「安全でよく効くがん治療薬」を目標に

注目の論文

胃がんの新規抗がん物質を同定―ゴルジ体を標的とした新しい治療法開発へ道−

【ポイント】

  • M-COPA(2-メチルコプロフィリンアミド[AMF-26])は、がん研究会がん化学療法センターが以前見出し、その後東京理科大学が人工合成に成功した新規ゴルジ体阻害剤であり、一部のがん細胞に強力な抗がん活性を示すことが知られていました。
  • がん研究会がん化学療法センター分子薬理部の旦(だん)慎吾副部長、大橋愛美主任研究助手、東京理科大学理学部第一部応用化学科・椎名勇教授、ならびに、エーザイ株式会社の共同研究チームは、今回、METと呼ばれるHGF(ヒト肝細胞増殖因子)に対する受容体型チロシンキナーゼ(RTK)を発現する難治性胃がん(MET陽性胃がん)に対して、M-COPAが抗がん効果を発揮することを明らかにしました。
  • METタンパク質は、ゴルジ体によりプロセッシングされ、細胞膜表面に輸送されますが、M-COPA投与によりMETタンパク質のプロセッシングや細胞表面への輸送が阻害され、ゴルジ体阻害の概念実証(POC)が確立されました。
  • 本剤は、MET陽性胃がんだけでなく、FGFR2(線維芽細胞増殖因子受容体2)と呼ばれるRTKを発現する別の難治性胃がんに対しても同様な機序で抗がん効果を示しました。
  • 本研究成果により、チロシンキナーゼ阻害剤やモノクローナル抗体薬とは異なる、RTK依存がんの新たな治療アプローチとして、ゴルジ体阻害剤開発の加速化が期待されます。
  • 本研究成果は、米国のがん研究専門誌「Cancer Research」に4月12日付でオンラインファーストにて未編集原稿が先行公開されました。
詳細

最近の論文

more

部門紹介

基礎研究部

がん分子標的治療薬の開発を目指して、がん転移機構やシグナル伝達機構の解析と阻害剤開発を進めています。

詳細ページ

分子薬理部

独自の基盤情報システムを活用し、新しい分子標的抗がん剤を創薬します。

詳細ページ

分子生物治療研究部

がん細胞のテロメア制御・不老不死・幹細胞性の分子基盤を明らかにし、創薬シーズの創出を目指します。

詳細ページ

ゲノム研究部

ゲノム科学を活用した分子標的治療研究を展開し、革新的治療薬の開発と個別化医療の実現を目指します。

詳細ページ

臨床部

臨床部は、臨床も兼任している医師も参加して、がん細胞のイメージング、分子生物学的研究をしています。

詳細ページ