がん研究会について

印刷

経営改革運動プロジェクト01

経営改革運動 プロジェクト01(ゼロワン)

患者さんの治療や人々の福祉のためにもっともっと貢献できる、より良いがん研造りをめざし、全職員挙げての総力運動:経営改革プロジェクト01(ゼロワン)がこの程正式にスタートしました。
総勢200人を超える医師、看護師、技師、薬剤師、栄養士、事務職、研究者が合宿や研修を通じ精力的な議論を重ねた結果、がん研は現状の評価に甘えることなく、更に改善、前進できる余地があることがわかってきました。
更に明らかになったことは、職員の誰もががん研を大好きだということです。医療、研究の業務にプライドを持ち、向学心が強く、持てる力を存分に発揮したい、自分の職場であるがん研を一層良くしたい、患者さんや社会にもっと貢献したい。そしてそれを通じて自分を更に高めていきたいと強く願っていることです。そうした全職員の意欲と英知をそれぞれの職場から吹き出し、様々な問題を解決し、いきいきとやりがいのある職場を造り患者さんや人々の福祉のためにもっともっと役立っていきたい。それが経営改革のボトムアップ運動です。
合宿や研修に加わった215人がリーダーとなって、1700人の職員全員が参加するがん研の総力運動です。
4月の発表会に向かって皆で頑張っているところです。ご参考までに活動の写真や成果物の一部を掲載します。
がん研の新たな挑戦にご期待ください。


  • 約束事

  • 合宿での看護師チームの
    討議の様子

  • 合宿での医師チームの
    真剣な討議の様子

  • コメディカルチームのテーマは
    医師の負担軽減
    そのための施策を考えました

  • 理事の先生方も
    合宿に駆けつけました

  • 医師チームの
    合宿での発表風景

  • 第2次合宿を終えて参加者と
    経営幹部との合同写真

  • 7月7日には合宿の
    成果発表が行われました

  • 研究者チームの発表風景

  • 看護師チームの力作
    (次世代の人材育成)

  • 入院医事課は
    戦略的な部署に変身します

  • 草刈理事長より
    経営改革タスクフォース委員へ
    辞令授与

  • 山口副委員長より
    寄贈のZ旗(総員出撃)を
    手にする石田委員長、
    野田委員長とDFメンバー

 

このページのTOPへ