平成30年度 がん研究会有明病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 147 305 928 2,467 3,511 4,888 4,589 1,226 48
当院の入院患者構成を年齢階級別にみると、50歳代~70歳代の割合が全体の約7割を占めています。当院は、がんの専門病院ですので、一般の総合病院とは異なり、後期高齢者の割合は少ないのが特徴ですが、平均年齢は年々上昇傾向です。30歳代~40歳代は、主に乳腺・婦人科等、レディース系診療科の女性患者様で占められ、年代が上がるにつれ男性患者様の割合も多くなります。若年層は主に整形外科の患者様で占められています。
※なお、治験患者様、海外の患者様も近年増加しておりますが、集計対象外です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし    322 8.7 10.0 0.0 66.1
040040xx9906xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 6あり     87 15.2 16.3 1.1 64.9
040040xx99070x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 7あり 定義副傷病 なし   85 9.6 10.9 0.0 60.1
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 60 7.1 14.6 13.3 69.7
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 5あり    51 19.1 19.3 5.9 65.3
呼吸器内科の最も多い症例は、肺がんに対するシスプラチンやアムルビシン等の注射抗がん剤治療(322名)です。薬剤によって期間は異なってきますが、平均すると在院日数は8.7日です。次に多い症例は、経口の抗がん剤を単剤で使用する場合(87名)で、在院日数は15.2日です。また、3番目に多いのが、ペメトレキセドナトリウムという注射抗がん剤を使用した場合(85名)で、在院日数は9.6日です。
※ニボルマブ、ペムブロリズマブ、アテゾリズマブ、デュルバルマブという注射抗がん剤を使用する症例も多くありますが、集計対象外です。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし  464 9.3 11.9 0.0 65.1
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 31 8.7 9.3 0.0 57.3
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし  16 3.8 3.4 0.0 78.4
040010xx97x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし  - - 9.8 - -
040150xx97x00x 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし  - - 31.1 - -
呼吸器外科の最も多い症例は、肺悪性腫瘍手術(464名)で、胸腔鏡下で行うものと開胸して行うものがあり、在院日数は9.3日です。
肺の良性腫瘍に対する手術(31名)も実施しており、在院日数は8.7日です。
また、がんかどうか調べるために、肺の組織を採取する生検目的の入院(16名)は、在院日数3.8日です。
上部消化管内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 480 7.8 8.5 0.0 68.8
060010xx02x00x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 内視鏡的食道粘膜切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 284 6.7 9.0 0.0 68.7
060090xx02xxxx 胃の良性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 その他のポリープ・粘膜切除術等  55 6.3 7.1 0.0 65.2
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 10.4 13.6 0.0 68.2
060090xx99xxxx 胃の良性腫瘍 手術なし   25 2.3 3.4 0.0 60.2
上部消化管内科は、早期の上部消化器がんに対する内視鏡治療が中心です。ほとんどの症例ではESDと呼ばれる内視鏡下粘膜下層剥離術を実施しています。
その中で最も多い症例は、胃がんの内視鏡治療で(480名)、在院日数は7.8日です。次に多い症例は、食道がんの内視鏡治療で(284名)、在院日数は6.7日です。胃腺腫等、胃の良性腫瘍に対する内視鏡治療(55名)は、在院日数は6.3日です。また咽頭がんに対する内視鏡治療(30名)も行っており、在院日数は10.4日です。その他にも胃の腫瘍に対する検査入院(内視鏡下生検等)があり、在院日数は2.3日です。内視鏡治療の在院日数は、全国平均と比較し短い傾向があります。
下部消化管内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 201 6.1 7.1 0.0 67.0
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし  191 3.4 2.7 0.0 63.2
060040xx04xxxx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術  100 6.3 7.0 0.0 64.0
060040xx05xxxx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術  31 4.0 5.3 0.0 54.5
060035xx04xx0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし  24 4.4 4.6 0.0 63.1
下部消化管内科は、早期の大腸がんに対してESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)という内視鏡治療が中心です。結腸がんに対して行うESD(201名)は、在院日数6.1日で、直腸がんに対して行う場合(100名)は在院日数が6.3日となっています。ESDに次いで多いのが、ポリープや腺腫など良性腫瘍を切除するポリペクトミー、EMR(内視鏡的粘膜切除術)で(191名)、在院日数3.4日です。EMRは良性腫瘍だけでなく悪性腫瘍に対して行う場合もあり、直腸(31名)だと在院日数は4.0日、結腸(24名)だと在院日数は4.4日です。
消化器化学療法科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 224 8.5 9.6 0.0 66.6
060010xx99x30x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし  106 8.4 18.7 0.0 67.1
060020xx99x50x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 85 7.0 7.6 0.0 64.3
060035xx97x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 52 7.7 12.8 0.0 60.2
060040xx97160x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 49 6.9 12.8 2.0 58.8
消化器化学療法科は、食道・胃・大腸がんに対する抗がん剤治療が中心です。食道がんに対する抗がん剤治療が最も多く(224名)、主にシスプラチンやフルオロウラシルという注射抗がん剤を使用しています。在院日数は8.5日です。食道がんに対して抗がん剤治療と放射線治療を併用した症例(106名)は、在院日数は8.4日です。食道がんに次ぐのは、胃がんに対してオキサリプラチンという抗がん剤を入院で使用した症例(85名)で、在院日数は7.0日です。大腸がんに対しては、ベバシズマブと他の抗がん剤を組み合わせて治療を行った場合が多く、結腸がんが52名で在院日数は7.7日です。同じく直腸がんが49名の在院日数は6.9日となっています。なお、当該DPCは抗がん剤を体内に入れる目的で埋込カテーテルを設置しており、設置しない場合の日数は更に短くなります。
肝胆膵内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 154 10.4 10.8 1.9 67.6
06007xxx9910xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし  124 3.3 5.1 0.0 64.9
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし  111 9.8 13.3 4.5 67.1
06007xxx97x6xx 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 6あり  92 10.9 17.5 0.0 59.4
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 72 8.4 10.4 0.0 71.9
肝胆膵領域のがんは、早期診断が難しく病状の変化が大きいため、適切な化学療法を行いづらく、診断時や経過中にしばしば出現する閉塞性黄疸や急性胆管炎に対する迅速な対処が必要となります。必然的に緊急入院も多く、前述の合併症に対する内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)を用いた、内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD)、内視鏡的ステント留置術等の治療目的が154名ともっとも多くなっております。在院日数は10日程度です。3番目に症例が多いのも膵がんによる悪性胆管狭窄にてERCPを用いた治療を行った場合で111名です。同じく10日程度の在院日数となっています。2番目に多いのが超音波内視鏡で観察しながら生検針で穿刺し、組織や細胞を採取して検査を行う、超音内視鏡下穿刺吸引生検法(EUS-FNA)目的の2泊3日入院です。4番目に多いのがFOLFIRINOX療法の初回治療で92名です。CVポート造設と抗がん剤治療を行い、およそ10日間の入院となりますが、全国平均に比べて1週間程短い入院となっています。5番目は肝臓がんに対して選択的動脈化学塞栓術(TACE)を行った場合(72名)で、在院日数は約8日です。
食道外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx01x0xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 頸部、胸部、腹部の操作によるもの等 手術・処置等2 なし    106 25.5 27.2 0.9 67.3
060010xx01x1xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 頸部、胸部、腹部の操作によるもの等 手術・処置等2 1あり - - 36.8 - -
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし   - - 7.4 - -
060130xx97000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) その他の手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし  - - 11.5 - -
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等2 2あり - - 23.4 - -
食道外科の症例で、最も多いのが食道悪性腫瘍手術(106名)で、在院日数は25.5日です。全国平均と比べ1.7日短くなっています。当院ではほとんどの手術をを鏡視下で行っています。食道がん手術は術後合併症の危険性が高く、死亡率の高い手術であり、安全性の向上のため多職種による食道がん周術期治療チーム(通称ペリカン)が主体となって術前から術後までチーム医療を実践しています。食道悪性腫瘍手術後の緊急入院や放射線治療症例、その他症例は年間10例に満たないため非表示としています。
胃外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx02x00x 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし       322 14.4 16.5 0.3 65.1
060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍 胃全摘術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 65 19.3 19.7 0.0 62.3
060020xx03x0xx 胃の悪性腫瘍 試験開腹術等 手術・処置等2 なし   54 4.8 8.5 1.9 61.3
060090xx01xxxx 胃の良性腫瘍 胃全摘術 単純全摘術等  35 10.7 12.3 0.0 60.2
060020xx97x00x 胃の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし  21 13.7 15.3 14.3 65.4
胃外科の最も多い症例は、胃がんに対する胃切除術(322名)で、在院日数は14.4日となっており、その多くを低侵襲の腹腔鏡下にて行っております。また、胃がんに対する胃全摘術(65名)は、在院日数は19.3日となっており、胃切除よりは長い入院となります。胃がんに対して腹腔鏡下試験開腹術等(54名)を行った場合は、在院日数は4.8日となっております。4番目に多い症例は胃粘膜下腫瘍に対して腹腔鏡・内視鏡合同胃局所切除術(LECS)で35名となっており、在院日数は10.7日とがんの手術よりは短い入院期間になっております。胃がんに対してバイパス手術等を行う場合(21名)は、在院日数は13.7日となっております。いずれの診断群分類についても、在院日数は全国平均と比べ短い傾向があります。
大腸外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 273 13.5 15.3 0.0 63.9
060040xx02000x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし      161 15.2 15.8 0.0 60.3
060040xx03xx0x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 直腸腫瘍摘出術(ポリープ摘出を含む。)等 定義副傷病 なし   140 12.1 12.9 0.0 59.7
060040xx0210xx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし   136 19.7 25.1 0.7 61.1
060035xx01001x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり  78 18.9 23.3 1.3 64.8
大腸外科では、ほとんどの症例を腹腔鏡下で実施しています。もっとも多い症例は結腸癌に対する結腸切除手術(273名)で、在院日数は13.5日と全国平均より約2日短い結果となっています。次に多いのが直腸癌に対する直腸切除術(161名)で本術式はロボット支援下でも実施します。結腸癌に対する手術よりも在院日数は約2日長い15.2日です。次いで3番目に多いのが一時的に造設した人工肛門の閉鎖術で(140名)、在院日数は12.1日です。4番目に多いのは直腸癌の切除と同時に人工肛門を造設した症例(136名)で、術後に人工肛門のセルフケアを習得する必要があるため、在院日数は切除のみに比べて19.7日と長くなっています。最後に狭窄を伴った結腸癌で切除を行った症例が78名と5番目に多くなっています。
肝胆膵外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx02x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 部分切除等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし  113 12.9 13.9 0.9 64.7
06007xxx011x0x 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし  94 27.5 38.9 0.0 66.1
060060xx97100x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし    47 13.5 15.1 0.0 69.7
060060xx0210xx 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 膵頭部腫瘍切除術等 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし   45 29.6 40.9 2.2 71.9
06007xxx010x0x 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし    43 21.3 26.1 0.0 65.9
肝胆膵外科の症例は原発性肝がん及び転移性肝がんに対する肝切除術が113名と最も多く、在院日数は12.9日です。この場合、開腹手術と腹腔鏡手術と混在していますが、腹腔鏡で施行された場合、在院日数は10日間程度です。また膵臓がんに対する外科治療を数多く行っており、膵頭部腫瘍切除術・膵体尾部切除術では、リンパ節・周辺臓器の合併切除、血行再建の有無、により在院日数は異なります。侵襲の大きい高難度手術でありますが、腸瘻造設をした場合(94名)の在院日数は約27日と全国平均よりもおよそ10日短くなっております。腸瘻造設をしなかった場合(43名)の在院日数は約21日です。2番目に多いのが肝門部領域胆道がんに対して胆道ドレナージ、門脈枝塞栓術などを実施した場合で在院日数は2週間程度となっています。4番目に多いのが、肝門部領域胆道がんに対する肝門部胆管悪性腫瘍手術と下部胆管がんに対する膵頭十二指腸切除を行った場合(45名)で特に肝門部胆管悪性腫瘍手術は非常に侵襲が大きく何度の高い手術ですが、在院日数は全国平均より約10日短い29.6日となっています。
乳腺科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし  848 10.2 10.6 0.0 54.3
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 363 5.5 6.2 0.0 55.5
090010xx99x8xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 8あり 46 3.4 5.3 0.0 55.6
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり  44 3.8 4.2 0.0 55.2
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり 33 4.9 4.0 0.0 46.0
乳腺科で最も多い症例は、乳がんに対して乳房切除術を行った場合で、848名と乳腺科の約7割を占めており、在院日数は10.2日です。そのうち約半数が再建術を受けています。次に多いのが腋窩郭清を伴わない乳房部分切除を行う場合で363名、在院日数は5.5日です。術前にがん細胞検出されていない乳腺腫瘍に対する手術の場合(33名)、在院日数は4.9日です。乳がんに対する化学療法は外来治療が主体ですが、初回導入治療など一部入院を行う場合があります。ペルツズマブ(46名)を投与する場合、在院日数は3.4日。トラスツズマブかパクリタキセル(アルブミン懸濁型)を投与した場合(44名)は在院日数が3.8日となっています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 844 5.4 4.9 0.0 55.5
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし  481 13.2 12.6 0.0 51.2
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 194 4.2 4.6 0.0 57.8
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2 なし  191 3.0 3.2 0.0 37.4
120010xx01x0xx 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側)等 手術・処置等2 なし   157 15.2 13.2 0.0 52.4
婦人科の最も多い症例は、子宮がん(頸がん、体がん)の抗がん剤治療(844名)で、在院日数は5.4日です。
子宮がんに対する手術(481名)は、H30年4月から子宮頸がんの腹腔鏡下手術も保険適用となった為、子宮体がん(Ⅰa期のみ)・子宮頸がんに対して腹腔鏡下手術を実施しており、進行がんの場合は開腹手術を行います。在院日数は13.2日です。開腹手術は進行がんに対して行われるため骨盤・傍大動脈リンパ節郭清、大網切除や消化管等の合併切除を伴うので、切除範囲が広く侵襲が大きくなり、在院日数が長くなります。4番目に多い症例は子宮頚部の高度異形成、上皮内がん、微少浸潤がんを疑う症例に対して行われる円錐切除で191名です。入院は2泊3日でおこなっています。卵巣がんに対する化学療法も多く行っており、標準治療であるTC療法(パクリタキセル+カルボプラチン)またはDC療法(ドセタキセル水溶物+カルボプラチン)を194例実施しており、3番目に多い症例でその中でもTC療法が多数を占めます。5番目に多い卵巣がんの手術(157名)は開腹にて実施し、在院日数は15.2日です。進行がんに対する根治術であり、子宮がんと同様にリンパ節郭清や大網合併切除等を行います。進行がんと臨床診断された場合、開腹もしくは腹腔鏡下で試験的に組織採取を行い、確定診断後に治療方針の決定を行う場合もあります。
頭頸科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 142 18.9 13.6 0.0 63.5
100020xx010xxx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等1 なし  116 10.8 8.7 0.0 52.3
03001xxx0110xx 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 105 41.0 27.4 4.8 62.6
03001xxx97x00x 頭頸部悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし  39 11.3 10.1 0.0 65.0
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり  38 9.5 7.4 0.0 55.6
頭頸科は、頭頸部がんに対する悪性腫瘍手術が中心で(142名)、在院日数は18.9日です。咽頭・喉頭・食道切除など侵襲の大きい手術では、他の部位から採取した組織を血管・神経を縫合して移植する再建が必須であり在院日数も41日と長くなります。(105名)甲状腺がんの手術症例も多く(116名)、在院日数は10.8日です。その他に患者様のQOL向上のための喉頭形成術(プロボックス挿入)や、早期診断につながる喉頭腫瘍摘出術(ラリンゴ生検)、気管切開術や胃瘻造設術等行っており(39名)、在院日数は11.3日です。また良性腫瘍摘出手術も行っており(38名)、在院日数は9.5日です。
当院の頭頸科は難易度の高い手術が多く、また摂食や会話等、術後のリハビリにも力を入れているため、在院日数は全国平均と比べ長くなります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし  142 7.1 5.6 0.0 41.2
070041xx99x3xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 手術なし 手術・処置等2 3あり 84 13.9 10.5 0.0 54.4
070041xx01x00x 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 84 20.3 17.5 1.2 60.6
070040xx99x4xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等2 4あり    44 16.2 16.9 2.3 25.6
070020xxxx0xxx 神経の良性腫瘍 手術・処置等1 なし   37 8.1 7.4 0.0 52.0
整形外科の最も多い症例は、良性または確定診断に至っていない骨・軟部腫瘍の手術(142名)で、在院日数は7.1日です。頭部から足の指先まで骨や軟部にできた腫瘍を切除します。指等であれば2~3日での退院となりますが、部位により長くて1週間の入院期間となります。
次いで2番目に多いのが、軟部の悪性腫瘍に対する抗がん剤治療を行った場合(84名)で、在院日数は13.9日です。3番目は軟部の悪性腫瘍に対して広汎切除術(84名)を行った場合で、在院日数は20.3日です。軟部腫瘍は腫瘍の大きさや進行度合いにより、皮弁や植皮と言った自家再建を行う事もあるため、その場合は入院期間も通常より長くなります。創部の状態、リハビリ状況から退院時期を判断します。4番目に多いのは、骨の悪性腫瘍に対する抗がん剤治療(44名)で、在院日数は16.2日です。5番目に多いのは、神経の良性腫瘍に対する手術を行った場合(37名)で在院日数は8.1日です。また当院ではサルコーマセンターを中心に様々な部位に発生する肉腫について、整形外科に限らず複数の診療科が協力して治療を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし  263 2.1 2.5 0.0 67.7
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし  224 6.4 7.2 0.0 68.9
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし   174 8.2 11.0 0.0 66.6
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等  151 11.5 12.6 0.0 65.7
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし  103 7.5 11.0 0.0 65.6
泌尿器科では、腎実質と腎盂・尿管・膀胱・尿道からなる尿路、および前立腺、精嚢、陰茎、精巣などの生殖器、そして副腎や後腹膜における腫瘍といった多岐にわたる治療を行っており、腎がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣がんなどが代表的な対象疾患となっております。最も多い症例としては、前立腺がん又はその疑いに対する前立腺生検(263名)、局所麻酔での生検の場合には多くが1泊2日、全身麻酔での生検の場合には2泊3日となっており、在院日数は2.1日となっております。次いで多い症例としては、膀胱癌に対する経尿道的手術(224名)で、在院日数は6.4日となっており、それに次いで多い症例が膀胱癌に対する化学療法(174名)で、在院日数は8.2日となっております。その他に、前立腺がんに対する全摘術があり、その多くを低侵襲で行うことができるロボット支援下にて施行しております。いずれの症例におきましても、在院日数は全国平均と比較し短い傾向となっております。
総合腫瘍科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx97x3xx 頭頸部悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 3あり 72 60.5 64.2 1.4 58.8
03001xxx99x4xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり   60 8.0 12.9 0.0 45.7
070041xx99x3xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 手術なし 手術・処置等2 3あり   33 6.3 10.5 0.0 36.5
070041xx99x5xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 手術なし 手術・処置等2 5あり  26 7.0 5.3 0.0 57.8
03001xxx99x3xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり    21 44.0 36.0 0.0 55.5
総合腫瘍科では、頭頸部がんや悪性軟部腫瘍に対する抗がん剤治療を中心に治療をおこなっています。最も多い症例は頭頸部癌に対して抗がん剤治療と放射線治療と併せて行い、入院中に胃瘻造設術を行った場合(72名)で、在院日数は、60.5日です。入院中に胃瘻造設を行わない場合(21名)が、5番目に多い症例です。2番目に多いのが、抗がん剤治療のみの場合(60名)で、在院日数は8.0日です。セツキシマブやニボルマブを投与した症例は集計対象外のため含まれておりません。また3・4番目に多いのが、悪性の軟部腫瘍に抗がん剤の治療を行った場合で、トラベクテジンを投与した場合が26名、それ以外の抗がん剤治療を行った場合は33名で、どちらも在院日数は約1週間となっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり    40 5.6 6.3 0.0 63.5
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼   15 4.4 2.8 0.0 74.6
02001xxx97x0xx 角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし  15 10.4 8.1 0.0 66.7
130030xx97x00x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし  - - 8.7 - -
02001xxx99x1xx 角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 1あり  - - 16.9 - -
眼科で最も多い症例は、分類上、その他の新生物(40名)となっておりますが、結膜腫瘍、眼窩内腫瘍の手術を行った場合で、在院日数は5.6日です。全国平均は6.3日のため、約1日短くなってます。白内障の手術(15名)に対しての在院日数は4.4日となっています。角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍に対して手術を行う場合(15名)、在院日数は10.4日です。眼のその他の悪性腫瘍、手術・処置等の合併症及び非ホジキンリンパ腫については、年間10症例未満のため非表示としております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx04xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等   208 4.0 8.2 0.0 49.4
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし      98 9.3 6.5 0.0 51.6
070520xx97xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 手術あり    20 3.6 9.5 0.0 52.2
090010xx03xxxx 乳房の悪性腫瘍 動脈(皮)弁及び筋(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後) 二次的に行うもの   17 11.4 16.6 0.0 50.3
070570xx970xxx 瘢痕拘縮 その他の手術あり 手術・処置等1 なし     - - 6.1 - -
形成外科は乳房切除後の再建を目的とした手術が中心です。乳がん術後の組織拡張器を用いた再建手術、ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術の場合が208名と最も多く、在院日数は4.0日です。
また、2番目に多いのが遊離皮弁による乳房再建や人工乳房の抜去などの手術を行った症例が98名で、在院日数は9.3日です。動脈皮弁及び筋皮弁を用いた乳房再建を行った場合(17名)の在院日数は在院日数は11.4日です。リンパ浮腫の進行によるリンパ管の狭窄や閉塞を解消するためにリンパ管吻合を行う場合(20名)、在院日数は3.6日です。
緩和治療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし  20 24.6 14.6 5.0 73.0
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 21.1 11.8 0.0 66.0
03001xxx99x00x 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし   11 27.2 13.2 0.0 73.5
090010xx99x01x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり    10 22.6 13.2 0.0 67.5
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし   10 39.1 13.3 0.0 68.9
緩和治療科は、各種疾患の患者様が集まっている病棟です。
がん疼痛に対する疼痛コントロールや緩和照射が主な目的のため、在院日数は患者様の状態によって異なります。
病棟全体で平均して約30日程度の在院日数となります。
血液腫瘍科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし  147 13.9 16.2 2.7 69.1
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし  59 21.4 32.4 3.4 67.1
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし  56 12.4 17.1 1.8 64.2
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等2 4あり    32 8.5 10.6 0.0 72.6
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 3あり   30 24.7 32.8 3.3 65.1
血液腫瘍科は抗がん剤治療が中心です。
非ホジキンリンパ腫の症例が最も多く、リツキシマブという抗がん剤を使用した場合(147名)、在院日数は、13.9日です。リツキシマブ以外の抗がん剤を使用した場合(56名)、在院日数は12.4日、リツキシマブで輸血を伴う治療の場合(59名)、在院日数は、21.4日です。
その次に多いのが骨髄異形成症候群の症例で、アザシチジンという抗癌剤を使用した場合(32名)、在院日数は、8.5日です。その他、急性白血病や多発性骨髄腫の症例もあります。いずれの診断群分類についても、在院日数は全国平均と比べ短い傾向があります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 781 125 110 132 - 181 1 7,8
大腸癌 162 79 122 123 14 286 2 7,8
乳癌 710 433 70 16 20 88 1 7,8
肺癌 318 60 136 198 12 483 1 7,8
肝癌 14 18 20 - - 114 2 7,8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌はステージⅠの件数が多く、主に内視鏡治療、腹腔鏡下胃切除を実施した患者様です。
大腸癌はステージⅠⅡで内視鏡治療や腹腔鏡下手術を行い、ステージⅢⅣでは手術の他、化学療法も行っています。
乳癌はステージⅠⅡで手術を行っている症例が多くなっています。
肺癌はステージⅠで手術を行う症例が多く、ステージⅢⅣでは主に化学療法を行っています。
肝癌は再発の患者様が多く、外科手術の他、ラジオ波焼灼療法やTAE(血管塞栓術)を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 18 12.3 58.2
中等症 41 14.4 73.3
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
当院はがんの専門病院ですので、成人市中肺炎で入院してくる患者様は多くはありません。発症リスクが高いとされる、高齢者の割合が比較的少ないため、重症化する割合も少ないと考えられます。重症以上の患者数については、年間10症例未満のため、非表示としております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- - - - -
脳梗塞の患者数について、年間を通して10症例未満のため非表示としております。
当院はがんの専門病院ですので、がん治療中に脳梗塞を発症した患者様が掲載対象となります。
もし入院中に脳梗塞を発症した場合、連携病院へ転院し治療しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 248 2.5 6.0 0.0 66.7
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 128 2.2 5.7 0.0 61.8
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 59 2.2 5.7 1.7 66.9
K5132 胸腔鏡下肺切除術 その他のもの 32 2.3 5.4 0.0 57.2
K513-2 胸腔鏡下良性縦隔腫瘍手術 17 2.3 4.4 0.0 59.2
呼吸器外科の手術は、肺悪性腫瘍手術が中心です。
胸腔鏡下で行うものと、開胸して行うものがあります。胸腔鏡下の手術は患者様に負担をかけない低侵襲手術のため、術後日数は開胸して行う手術と比べ短くなります。
悪性腫瘍の手術では、胸腔鏡下の部分切除(128名)で術後5.7日、区域切除(59名)で術後5.7日、肺葉切除(248名)で術後6日です。また、良性腫瘍の手術では胸腔鏡下での肺切除(32名)で術後5.4日です。縦隔腫瘍の手術で胸腔鏡下で行うもの(17名)は、術後4.4日です。
上部消化管内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 474 0.6 6.2 0.0 68.8
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 240 0.6 5.2 0.0 68.5
K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 その他のポリープ・粘膜切除術 55 0.4 4.9 0.0 65.2
K526-21 内視鏡的食道粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜切除術 36 0.4 4.6 0.0 69.0
K374 咽頭悪性腫瘍手術 28 1.2 8.1 0.0 68.4
上部消化管内科の手術は、早期の胃がんや食道がんに対する内視鏡治療が中心です。
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は、消化管の内腔から粘膜層を含めた粘膜下層までを剥離し、病変を一括切除する方法です。入院当日、もしくは翌日には治療を行います。
胃がん(474名)の治療後日数は6.2日、食道がん(240名)の治療後日数は5.2日です。
胃腺腫等、良性腫瘍に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)(55名)の場合、治療後日数は、4.9日です。
食道がんに対する粘膜切除術(EMR)(36名)の治療後日数は4.6日です。
咽頭悪性腫瘍手術(28名)は咽頭がんに対するESDであり、治療後日数は8.1日です。
下部消化管内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 304 1.0 4.1 0.0 66.0
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 210 0.5 2.2 0.0 64.1
K7212 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 63 0.2 2.2 0.0 61.0
K654 内視鏡的消化管止血術 19 1.0 13.6 5.3 66.8
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - - - - -
下部消化管内科の手術は、早期大腸がんに対する内視鏡治療が中心です。
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)(304名)は、消化管の内腔から粘膜層を含めた粘膜下層までを剥離し、病変を一括切除する方法です。ほとんどの場合、入院翌日に治療を行います。治療術後日数は4.1日です。
大腸ポリープ・腺腫等、良性腫瘍に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)・ポリープ切除の場合、長径2cm未満(210名)で治療後日数は2.2日、長径2cm以上(63名)で、治療後日数は2.2日です。内視鏡治療による偶発症として、切除後の潰瘍から出血する場合あり、内視鏡的止血術を19例行っています。
消化器化学療法科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 325 1.3 7.1 1.2 60.3
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 70 1.3 5.7 8.6 65.4
K6182 中心静脈栄養用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 35 10.0 14.5 25.7 66.1
K726-2 腹腔鏡下人工肛門造設術 15 5.3 20.1 0.0 63.7
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 14 4.1 11.9 14.3 62.9
消化器化学療法科の手術の多くは、抗がん剤治療のための埋込カテーテル設置(325名)です。
設置後の平均日数は7.1日で、この期間に抗がん剤治療が行われます。
胸水・腹水濾過濃縮再静注法(CART)(70名)は、貯まった腹水や胸水を抜き、必要な栄養分のみを体内へ戻す治療法です。抗がん剤治療の入院中に行う場合もありますが、CARTのみを入院で行う場合もあり、術後日数にはバラつきがあります。
中心静脈注射用の埋込カテーテル設置(35名)や腹腔鏡下人工肛門造設術(15名)、経尿道的尿管ステント留置術(14名)もQOLの向上、維持のため患者様の状態に応じて行われるため、症例によって術前・術後日数にバラつきがあります。
肝胆膵内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 154 0.8 9.4 1.3 68.3
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 69 1.8 6.5 2.9 67.4
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管)(その他) 64 1.3 6.0 0.0 72.6
K6871 内視鏡的乳頭拡張術 43 1.5 10.0 4.7 68.3
K651 内視鏡的胃、十二指腸ステント留置術 23 6.0 13.2 8.7 65.3
肝胆膵内科では肝細胞がんに対するカテーテル治療やラジオ波治療を始め、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)を用いたドレナージ術やステント留置を数多く実施しています。最も多い内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD)は、胆管炎・閉塞性黄疸等の治療として鼻から胆道にかけてチューブを挿入し体液を排泄させる方法です。次の内視鏡的胆道ステント留置術は、胆管内にステントを留置し内瘻化する術式でENBDを抜去してステントに入れ替えることで日常生活に制限がなく、早期の退院が可能となります。選択的動脈化学塞栓術 (TACE)は、肝動脈内に抗がん剤と塞栓物質をカテーテルで注入し、腫瘍の栄養動脈を塞栓する方法です。入院翌日に手術を行い術後日数は6.0日です。内視鏡的乳頭拡張術は胆管結石や胆管狭窄に対する手技と併せて行われることが多く、内視鏡下に十二指腸乳頭を切開する術式です。膵がんは進行すると十二指腸閉塞をきたすことがしばしばあり、嘔吐などの合併症を改善するため内視鏡下に十二指腸ステントを留置します。
食道外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K529-21 胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術 頸部、胸部、腹部の操作によるもの 93 3.5 20.7 1.1 66.6
K529-22 胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術 胸部、腹部の操作によるもの 15 4.5 22.3 0.0 66.9
K5223 食道狭窄拡張術 拡張用バルーンによるもの - - - - -
K5291 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 頸部、胸部、腹部の操作によるもの - - - - -
K5293 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 腹部の操作によるもの - - - - -
食道外科の手術は、食道悪性腫瘍手術が中心で、鏡視下で行うものと、開胸して行う手術がありますが、当院ではほとんどの症例を鏡視下で実施しています。
胸腔鏡下手術は患者様に負担をかけない低侵襲手術ですので、胸腔鏡下手術 頚部、胸部、腹部の操作によるもの(93名)と胸腔鏡下手術 胸部、腹部の操作によるもの(15名)はどちらも術後約3週間で退院となります。
胃外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K655-22 腹腔鏡下胃切除術 悪性腫瘍手術 235 2.4 11.0 0.0 64.8
K636-3 腹腔鏡下試験開腹術 77 1.6 3.1 0.0 62.8
K6572 胃全摘術 悪性腫瘍手術 45 2.2 16.6 0.0 62.1
K6552 胃切除術 悪性腫瘍手術 43 3.3 13.7 0.0 67.3
K654-31 腹腔鏡下胃局所切除術 内視鏡処置を併施するもの 43 1.7 7.9 0.0 59.2
胃外科の手術は、胃の悪性腫瘍手術が中心で、腹腔鏡下で行うものと、開腹して行う手術があります。
早期の胃がんに対しては腹腔鏡下手術を実施します。患者様に負担をかけない低侵襲手術ですので、術後の日数は開腹して行う手術と比べ短くなります。
腹腔鏡下で幽門側胃切除を行う腹腔鏡下胃切除術(235名)が最も多く術後日数は11.0日です。
進行胃がんに対しては開腹での手術が行われ、開腹胃全摘術(45名)で術後日数は16.6日、開腹胃切除術(43名)で術後日数は13.7日です。
胃粘膜下腫瘍に対する腹腔鏡・内視鏡合同胃局所切除術(LECS)も行っており、腹腔鏡下胃局所切除術 内視鏡処置を併施するもの(43名)が術後日数7.9日です。
腹腔鏡下試験開腹術(77名)で術後日数3.1日です。
大腸外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 345 3.2 10.6 0.6 64.3
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術 低位前方切除術 253 2.9 14.7 0.4 60.0
K7322 人工肛門閉鎖術 腸管切除を伴うもの 149 1.8 10.2 0.7 60.3
K740-21 腹腔鏡下直腸切除・切断術 切除術 59 2.8 10.4 0.0 61.3
K740-23 腹腔鏡下直腸切除・切断術 切断術 51 3.4 20.2 0.0 64.9
大腸外科の手術は、大腸の悪性腫瘍手術が中心で、ほとんどの手術を腹腔鏡下で行っています。
結腸がんに対する腹腔鏡下の切除術は腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術(345名)で術後日数は約11日です。
直腸がんは腫瘍の位置や大きさ、進行度合い等によって肛門温存出来るかどうかが変わってきます。腹腔鏡下直腸低位前方切除術(253名)の場合、術後日数は14.7日、高位前方切除である腹腔鏡下直腸切除術(59名)の場合、術後日数は10.4日です。永久人工肛門が必要な腹腔鏡下直腸切断術(51名)の場合、術後日数は20.2日です。この場合、術後にストーマケアの習得が必ず必要なため、他の手術を行った時に比べ術後日数が長くなります。
人工肛門閉鎖術(149名)は、一時的にストマ(人工肛門)を造設した後、数か月後にストマを閉じるために行います。術後日数は10.2日です。
肝胆膵外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6951 肝切除術 部分切除 66 2.9 10.7 0.0 65.6
K7032 膵頭部腫瘍切除術 リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合又は十二指腸温存膵頭切除術の場合 58 4.5 28.3 5.2 69.3
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 48 1.6 4.3 0.0 60.3
K7034 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合 38 4.6 25.2 0.0 66.2
K695-21 腹腔鏡下肝切除術 部分切除 37 2.4 7.2 0.0 62.6
肝胆膵外科では肝細胞癌、転移性肝がんに対する肝切除術を数多く実施しています。切除範囲によって術後の日数は異なり、大量肝切除を行った場合は長くなる傾向です。開腹部分切除の場合、術後日数は10.7日ですが、腹腔鏡下肝部分切除では、術後日数は7.2日と短くなっております。また膵切除の症例も非常に多く、膵頭部腫瘍切除術の場合は膵頭十二指腸切除を実施しますが、腫瘍のタイプや進行度合いによってリンパ節郭清、周辺臓器合併切除、血行再建を実施します。膵頭十二指腸切除術は消化器外科手術の中でも最も難度の高い術式の一つであり、侵襲の大きい手術であることから、平均術後日数は3~4週間となっています。胆のう結石症や胆のう腺筋症等に対して腹腔鏡下胆のう摘出術(48名)も実施しており、入院期間は平均4~5日です。
乳腺科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 568 1.0 7.9 0.0 54.9
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 365 1.0 3.5 0.0 55.5
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 150 1.0 9.2 0.0 53.9
K4768 乳腺悪性腫瘍手術 乳頭乳輪温存乳房切除術(腋窩郭清を伴わないもの) 52 1.0 8.2 0.0 48.1
K4761 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術) 50 1.0 7.2 0.0 51.5
多くの乳がんに対する手術は、センチネルリンパ節生検(腋窩リンパ節に転移があるかどうかを調べること)によって手術範囲を決定します。大きくは乳房切除か部分切除かによって術後日数が異なります。
腋窩部郭清を伴わない乳房部分切除(365名)の場合、術後日数は3.5日です。
腋窩部郭清を伴わない乳房切除術(568名)の術後日数は8日。腋窩部郭清を伴う乳房切除(150名)の術後日数は9.2日。腋窩部郭清を伴わない乳頭乳輪温存乳房切除術(52名)の術後日数は8.2日。単純乳房切除術(残乳房切除等)(50名)の術後日数は7.2日。と部分切除に比べて長くなります。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K879-2 腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術(子宮体がん) 283 2.1 8.0 0.0 50.7
K879 子宮悪性腫瘍手術 191 2.4 14.1 0.0 52.2
K867 子宮頸部(腟部)切除術 189 1.0 1.0 0.0 37.3
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 168 2.4 12.4 0.0 53.0
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 103 2.0 5.5 0.0 51.6
婦人科では、開腹および腹腔鏡下手術を中心に手術を行っています。
H30年4月から子宮頸がんの腹腔鏡下手術も保険適用となり、子宮体がん(Ⅰa期のみ)と子宮頸がんは腹腔鏡下手術(283名)を実施しています。術後日数は約8日であるのに対して、子宮がん(体がん・頸がん)の開腹手術(191名)は、術後日数が14日と長くなっています。
子宮頚部の高度異形成、上皮内がん、微少浸潤がんを疑う症例に対して行われる円錐切除は子宮頸部(腟部)切除(189名)で、2泊3日の入院になります。
卵巣がんに対する開腹手術(189名)の場合、進行がんに対する根治術であり術後日数は12.4日です。
前がん病変や子宮筋腫に対する腹腔鏡下手術(腹腔鏡下膣式子宮全摘術)はリンパ節郭清を伴わないので術後日数5.5日と短くなっています。
頭頸科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術 切除 71 1.3 6.1 0.0 51.8
K4691 頸部郭清術 片側 51 1.5 13.2 0.0 63.6
K4632 甲状腺悪性腫瘍手術 全摘及び亜全摘 48 1.3 16.0 0.0 52.5
K395 下咽頭悪性腫瘍手術(頸部、胸部、腹部等の操作による再建を含む) 44 5.1 34.7 2.3 67.5
K4152 舌悪性腫瘍手術 亜全摘 34 3.3 40.3 11.8 58.3
頭頸科は頭頸部がん・甲状腺がんに対する悪性腫瘍手術を実施しています。甲状腺がんは入院翌日に手術を行い、切除が片葉切除までの場合(71名)は術後日数は6.1日、全摘もしくは亜全摘の場合(48名)は術後日数は16日です。頸部リンパ節転移に対して頸部郭清術(51名)を行った場合の術後日数は13.2日で、他の悪性腫手術と合同で行った件数は含まれておりません。下咽頭がんに対する下咽頭悪性腫瘍手術(頸部、胸部、腹部等の操作による再建を含む)(44名)は侵襲の大きい手術で術前日数が5.1日と長いのは嚥下困難で体重減少による管理が必要な場合があるためです。舌がんの手術も多く行っており、亜全摘の場合(34名)術後日数は40.3日です。術後のリハビリテーションが必要であり、入院期間が長くなります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0311 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹 105 2.0 18.7 1.9 59.4
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹 77 1.3 5.2 0.0 53.0
K0302 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 手、足 37 1.0 3.1 0.0 49.6
K1932 神経腫切除術 その他のもの 32 1.0 5.0 0.0 54.3
K0431 骨掻爬術 肩甲骨、上腕、大腿 29 1.5 9.0 0.0 27.0
整形外科では、四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術(105名)の実施が最も多く、術前日数が2.0日、術後日数が18.7日です。
次いで、四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術は肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹が77名、手・足は37名です。神経腫切除術(32名)は神経鞘腫の摘出術で部位によっては切開部分が他の手術に比べて小さく、早ければ5日ほどで退院が可能となります。骨掻爬術(29名)は、この術式のみで終了する場合と、骨移植を同時に行う場合もあり、術後日数も他の良性疾患と比べ5日ほど長くなります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 241 1.2 4.9 0.0 69.2
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 141 1.0 9.4 0.0 65.7
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 47 1.3 8.6 0.0 63.0
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 40 1.6 11.4 0.0 67.7
K8034 膀胱悪性腫瘍手術 全摘(回腸又は結腸導管を利用して尿路変更を行うもの) 35 3.4 27.1 0.0 68.2
泌尿器科における手術では、経尿道的、開腹、腹腔鏡下(ロボット支援機器を用いるものを含む)での施行が中心となっております。膀胱がんに対しては、経尿道的手術(241名)を最も多く施行しており、術後日数は4.9日となっております。前立腺がんに対しては、その多くが低侵襲での施行が可能となるロボット支援機器を用いての腹腔鏡下手術(141名)となっており、術後日数9.4日となっております。腎がん、腎盂がん、尿管がんに対しては、腹腔鏡下手術(47名)、開腹手術(40名)、腹腔鏡下小切開手術(35名)となっており、術後日数は腹腔鏡下小切開手術の8.6日~開腹手術の11.4日となっております。
総合腫瘍科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 72 11.9 47.5 1.4 59.0
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 17 1.4 31.2 0.0 46.9
K6182 中心静脈栄養用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -
総合腫瘍科で行われる手術は、内視鏡下での胃瘻造設術(72名)が多いです。
頭頸部がんに対する抗がん剤と放射線の併用療法では、食物や水分の経口摂取が困難になるため胃瘻を造設します。
抗がん剤治療の種類によっては植込型カテーテル設置(17名)を行います。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K235 眼窩内腫瘍摘出術(深在性) 38 1.1 3.9 0.0 61.6
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 15 1.0 2.4 0.0 74.6
K216 眼瞼結膜悪性腫瘍手術 - - - - -
K236 眼窩悪性腫瘍手術 - - - - -
K215-2 眼瞼結膜腫瘍手術 - - - - -
眼科の手術は、眼窩内腫瘍摘出術(38名)が多く、術前日数1.1日、術後日数3.9日です。
白内障に対する水晶体再建術(15名)は、術前日数1.0日、術後日数2.4日です。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 199 1.0 2.0 0.0 49.2
K0171 遊離皮弁術(顕微鏡下血管柄付き)(乳房再建術) 80 1.0 9.6 0.0 51.0
K628 リンパ管吻合術 18 0.3 1.2 0.0 52.4
K476-32 動脈(皮)・筋(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後)(二次的) 15 1.0 6.6 0.0 48.8
K029 筋肉内異物摘出術 - - 4.2 - -
形成外科では乳房再建の手術を中心に実施したおり、ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(199名)が最も多く、入院の翌日に手術を行い、術後1日~2日程度で退院が可能です。自家組織再建である遊離皮弁術(80名)は術後は9.6日程度、動脈(皮)・筋(皮)弁を用いた乳房再建術(15名)は術後6.6日程度と人工乳房再建に比べて長くなっています。リンパ浮腫の進行によるリンパ管の狭窄や閉塞を解消するために行うリンパ管吻合術(18名)は術後1~2日程度で退院出来ます。
緩和治療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈栄養用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 22 14.0 44.8 9.1 63.6
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 11 8.9 49.3 9.1 60.6
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
K651 内視鏡的胃、十二指腸ステント留置術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
緩和治療科の手術は、高カロリー輸液を投与するための植込型カテーテル設置(22名)が多くなっています。QOLの向上、維持のため患者様の状態に応じて行われるため、術前・術後日数にバラつきがあります。疼痛制御を目的とした、植込型カテーテル設置(11名)も同様で、患者様の状態に合わせて行うため、術前8.9日です。
血液腫瘍科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 10 10.8 2.3 0.0 53.8
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術 長径3センチメートル未満 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 - - - - -
血液腫瘍科では、自家末梢血幹細胞移植のための造血幹細胞採取を行っています。入院して患者様の造血幹細胞を増やしてから行うため、術前日数は10.8日です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 11 0.1
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 106 0.6
異なる - -
外科手術実施後や抗がん剤治療後は免疫力が低下して感染を起こしやすい状態になるため、手指衛生や口腔ケアなど日常的な対策を始め、術後合併症の予防に努めています。
術後合併症(106名)のうち、最も多いのは創部膿瘍等で30例となっており、次いで術後出血26例、吻合部狭窄13例となっています。
更新履歴
2019.9.30
平成30年度病院指標を公開しました