がん研究会について

印刷

  • HOME
  • がん研究会について

がん研究会について

公益財団法人がん研究会は、明治41年に設立された日本最初のがん専門機関です。 昭和9年、研究所と附属病院を設置し、本格的な研究を開始。以来、基礎研究、臨床研究とが一体となった活動により、日本のがん研究と診療をリードしてきました。当がん研究会紹介の記事の随所に日本で最初の・・・という記述や、日本で最も多くの・・・といった記述を目にされることかと思いますが、これは当がん研究会のこれまでの実績を物語る ものであります。

特に、近年の研究所の研究活動はめざましいものがあり、先に米国の科学専門誌「サイエンス」が行った"日本の科学"と題する特集の中で、がん研究所は生物科学の分野で世界的にトップのレベルにあるとの評価を得ました。

有明病院では、優れた医療スタッフや先進の医療機器をそろえ、がん及び関連疾患の診断や治療に優秀な 成績を挙げると共に、研究所と連携した臨床研究によって、新しい治療法の開発などに意欲的に取り組んでおります。

平成13年1月には、永く当研究所で客員研究員として動物のがんの研究を続けてこられた常陸宮正仁親王 殿下を名誉総裁に仰ぎ、新たなるがん研究会として大いなる飛躍を遂げようとしております。

詳細につきましては、別にがん研要覧の内容を抜粋して掲載いたしましたのでどうぞご覧下さい。


このページのTOPへ