がんに関する情報

先進医療とは

最終更新日 : 2017年5月11日

先進医療とは、新しい医療技術と患者さんの要望の多様化により、保険診療の医療水準を超えた最新の先進技術として、厚生労働大臣から承認された医療行為のことを言います。平成18年10月、従来の高度先進医療と先進医療が統合されて先進医療となりました。

当院で承認を受けている先進医療

当院は先進医療のできる保険医療機関です。関東信越厚生局長から次の先進医療技術項目について指定を受けております。

第2項先進医療 (先進医療A)

腹腔鏡下広汎子宮全摘術 847,000円

第3項先進医療 (先進医療B)

  1. パクリタキセル静脈内投与(一週間に一回投与するものに限る。)及びカルボプラチン腹腔内投与(三週間に一回投与するものに限る。)の併用療法 上皮性卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がん
  2. ペメトレキセド静脈内投与及びシスプラチン静脈内投与の併用療法 肺がん(扁平上皮肺がん及び小細胞肺がんを除き、病理学的見地から完全に切除されたと判断されるものに限る。)

このページのTOPへ