注目の論文

エピゲノム情報の維持機構の解明

DNAの配列に変化はないもののゲノムDNAが機能するための環境が変化することを、エピゲノム変化といいますが、これは細胞のがん化の原因となることが知られています。エピゲノムは、DNA の化学修飾、DNA と結合しているヒストンタンパク質の化学修飾およびヒストンタンパク質の種類によって決まります。これらはエピゲノム情報と呼ばれます。エピゲノム情報が何らかの原因で変化することで、DNA の正しく機能できなくなることが細胞のがん化につながります。エピゲノム情報が正しく維持される機構を明らかにすることで、異常が起きた原因を知ることができます。今回の研究で解析したのは、エピゲノム情報の一つであるヒストンタンパク質の亜種であるヒストンバリアントが、どのように維持されるのかを解析しました。

詳細

最近の論文

more

部門紹介

物理部

ただいま休部中です


生化学部

ただいま休部中です


化学療法部

安全でより有効な、抗がん剤、治療法を開発します。

分子標的病理プロジェクト

私たちは,がんの治療に直結した病理学,すなわち「治療病理学」の創成を志向しています。

がんゲノム研究部

がんゲノム研究部では、個別化がん医療の研究や、がん患者の遺伝学的体質診断のための研究を進めています。

蛋白創製研究部

蛋白創製研究部では人工タンパク質を用いた革新的ながん診断・治療手法を開発しています。

遺伝子診断研究部

遺伝子診断研究部では、乳がん発生の分子メカニズムの解明とその情報を利用した個別化診断を目指します。

発がん研究部

発がん研究部では血液腫瘍や骨軟部腫瘍の分子機構を解明し、がんの診断や治療へつなげます。

がんエピゲノムプロジェクト

私たちは、がんに生じているエピゲノム変化の全貌とその詳細な分子機構を解明することを目指しています。

細胞老化プロジェクト

私たちは、「老化」という生命現象の理解と、がんをはじめとする加齢性疾患の制御を目指して、細胞老化の研究に取り組んでいます。

がん生物部

がん生物部ではクロマチンと細胞核構造によるエピジェネティック制御を明らかにし、がんの診断・治療の開発に貢献します。

実験病理部

実験病理部では、染色体不安定性の発生メカニズムに焦点をあて、 がん細胞病態の理解を目指します。

細胞生物部

細胞生物部では、個体レベルでの発がん研究を通して、新たながん予防法や治療法の開発を行なっています。

病理部

病理部はではがんの診断と予防に関する研究を特に個別化医療の実現に焦点をあてて進めています。