部門紹介

印刷

分子生物治療研究部

最終更新日 : 2017年11月27日

部の紹介

分子生物治療研究部長 清宮 啓之
分子生物治療研究部長
清宮 啓之

当研究部は、分子生物学に立脚した新たながん治療法の開発を目的として、1992年に設立されました。濱田洋文・初代部長(〜2000年:現・東京薬科大学生命科学部教授)、杉本芳一・前部長(2000〜2004年:現・慶應義塾大学薬学部教授)に引き続き、2005年に清宮啓之が部長となり、現在に至っています。当研究部では、がん細胞の無制限な分裂増殖と密接に関係するテロメアや、治療抵抗性および再発の原因となるがん幹細胞など、新たな治療標的となる因子に着目し、「がん生物学における新視点の開拓」および「がんの治癒を導く新治療戦術の開発」をめざした基礎・応用研究を展開しています。

オープンラボ・パンフレット

パンフレットはこちら

研究内容

  1. テロメアとがん細胞の不老不死性
  2. ポリADP-リボシル化による細胞制御
  3. がん幹細胞の治療抵抗性と標的分子
  4. がんと脂質代謝
  5. 内分泌療法再燃がんの克服

学生の方へ

当部の研究にご興味のある方へ

在籍生による学会レポート

代表論文

研究業績へ

Ohishi T, Yoshida H, Katori M, Migita T, Muramatsu Y, Miyake M, Ishikawa Y, Saiura A, Iemura SI, Natsume T, Seimiya H.
Tankyrase-binding protein TNKS1BP1 regulates actin cytoskeleton rearrangement and cancer cell invasion.
Cancer Res, 77: 2328-2338 (2017)
Tanaka N, Mashima T, Mizutani A, Sato A, Aoyama A, Gong B, Yoshida H, Muramatsu Y, Nakata K, Matsuura M, Katayama R, Nagayama S, Fujita N, Sugimoto Y, Seimiya H.
APC mutations as a potential biomarker for sensitivity to tankyrase inhibitors in colorectal cancer.
Mol Cancer Ther, 16, 752-762 (2017)
Hirashima K, Seimiya H.
Telomeric repeat-containing RNA/G-quadruplex-forming sequences cause genome-wide alteration of gene expression in human cancer cells in vivo.
Nucleic Acids Res,
43, 2022-2032 (2015)
Mashima T, Soma-Nagae T, Migita T, Kinoshita R, Iwamoto A, Yuasa T, Yonese J, Ishikawa Y, Seimiya H.
TRIB1 supports prostate tumorigenesis and tumor-propagating cell survival by regulation of endoplasmic reticulum chaperone expression.
Cancer Res, 74, 4888-4897 (2014)
Featured in Science-Business eXchange, BioCentury and Nature Publishing Group
Ohishi T, Muramatsu Y, Yoshida H, Seimiya H.
TRF1 ensures the centromeric function of Aurora-B and proper chromosome segregation.
Mol Cell Biol, 34, 2464-2478 (2014)
Listed in “Most-Read Articles” during the month
Hirashima K, Migita T, Sato S, Muramatsu Y, Ishikawa Y, Seimiya H.
Telomere length influences cancer cell differentiation in vivo.
Mol Cell Biol, 33, 2988–2995 (2013)
Featured in “ASM (American Society for Microbiology) Newsroom
Seimiya H, Muramatsu Y, Ohishi T, Tsuruo T.
Tankyrase 1 as a target for telomere-directed molecular cancer therapeutics.
Cancer Cell, 7, 25-37 (2005)
Featured in “Previews” in Cancer Cell and “Research Highlights” in Nature

企業の方へ

共同研究に関して

連絡先

清宮啓之(部長)
公益財団法人がん研究会がん化学療法センター分子生物治療研究部
〒135-8550 江東区有明3-8-31
Tel:03-3520-0111(内線  5491) Fax:03-3570-0484
E-mail:hseimiya@jfcr.or.jp

このページのTOPへ