最終更新日 : 2016年12月19日

注目の論文

胞巣状軟部肉腫の動物モデルを作製:新たながんの転移機構を発見

このたび、がん研究所 発がん研究部 田中美和 研究員と、中村卓郎 部長、および病理部の研究グループが、胞巣状軟部肉腫(ASPS)の新たな動物モデルの作製に成功し、がんの転移機構の解明につながる新事実を見出しました。

ASPSは、思春期から若年成人に発生する軟部悪性腫瘍で、発育は比較的緩やかですが、高頻度で血行性の転移を示す難治性の稀少がんです。この高転移能の原因として、腫瘍内の豊富な血管形成が従来から指摘されていました。本研究では、ASPSのex vivoマウスモデルを作製しましたが、このモデルにおいても腫瘍血管構築が高度であり、腫瘍細胞の血管侵襲や高転移能が再現出来ました。また、ASPSの血管に密に存在する血管周皮細胞(ペリサイト)が転移に重要な役割を担っていることが示されました。今回確立されたマウスモデルは、ASPSの発生機構や病態解析に有用であるばかりではなく、がんの転移機構の解明に新たな一石を投じるものでもあり、がん転移に対する新たな予防・治療方法に途を開くことが期待されます。

詳細

最近の論文

  • M. Koido, N. Haga, A. Furuno, S. Tsukahara, J. Sakurai, Y. Tani, S. Sato and A. Tomida.
    Mitochondrial deficiency impairs hypoxic induction of HIF-1 transcriptional activity and retards tumor growth .
    Oncotarget, in press (2016)
  • Sakha, S., Muramatsu, T., Ueda, K., Inazawa, J.
    Exosomal microRNA miR-1246 induces cell motility and invasion through the regulation of DENND2D in oral squamous cell carcinoma
    Sci Rep, in press (2016)
  • Sakakibara, R., Inamura, K., Tambo, Y., Ninomiya, H., Kitazono, S., Yanagitani, N., Horiike, A., Ohyanagi, F., Matsuura, Y., Nakao, M., Mun, M., Okumura, S., Inase, N., Nishio, M., Motoi, N., Ishikawa, Y.
    EBUS-TBNA as a promising method for the evaluation of tumor PD-L1 expression in lung cancer.
    Clin Lung Cancer, in press (2016)
  • Mori, S., Motoi, N., Ninomiya, H., Matsuura, Y., Nakao, M., Mun, M., Okumura, S., Nishio, M., Morikawa, T., Ishikawa, Y.
    High expression of programmed cell death 1 ligand 1 in lung adenocarcinoma is a poor prognostic factor particularly in smokers and wild-type epidermal growth-factor receptor cases.
    Pathol Int, in press (2016)
  • Nagasawa, I., Kunimasa, K., Tsukahara, S., Tomida, A.
    BRAF-mutated cells activate GCN2-mediated integrated stress response as a cytoprotective mechanism in response to vemurafenib.
    Biochem Biophys Res Commun, in press (2016)

more

部門紹介

物理部

ただいま休部中です


生化学部

ただいま休部中です


化学療法部

安全でより有効な、抗がん剤、治療法を開発します。

分子標的病理プロジェクト

私たちは,がんの治療に直結した病理学,すなわち「治療病理学」の創成を志向しています。

がんゲノム研究部

がんゲノム研究部では、個別化がん医療の研究や、がん患者の遺伝学的体質診断のための研究を進めています。

蛋白創製研究部

蛋白創製研究部では人工タンパク質を用いた革新的ながん診断・治療手法を開発しています。

遺伝子診断研究部

遺伝子診断研究部では、乳がん発生の分子メカニズムの解明とその情報を利用した個別化診断を目指します。

発がん研究部

発がん研究部では血液腫瘍や骨軟部腫瘍の分子機構を解明し、がんの診断や治療へつなげます。

がん生物部

がん生物部では細胞老化の誘導機構と発がん防御との関係を探り、がんの治療・予防に貢献しています。

実験病理部

実験病理部では、染色体不安定性の発生メカニズムに焦点をあて、 がん細胞病態の理解を目指します。

細胞生物部

細胞生物部では、個体レベルでの発がん研究を通して、新たながん予防法や治療法の開発を行なっています。

病理部

病理部はではがんの診断と予防に関する研究を特に個別化医療の実現に焦点をあてて進めています。