印刷

診療科・部門紹介

薬剤部紹介

最終更新日 : 2016年11月30日

効果的で、安心・安全な薬物療法を支える

濱 敏弘
濱 敏弘
院長補佐
薬剤部長

薬剤部では、がん患者さんに効果的で、安心・安全な薬物療法を提供するという目標を掲げて、薬の専門家としてチーム医療の一翼を担うべく、以下のような取り組みをしています。

●的確な処方監査

薬と疾病に対する正しい知識と情報に基づき、薬剤名、投与量、方法、相互作用(薬の飲み合わせ)などに問題ないかを複数の薬剤師で確認しています。

●正確な調剤と薬品の供給

適正に品質管理された医薬品を用いて、正確な調剤を行います。経口薬だけでなく、抗がん薬をはじめとする注射薬も薬剤部で調製しています。また、病院内で使用される消毒薬などの供給管理も行っています。

●迅速な医薬品情報の提供

薬の適正使用情報や安全性情報は日々更新されます。必要な情報を、必要な医療スタッフ及び患者さんに正確にかつ迅速に提供するため、情報の収集、評価及び提供に努めています。

●わかり易い服薬指導と副作用の確認;病棟薬剤師と薬剤師外来

患者さんが正しく服用できるように、全ての病棟に薬剤師が常駐し、また外来がん化学療法を受ける患者さんに対しても薬剤師外来を開設し、わかり易い服薬指導に努めています。また、服薬状況と副作用の発現状況等を確認し、医師と協働してより良い薬物治療を提供できるように処方提案、処方設計支援を行っています。

●チーム医療への参画

緩和ケアチーム、感染対策チーム、栄養サポートチーム、褥瘡対策チームなどの医療チームに参画し、薬剤師としての職能と専門性を発揮しています。また、医療安全対策委員会でも薬の専門家として、医療安全に貢献できるように努めています

がん専門薬剤師等の育成と研修生の受け入れ

がん専門薬剤師養成研修施設である当院では、現在10数名のがん専門薬剤師が在籍しているほか、他施設に勤務する薬剤師を研修生として受け入れて、がん専門薬剤師やがん薬物療法認定薬剤師の育成にも力を入れています。薬学部6年生及び大学院生の研修も受け入れています。

薬剤部組織

このような使命を果たすため、61名の薬剤師とSPD(物品物量管理担当者)を含む8名の薬剤助手が、調剤部門、薬剤管理部門、臨床薬剤部門の3部門に分かれて勤務しています。また、教育研修部門を置き、入職後のスキルアップ研修、学会活動支援にも努めています。

薬剤部組織

業務内容

業務実績

このページのTOPへ