診療科・部門紹介

患者・家族支援センター

最終更新日 : 2019年4月8日
大野 真司
副院長
患者・家族支援センター長
乳腺センター長

国民の20人にひとりが「がんに罹ったことのある人(=がんサバイバー)」である今、医学的に生きるための「Cure」とともに社会的に生きるための「Care」がとても大切になっています。トータルケア部門は、「困ったら受けるケア」だけでなく、「困らないようにするケア」を目指し、すべての患者・家族に情報提供・支援等を届けるしくみ「Optimal Patient, Optimal Care, Optimal Timing」となっています。そのトータルケア部門には緩和ケアセンターと患者・家族支援センターがあります。患者・家族支援センターは、とくに患者さんの生活における支援や情報提供をおこなうところです。

診療内容

患者・家族支援センターでは、下記のように患者さんとご家族へのケアや支援、情報提供にあたっています。診療内容や診断については、それぞれの部署のページをご覧ください。

支援の内容

このページのTOPへ