雑誌(J Jpn Orthop Assoc), 70 (6), 996.
  • 古田則行,都竹正文,山内一弘,川口智義,石川雄一.(1996) 大腿骨頚部に発生した骨内ガングリオンの1例.日本臨床細胞学会雑誌 35, 187-188.
  • 石川雄一,西田一典,菅野晴夫,川口智義,黒田一,町並陸生,Robert Miller, 後藤真.(1995) Werner 症候群における骨軟部腫瘍の多発:日本人症例の文献的考察.日本整形外科学会雑誌(J Jpn Orthop Assoc) 69 (6), 1187.
  • 古田則行,佐藤之俊,都竹正文,神田浩明,石川雄一.脂肪腫様脂肪肉腫の圧挫細胞診.日本臨床細胞学会雑誌 40: 565-570, 2001.
  • Yamaguchi S, Yamazaki Y, Ishikawa Y, Kawaguchi N, Mukai H, Nakamura Y. EWSR1 is fused to POU5F1 in a bone tumor with translocation t(6;22)(p21;q12). Gene Chromosomes Cancer 43: 217-22, 2005.
  • Suzuki A, Shao X, Song X-Q, Hanaoka T, Irie S, Kashiwada M, Samara G, Close LG, Aoki T, Fujimori M, Ishikawa Y, Hatori M, Hosaka M, Sakurada A, Sato M, Ohuchi N, Satomi S, Fukushige S, Horii A, Sato T. Identification of a 5-cM region of common allelic loss on 8p12-p21 in human breast cancer and genomic analysis of the hEXT1L/EXTR1/EXTL3 gene in this locus. Int J Oncol 15: 443-451, 1999.
  • Murata K, Hatamochi A, Shinkai H, Ishikawa Y, Kawaguchi N, Goto M. A Case of Werner's Syndrome Associated with Osteosarcoma. J Dermatol 26: 682-686, 1999.
  • Kashima T, Kawaguchi J, Takeshita S, Kuroda M, Takanashi M, Horiuchi H, Imamura T, Ishikawa Y, Ishida T, Mori S, Machinami R, Kudo A. Anomalous cadherin expression in osteosarcoma, possible relationships to metastasis and morphogenesis. Am J Pathol, 155:

このページのTOPへ