公益財団法人 がん研究会

セミナー

2019年  2018年  2017年  2016年  2015年  2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

過去のセミナーリスト

2019.12.20
竹俣 直道 博士
Stephen Bell Lab, Department of Biology, Indiana University

アーキアから探る染色体構造の構築原理とその進化
2019.12.2
Zuzana Storchova 博士
Department of Molecular Genetics, Technische Universitat kaiserslautern

Consequences of aneuploidy in human cells - modeling monosomy and trisomy
2019.9.30
中村 恭介 博士
Anja Groth group, University of Copenhagen

姉妹染色分体での非メチル化ヒストンH4Lys20のDNA二重鎖切断修復における役割と損傷複製フォークのプロテオーム解析
2019.9.9
Isabel Wassing 博士
Fumiko Esashi Laboratory, Sir William Dunn School of Pathology, University of Oxford

Investigating the role of RAD51 in mitotic DNA synthesis and mitotic progression
2019.9.5
栗原 美寿々 博士
基礎生物学研究所、生命創世探求センター、宮成祐介研究室

PML bodyによる遺伝子転写制御メカニズムの解析〜ALaP法を用いて〜
2019.8.2
五十嵐 和彦 博士
東北大学大学院医学系研究科生物化学分野

膵癌上皮間葉転換におけるBACH1転写制御ネットワークの役割
2019.7.31
角井 康貢 博士
The Francis Crick Institute, Chromosome segregation laboratory

クロマチン三次元構造の細胞周期における制御機構〜次世代シークエンサーが解き明かすSMC複合体コンデンシンの働き〜
2019.6.27
畠 星治 博士
Zentrum für Molekulare Biologie der Universität Heidelberg (Elmar Schieber Laboratory)

Timely assembly of the mitotic spindle for accurate chromosome segregation
2019.5.24
家村 顕自 博士
東北大学加齢医学研究所分子腫瘍学研究分野・助教

がん細胞増殖における染色体不安定性の役割
2019.2.6
太田 邦史 博士
東京大学大学院総合文化研究科・教授

大規模ゲノム再編成による表現型の多様化
2018.11.19
Camilla Bjorkegren 博士
Department of Biosciences and Nutrition, Karolinska Institute

DNA supercoiling in genome integrity - more than a challenge?
2018.10.16
岩永 敏彦 博士
北海道大学大学院医学研究院 解剖学分野 組織細胞学・教授

栄養素トランスポーターの発現からみた細胞とからだの真の栄養素
2018.7.31
野澤 竜介 博士
Institute of Genetics and Molecular Medicine, The University of Edinburgh,(Nick Gilbert Lab.)

RNAとRNA結合タンパク質により作り出される核微小環境の機能とその役割
2018.5.17
藤井 眞一郎 博士
理化学研究所 生命医科学研究センター 免疫細胞治療研究チーム チームリーダー

多機能性免疫効果を発揮する新たながんワクチン細胞製剤の開発
2017.12.13
野澤 竜介 博士
The University of Edinburgh, Institute of Genetics and Molecular Medicine(Nick Gilbert研究室)

染色体構造を制御するクロマチン結合性RNAの役割
2017.8.28
Frank Uhlmann 博士
Chromosome Segregation Laboratory, The Francis Crick Institute

Chromatin and Chromosomes, the Role and Function of SMC Proteins
2017.7.21
Bungo Akiyoshi 博士
Department of Biochemistry, University of Oxford

Understanding the mechanism of chromosome segregation: insights from early diverging trypanosomes
2017.6.12
William C. Earnshaw 博士
Wellcome Trust Centre for Cell Biology, University of Edinburgh.

New insights into mitotic chromosome assembly and structure
2017.6.8
長坂 浩太 博士
Research Instistute of Molecular Pathology (IMP) Jan-Michael Peters Laboratory.

How do cohesin mediate chromatin architecture?
2017.4.18
Viji Draviam 博士
Senior Lecturer, School of Biological and Chemical Sciences, Queen Mary University of London.

Mechanisms that ensure the accurate segregation of human chromosomes
2016.11.29
Charles L. Asbury 博士
University of Washington School of Medicine, Department of physiology & Biophysics

The force-generating capacity of disassembling microtubules
2016.11.29
Aaron F. Straight 博士
Stanford University Department of Biochemistry

RNA dependent stabilization of SUV39H1 at constitutive heterochromatin
2016.11.8
江刺 史子 博士
Wellcome Trust Senior Research Fellow, Sir William Dunn School of Pathology, University of Oxford

How do human cells maintain genome stability?
2016.8.26
Hiro Yamano 博士
Head, Cell Cycle Control Laboratory, UCL Cancer Institute, University College London

細胞周期の東西横綱対決:CDK vs APC/C
2015.12.24
林 優樹 博士
筑波大学生命環境科学研究科生物機能科学専攻

rRNAプロセシング因子NOL11 によるM 期染色体動態の制御
2015.11.6
髙橋 大介 博士
早稲田大学大学院 先進理工学研究科

FAN1ヌクレアーゼによる架橋塩基の除去機構
2015.7.31
秋吉 文悟 博士
University of Oxford, Department of Biochemisty

Understanding unconventional kinetochores
2015.4.6
Claudia Krause 博士
Molecular Tumor Genetics and Immunogenetics, Max Delbrueck Center for Molecular Medicine, Berlin

KSHV-vGPCR-induced miR-34a expression promotes genomic instability by a broad suppression of genome maintenance mechanisms
2015.2.5
永野 修 博士
慶応義塾大学医学部・先端医科学研究所・遺伝子制御部門

癌幹細胞において活性化されるCD44v-xCTを介した抗酸化システムを標的とする癌治療戦略
2015.2.5
植田 幸嗣 博士
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 ファンクショナルプロテオミクスセンター ゲノム制御医科学分野

最先端タンパク質医化学による次世代がん診断技術の開発
2015.1.21
金田 篤志 博士
千葉大学大学院 医学研究院 分子腫瘍学

エピゲノム情報による層別化に基づいた消化器発癌機構の解明
2014.12.19
Hironori Funabiki 博士
Professor and Head of Laboratory of Chromosome and Cell Biology, Rockefeller University

Formation of spindle and nuclear envelope on chromosomes - building completely different architectures using a similar principle
2014.11.28
Norihisa Shindo 博士
Cancer Institute of the Japanese Foundation for Cancer Research

Separase autocleavage at the onset of anaphase
2014.11.28
Yuji Tanno 博士
Institute of Molecular and Cellular Biosciences The University of Tokyo

A molecular mechanism of chromosomal instability
2014.11.28
Elmar Schiebel 博士
Zentrum fuer Molekulare Biologie, Universitaet Heidelberg

Microtubule nucleation by gamma-tubulin complexes: mechanisms and evolution
2014.11.28
Duane Compton 博士
Geisel School of Medicine at Dartmouth, Hanover NH, USA

Mechanisms of chromosomal instability in human cancers
2014.7.24
Masanori Mishima 博士
Mechanochemical Cell Biology Warwick Medical School The University of Warwick

Molecular mechanisms for mechanical robustness of cytokinesis (and more...)
2014.5.13
Terence Strick 博士
Senior Scientist, CNRS Institute Jacques Monod, Paris

Real-time, bottom-up reconstruction of DNA repair pathways at single-molecule resolution
2014.3.27
迫 洸佑 博士
九州大学システム生命科学府分子生命科学専攻分子発生細胞生物学講座(佐方研究室)

ツメガエル未受精卵のMeta-II 停止:Emi2 によるAPC/C-Ube2S 結合の競合的阻害
2014.3.11
横山 英樹 博士
Zentrum fuer Molekulare Biologie der Universitaet Heidelberg(ZMBH)

How chromosomes regulate mitosis
2014.2.18
林 利憲 博士
鳥取大学医学部生命科学科 生体情報機能学講座・生体情報学分野

イモリの再生能力解明をめざした遺伝子機能の研究モデル確立
2013.12.12
Daisuke Izawa 博士
Jon Pines Lab, The Gurdon Institute, University of Cambridge

ゲノム維持に必須な紡錘体チェックポイントへのあらたな知見
2013.9.18
西野 達哉 博士
国立遺伝学研究所 分子遺伝研究部門

脊椎動物キネトコア構成因子の構造と機能
2013.8.27
西山 敦哉 博士
名古屋市立大学大学院 医学研究科・細胞生化学

ヒストンH3のユビキチン化を介したDNA維持メチル化の制御機構
2013.3.21
永橋 昌幸 博士
Division of Surgical Oncology, Department of Surgery, Medical College of Virginia Hospitals, Virginia Commonwealth University, U.S.A.

スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)はSTAT3の恒常的活性化と慢性腸炎と大腸炎関連腫瘍の発生とを結びつける
2013.2.6
Franziska Schmitz 博士
Ludwig Maximilians University, Munich, Department of Cell Biology (Barbara Conradt laboratory)

cis regulatory regions of egl-1:a key player in the apoptosis pathway of C.elegans.
2012.11.30
Ana Losada 博士
Chromosome Dynamics Group, Molecular Oncology Programme, Spanish National Cancer Research Centre(CNIO)

Mouse models to explore cohesin functions
2012.7.30
木村 暁 博士
国立遺伝学研究所 細胞建築研究室

細胞内での適材適所なオルガネラの研究:線虫 C.elegansを用いた中心体の中央化機構の解析
2012.7.6
Helder Maiato 博士
Instituto de Biologia Molecular e Celular Universidade do Porto

Design principles behind mitotic spindle assembly
2012.7.5
黒田 垂歩 博士
Dana-Farber Cancer Inst. Harvard Med. Sch. HHMI

ゲノム不安定性をターゲットとした新たな抗がんアプローチ
2012.4.11
Masayuki Nagahashi 博士
Division of Surgical Oncology Department of Surgery Medical College of Virginia Hospitals

Sphingosine-1-phosphate in cancer progression and lipid metabolism
2012.1.11
Tomomi Kiyomitsu 博士
HFSP fellow, Cheeseman Lab Whitehead Institute

Chromosome and spindle pole-derived signals generate an intrinsic code for spindle position and orientation
2011.12.27
Fumiko Esashi 博士
Oxford Molecular Pathology Institute Sir William Dunn School of Pathology University of Oxford

Regulation of DNA repair by cell cycle regulator
2011.12.13
Katsumi Kitagawa 博士
Center for Childhood Cancer The Research Institute at Nationwide Childrens Hospital

Kinetochore and Cancer
2011.11.25
渡辺 信元 博士
独)理化学研究所・基幹研・ケミカルバイオロジー領域
化合物ライブラリー評価研究チーム

リン酸化依存タンパク質間相互作用阻害小分子探索とその応用
2011.10.27
Silke Hauf 博士
Friedrich Miescher Laboratory of the Max Planck Society

Molecular analysis and mathematical modeling of the “switch-like” behavior of the metaphase-to-anaphase transition
2011.8.5
原 昌稔 博士
東京工業大学大学院 生命理工学研究科生命情報専攻

Greatwall kinase is an essential component of MPF
2011.2.3
川島 茂裕 博士
Tarun Kapoor Lab, Rockefeller University

分裂酵母ケミカルジェネティクスによる染色体分配研究
2010.12.4
Jennifer DeLuca 博士
Department of Biochemistry and Molecular Biology Colorado State University

Achieving accurate chromosome segregation in mitosis:The making and breaking of dynamic kinetochore-microtubule attachments
2010.10.14
秋吉 文悟 博士
Sue Biggins lab, Fred Hutchinson Cancer Research Center

Toward reconstitution of chromosome segregation in vitro
2010.8.6
木村 圭志 博士
筑波大学 生命環境科学研究科

PP2Aの新規機能による染色体タンパク質の制御機構
2010.8.4
守屋 央朗 博士
岡山大学 異分野融合先端研究コア

統合的数理モデルと遺伝子綱引き実験による酵母細胞周期の解析
2010.3.12
鈴木 應志 博士
国立遺伝学研究所 分子遺伝研究部門 深川研究室

染色体分配に関与するキネトコアの構造解析
2010.3.2
Helfrid Hochegger 博士
Genome Damage and Stability Centre University of Sussex, UK

Interplay of mitotic kinases in the control of centrosome separation
2009.6.17
原 昌稔 博士
東京工業大学大学院生命理工学研究科 岸本研究室

受精による卵割周期開始と雌雄前核融合の制御機構
2009.2.19
阿部 優介 博士
東京工業大学生命理工学研究科 岸本研究室

Aurora-A/B両方の性質を持つヒトデのAurora
2009.2.18
渡辺 信元 博士
理研・基幹研究所・ケミカルバイオロジー研究領域

細胞周期進行を調節するタンパク質リン酸化
2009.2.10
栗田 宗一 博士
東北大学大学院生命科学研究科情報伝達分子解析分野(水野研究室)

コフィリンホスファターゼSlingshot-1による細胞運動制御およびコフィリン脱リン酸化の分子機構
2009.1.5
北島 智也 博士
Ellenberg Group, Gene Expression Unit European Molecular Biology Laboratory (EMBL)

Probing mechanisms of chromosome biorientation in live mouse oocyte meiosis 
2008.3.3
Peter Lenart 博士
European Molecular Biology Laboratory (EMBL)

The small-molecule inhibitor BI2536 reveals roles of Polo-like kinase 1 
2008.2.8
田中 耕三 博士
東北大学加齢医学研究所
特定領域研究推進支援センター

微小管によるキネトコア捕捉・輸送の分子機構 
2008.1.23
進藤 軌久 博士
School of Molecular and Biomedical Science
University of Adelaide

細胞分化におけるエピジェネティックス
2007.12.18
船引 宏則 博士
The Rockefeller University, New York, NY
Laboratory of Chromosome and Cell Biology

Signals on and off chromosomes: mechanisms of chromatin-induced phosphorylation and DNA damage-induced ubiquitylation
2007.12.6
西野 達哉 博士
オックスフォード大学 生化学部
Kim Nasmyth研究室

コヒーシン複合体の機能と構造 
2007.5.8
西山 朋子 博士
東京工業大学 生命理工学研究科
岸本研究室

ツメガエル未受精卵の分裂中期停止機構
2007.4.6
Juri Rappsilber 博士
Wellcome Trust Centre for Cell Biology
University of Edinburgh, UK

Structural analysis of multi-protein complexes by mass spectrometry
2007.2.19
上川 奈都子 博士
国立長寿医療センター研究所
老化機構研究部

細胞老化関連遺伝子TARSH/Abi3bpの機能解析
2007.2.14
内田 和彦 博士
山口大学大学院
理工学研究科

形を変えて早く移動する細胞の移動機構とその調節因子について
2007.2.13
榎本 りま 博士
理化学研究所 ゲノム科学総合研究センター
タンパク質構造機能研究グループ

相同DNA組換えにおけるTBPIP/Hop2-Mnd1タンパク質の機能解析
2007.2.9
宮内 康弘 博士
大阪市立大学大学院医学研究科・分子制御分野

CSNによるユビキチンリガーゼVBC-Cul2の活性制御機構
2006.12.21
Helfrid Hochegger 博士
京都大学大学院医学研究科
放射線遺伝学

An essential role for Cdk1 in S phase control, revealed by chemical genetics in vertebrate cells
2006.11.2
米沢 理人 博士
ウィーン分子病理学研究所(IMP)

ショウジョウバエ及びマウスにおける新規ヒストン脱メチル化酵素の同定とその機能解析
2006.10.26
工藤 信明 博士
Research Institute of Molecular Pathology, IMP

動物生殖細胞における減数第一分裂の制御
2006.8.25
George L.. Kumar 博士
Life Science Division, Applied Precision, LLC.
Issaquah

High Resolution Live-Cell Imaging using DeltaVision Imaging System
2006.7.28
Norihisa Shindo 博士
School of Molecular and Biomedical Science
University of Adelaide

分化におけるエピジェネティックス-ES細胞in vitro分化系からのアプローチ-
2006.6.19
Jan-Michael Peters 博士
Research Institute of Molecular Pathology, IMP

How chromosomes are segregated in mitosis
2006.6.19
白髭 克彦 博士
東京工業大学
バイオ研究基盤支援総合センター

Genomic view of chromosome behavior during mitotic cell-cycle
2006.5.24
稲垣 昌樹 博士
愛知県立がんセンター
発がん制御研究部

分裂期キナーゼ群の細胞機能
2006.3.20
渡邉 雄一 博士
岡山大学医学部歯学部附属病院
遺伝子・細胞治療センター

インフルエンザウイルス感染細胞の
貪食除去機構と生理学的意義
2006.2.24
高垣 謙太郎 博士
北海道大学遺伝子病制御研究所

新規低分子量二重特異性フォスファターゼ
LDP-3の機能解析
2005.11.8
福田 智一 博士
国立がんセンター研究所 生化学部

トランスジェニックマウスを用いた
AuroraA蛋白質の発現調節機構の解析