ご寄付の活用について

がん研パワーアップ
プロジェクト

Power-Up Project

がん研パワーアッププロジェクト

今日と明日の
患者さんのために

今日と明日の患者さんのために

がん研パワーアップ
プロジェクト(新棟事業募金)
の御礼

2014年から3年間にわたり実施してまいりました
「がん研パワーアッププロジェクト」。
多くの方々からのご支援により、無事、新棟建設による健診センターの
拡充ならびに最先端の医療機器を配備することができました。
今後は、がんの早期発見・早期治療のための検診サービスの更なる充実と、
精度の高い最先端医療を提供してまいります。
ご支援を頂きました皆様方に厚く御礼を申し上げます。

- ご寄付の総額

1,086,874,380

健診センター 受診者数の推移

2020年度はコロナ禍の緊急事態宣言もあり、人間ドックの受診者数が激減しました。

  • 健診センターがん発見数

  • がん発見時期の割合

配備した機器

新棟建設に伴い、
最先端の医療機器を配備いたしました。

  • 最新鋭リニアック3台(放射線治療室)

    最新鋭リニアック3台
    (放射線治療室)

    放射線治療の需要増大に対応するために、
    3台の最新鋭放射線治療装置を
    導入いたしました。

  • IVR-CTシステム(画像診断施設)

    IVR-CTシステム
    (画像診断施設)

    より高度なカテーテル治療を実現するために、
    IVR-CT装置を導入いたしました。
    X線やCTなどの画像を確認しながら
    カテーテル治療が行えます。

  • 超低被ばくCT装置(健診センター)

    超低被ばくCT装置
    (健診センター)

    一般のX線撮影と同じレベルの
    非常に少ない被ばく量で
    最高レベルのCT用画像再構成
    技術により
    小さな病変も見逃しません。