部門紹介

印刷

研究内容

最終更新日 : 2015年5月15日

研究内容目次

  1. テロメアとがん細胞の不老不死性
  2. ポリADP-リボシル化による細胞制御
  3. がん幹細胞の治療抵抗性と標的分子
  4. がんと脂質代謝
  5. 内分泌療法再燃がんの克服

テロメアとがん細胞の不老不死性

細胞が分裂増殖するには自身のDNAを複製する必要がありますが、通常のDNAポリメラーゼを介した仕組みではDNA鎖の両端(テロメアDNA)が完全には複製されず、徐々に失われていきます。これを末端複製問題(end replication problem)といいます。テロメアはもともと染色体の末端を保護する役割を持っていますので、その短縮が限界に達しますと、DNA鎖の先端がむき出しになってしまいます。これを末端保護問題(end protection problem)といいます。DNAの複製工場は操業停止となり、細胞はもはや分裂することが出来なくなります。細胞も老化する、というわけです。これは、私たちの身体の中で、異常な増殖性を持った細胞ががん化するのを未然に防ぐ仕組みのひとつとなっています。がん細胞ではたいてい、テロメラーゼ(telomerase)と呼ばれるテロメア合成酵素が活性化しており、この酵素の働きによってテロメアが安定に維持されます。がん細胞が無限に分裂出来るのはこのためです。私たちはテロメラーゼを阻害する薬剤の開発を進め、これらががん細胞の無限増殖を阻止することを実証してきました。一方、ひとくちにがん細胞といっても、テロメアの長さや結合因子の組成は様々であることも分かってきました。面白いことに、個体の老化速度を規定する蛋白質もテロメア動態にリンクしています。これらをふまえ、最近はがん細胞のテロメア制御ネットワークや新たなテロメア認識薬剤に関する研究も展開しています。

テロメア・テロメラーゼを分子標的としたがん治療

テロメア:細胞老化の時限装置 テロメア:細胞老化の時限装置
テロメア(赤)は染色体(青)の末端キャッピング構造。TTAGGG反復配列にシェルタリンと呼ばれる蛋白質複合体が集積して機能します。テロメア短縮が細胞増殖を制限するため、テロメア動態は細胞老化とがん化のカギを握ります。緑はセントロメア。

テロメラーゼによるテロメアの再生 テロメラーゼによるテロメアの再生
80〜90%のがん細胞はテロメア合成酵素、テロメラーゼを活性化しており、テロメアを安定に保つことが可能です。直鎖DNAの末端複製問題が解消されることにより、がん細胞が無限に分裂増殖することを可能にします。

このページのTOPへ