最終更新日 : 2016年09月21日

注目の論文

染色体構築因子であるCondensin Iの新たな制御メカニズムを解明
:2つのATPaseが織りなす染色体凝縮

このたび がん研究会がん研究所 実験病理部 高橋 元子博士研究員と、広田亨部長らの研究グループは染色体構築因子であるCondensin Iの新たな制御メカニズムを解明しました。

細胞は分裂する際、全長2mにも及ぶDNAを絡まりや損傷から守りながら高度に凝縮させた染色体を形成し、それを分けることで安定してゲノム情報を継承します。この染色体凝縮に関わる主要な因子がコンデンシン複合体です。コンデンシンは、ATPの加水分解酵素(ATPase)を有する5つのタンパク質から成るリング状の複合体で、そのリング内にDNAを通すことが知られています。一方で、コンデンシン・リングがDNAを捕捉した後、どのようにしてDNAを折りたたむのか、そのメカニズムはまだよく分かっていません。今回私たちは、コンデンシン複合体とともに染色体の「軸」に局在するKIF4Aというモーター分子に着目しました。

詳細

最近の論文

more

部門紹介

物理部

ただいま休部中です


生化学部

ただいま休部中です


化学療法部

安全でより有効な、抗がん剤、治療法を開発します。

分子標的病理プロジェクト

私たちは,がんの治療に直結した病理学,すなわち「治療病理学」の創成を志向しています。

がんゲノム研究部

がんゲノム研究部では、個別化がん医療の研究や、がん患者の遺伝学的体質診断のための研究を進めています。

蛋白創製研究部

蛋白創製研究部では人工タンパク質を用いた革新的ながん診断・治療手法を開発しています。

遺伝子診断研究部

遺伝子診断研究部では、乳がん発生の分子メカニズムの解明とその情報を利用した個別化診断を目指します。

発がん研究部

発がん研究部では血液腫瘍や骨軟部腫瘍の分子機構を解明し、がんの診断や治療へつなげます。

がん生物部

がん生物部では細胞老化の誘導機構と発がん防御との関係を探り、がんの治療・予防に貢献しています。

実験病理部

実験病理部では、染色体不安定性の発生メカニズムに焦点をあて、 がん細胞病態の理解を目指します。

細胞生物部

細胞生物部では、個体レベルでの発がん研究を通して、新たながん予防法や治療法の開発を行なっています。

病理部

病理部はではがんの診断と予防に関する研究を特に個別化医療の実現に焦点をあてて進めています。