印刷

診療科・部門紹介
診療科・部門紹介

形成外科

形成外科とは診療科の特徴と実績|乳房再建をお考えの方へ|スタッフ紹介がん研形成Academia別ウィンドウが開きます

目次

Chapter.2: 乳房再建の時期

乳房再建を行うには次の2つのパターンがあります。

  1. 乳がんの根治手術と同時に乳房再建を開始する(一期再建)
  2. 乳がん治療の終了後、あらためて乳房を再建する(二期再建)

1.一期再建

乳がんの根治手術と同時に組織拡張器(ティシュ・エクスパンダー)を挿入し、切除後の組織(皮膚)を徐々に延ばしておき、手術をしていない側と同じ大きさになったところで、人工乳房(シリコン・インプラント法)もしくは自分のおなかの組織(皮弁法)で乳房を再建する方法です。皮下乳腺全摘術を受けられる方が適応となります。

私たちは、乳房再建を希望されている患者さんには一期再建を推奨しておりますが、これにはいくつかの大きな理由があります。

ひとつめに、乳がんの切除の時には、たくさんの心配事や不安をかかえ、再建手術のことまで考える気持ちの余裕が持てない方がたくさんいらっしゃるのが現状です。そのような場合でも、切除手術の際にエクスパンダーを入れておくことで、十分な皮膚ののび(伸展性)を保つことができ、その間に再建手術の時期や方法(インプラントか自家組織にするか)についてご自身の都合や希望にあわせて乳房再建のプランをたててゆくことが十分可能となります。

二つめに、乳がんの治療目的とはいえ、乳房を切除するという喪失感は、ご自身にとってはかりしれないものと思います。ですから、二期再建を行って、一度完全に平坦な胸にするよりは、乳がん切除手術と同時にエクスパンダーをいれることによって、身近でたいせつな臓器をうしなったという喪失感を少しでもやわらげることができるのではないかと考えております。

三つめに、乳がんの切除・再建治療のための経済的な負担は決して少ないものではありません。一期再建を行うことによって、手術回数をへらすことができ、結果として経済的な負担が減ることは大きなメリットのひとつとなります。

四つめに、私たちは、乳がんの根治手術の最終病理診断をきちんと得たうえで再建手術を行うことががん治療を行ううえでより望ましいプロセスであり、このことは、ご自身が気持ちを切り替えて新たなステップへふみだすためのたいせつな過程と考えております。

一期再建のデメリットとしては、乳がんをきちんと切除したうえでティッシュ・エクスパンダーを挿入するため、ごくまれに乳がん切除のためにうすくなった皮膚の一部の血流が悪くなることがあり、縫い合わせた皮膚の創縁(そうえん:ひふのふち)がじくじくする(潰瘍になる)ことがありますが、さまざまな治療方法がありますので心配ありません。

2.二期再建

過去に乳房の根治手術を受けている、あるいは手術後の補助療法(化学療法・放射線療法)を含めた乳がんの治療終了後に行う乳房再建術です。組織拡張器(ティシュ・エクスパンダー)を挿入し、後に人工乳房(シリコン・インプラント法)に置き換える場合と自分の組織(皮弁法)で乳房を再建する方法があります。二期再建を人工乳房で行う場合、下図のように乳房再建に要する時間と手術回数が増えますが、エクスパンダーの合併症(皮膚潰瘍や皮膚創縁の壊死)がより少ないなどの利点があります。

TOPICS ダイレクト・インプラント

2008年以降より乳房のサイズが小さい方(B cup以下くらい)にはティッシュエキスパンダーを入れることを省略し、直接インプラントを挿入する方法を行っています。手術は1回で終了し、手術翌日には乳房を取り戻して退院することが可能です。

傷の幅や乳房の大きさにより不可能な場合もありますので形成外科外来にてご相談ください。

このページのTOPへ