広報・情報公開

印刷

ニュース発表一覧

【プレスリリース】乳がん患者向けケアウェアの共同開発

2014年07月10日

 公益財団法人がん研究会と東レ株式会社は、がん医療現場における衣料ニーズの発掘を共同で行い、

乳がん患者様が治療中にも快適に着用できる新しいインナータイプのケアウェアの開発に着手しました。

今後はがん研有明病院において、患者様に試着していただき、より良い製品をご提供する計画で、

2015年の上市を目指して取り組みを進めてまいります。


がん研と東レは、これを始めとして、患者様に少しでも快適な医療環境を提供するための

患者様サポートという新しい視点から、がん治療の周辺領域に役立つ製品の開発を進めて参ります。


乳がん患者向けケアウェアの概要は以下のとおりです。

 

                              記


1. 商品名  乳がん患者向けケアウェア


2. 商品特長

 (1)柔らかな風合いと乳房切除後にもバランス良く着用できるストレッチ性

 (2)患部保護材(リント布)のズレを抑えるホールド性

 (3)肌刺激を極力抑えた縫製仕様

 (4)ファッション性

 (5)軟膏やワセリン等の薬剤による、外衣への汚れ防止性

 

3. 技術内容

 (1)極細ナイロンとポリウレタン弾性糸の特殊複合糸を使用することで、柔らかな風合いとストレッチ性を

   付与しました。

 (2)特殊複合糸の特徴を生かす高次加工設計により、締め付け過ぎず適度なホールド感を付与し、

   リント布等のズレ防止性を付与しました。

 (3)肌側の突起を減らした縫製仕様にすることで、肌への刺激を抑制しました。

 (4)生地に特殊防汚加工を施すことで、薬剤の染み出しを抑制し、外衣への薬剤での汚れ防止効果を

   付与しました。

 (5)上記防汚性を定量的に評価することで、テキスタイル設計、加工条件を最適化しました。


4. 特許出願  関連特許含め2件 出願済み


5. 展開用途

 乳がん患者向けウェア(ブラジャー、カーディガン等)

 その他のがん患者様向けにも展開検討中。

 ※本品は医療機器ではありません。

                                                                以上


プレスリリースの詳細につきましては、「【プレスリリース】乳がん患者向けケアウェアの共同開発」を

ご参照ください。

関連PDF

このページのTOPへ