最終更新日 : 2016年06月14日

注目の論文

姉妹染色分体が分かれて行く過程の描出に成功
―染色体を形作る仕組みに新視点―

このたび がん研究会がん研究所の広田亨実験病理部長らの研究グループは、染色体が分かれて行く過程の観察にはじめて成功しました。

遺伝子(DNA)の本体である「染色体」の維持・継承は根本的な生命機能です。細胞は分裂するたびにそのDNAを複製し、その染色体のペア(=「姉妹染色分体」と呼びます)を一対ずつ 分裂する細胞に分配することを繰り返します。この細胞周期のなかで、S期(DNA合成期)にDNAの複製、M期(細胞分裂期)に染色体の分配がなされるとされています。ところが、複製後の姉妹染色分体は強く絡み合って結合していることを考えると、どのようにしてM期という短時間にその間の結合をあまねく解消して無事に染色体を分配するのか、明快な説明はなく 謎めいていました。こうした状況のなか、われわれの研究室では、欧州分子生物学研究所の研究グループとともに、姉妹染色分体の解離過程を観察することに成功し、染色体を分けるというプロセスの謎を解く重要な知見を得ることができました。

詳細

最近の論文

more

部門紹介

物理部

ただいま休部中です


生化学部

ただいま休部中です


化学療法部

安全でより有効な、抗がん剤、治療法を開発します。

分子標的病理プロジェクト

私たちは,がんの治療に直結した病理学,すなわち「治療病理学」の創成を志向しています。

がんゲノム研究部

がんゲノム研究部では、個別化がん医療の研究や、がん患者の遺伝学的体質診断のための研究を進めています。

蛋白創製研究部

蛋白創製研究部では人工タンパク質を用いた革新的ながん診断・治療手法を開発しています。

遺伝子診断研究部

遺伝子診断研究部では、乳がん発生の分子メカニズムの解明とその情報を利用した個別化診断を目指します。

発がん研究部

発がん研究部では血液腫瘍や骨軟部腫瘍の分子機構を解明し、がんの診断や治療へつなげます。

がん生物部

がん生物部では細胞老化の誘導機構と発がん防御との関係を探り、がんの治療・予防に貢献しています。

実験病理部

実験病理部では、染色体不安定性の発生メカニズムに焦点をあて、 がん細胞病態の理解を目指します。

細胞生物部

細胞生物部では、個体レベルでの発がん研究を通して、新たながん予防法や治療法の開発を行なっています。

病理部

病理部はではがんの診断と予防に関する研究を特に個別化医療の実現に焦点をあてて進めています。