注目の論文

ゲノムDNAの立体構造から見えた乳がん細胞の弱点
- 再発乳がんの治療に新たな道 -

このたび、がん研究会がん研究所がん生物部 山本達郎博士研究員と、斉藤典子部長、および熊本大学、九州大学、理化学研究所の研究グループが、治療抵抗性を獲得した再発乳がんモデル細胞を用いて、非コードRNAを介したゲノム構造の変化を調べることで、抵抗性乳がんの持つ脆弱性の仕組みを解明しました。

乳がんの約7割は、女性ホルモンのエストロゲンと結合してがんの増殖に働くエストロゲン受容体(ER)を大量に産生しています。そのため、エストロゲンの作用を抑える内分泌療法が効果的ですが、治療抵抗性を獲得することで、治療効果がなくなり、再発することが問題になっています。ある種の内分泌療法抵抗性乳がんモデル細胞(抵抗性細胞)では、タンパク質をコードしない非コードRNAであるエレノアが細胞核内に留まり、抵抗性細胞の増殖を促進します。一方で、抵抗性細胞の中ではプログラムされた細胞死であるアポトーシスに関わる遺伝子が活性化され、エストロゲンやその類似体であるレスベラトロールの投与により細胞死が誘導されます。これらのことから、抵抗性細胞は増殖と細胞死の相反する性質が活性化されていることになりますが、そのしくみは不明でした。そこで本研究者らは、細胞核内のゲノムの立体構造に着目しました。

詳細

最近の論文

more

部門紹介

物理部

ただいま休部中です


生化学部

ただいま休部中です


化学療法部

安全でより有効な、抗がん剤、治療法を開発します。

分子標的病理プロジェクト

私たちは,がんの治療に直結した病理学,すなわち「治療病理学」の創成を志向しています。

がんゲノム研究部

がんゲノム研究部では、個別化がん医療の研究や、がん患者の遺伝学的体質診断のための研究を進めています。

蛋白創製研究部

蛋白創製研究部では人工タンパク質を用いた革新的ながん診断・治療手法を開発しています。

遺伝子診断研究部

遺伝子診断研究部では、乳がん発生の分子メカニズムの解明とその情報を利用した個別化診断を目指します。

発がん研究部

発がん研究部では血液腫瘍や骨軟部腫瘍の分子機構を解明し、がんの診断や治療へつなげます。

がんエピゲノムプロジェクト

私たちは、がんに生じているエピゲノム変化の全貌とその詳細な分子機構を解明することを目指しています。

細胞老化プロジェクト

私たちは、「老化」という生命現象の理解と、がんをはじめとする加齢性疾患の制御を目指して、細胞老化の研究に取り組んでいます。

がん生物部

がん生物部ではクロマチンと細胞核構造によるエピジェネティック制御を明らかにし、がんの診断・治療の開発に貢献します。

実験病理部

実験病理部では、染色体不安定性の発生メカニズムに焦点をあて、 がん細胞病態の理解を目指します。

細胞生物部

細胞生物部では、個体レベルでの発がん研究を通して、新たながん予防法や治療法の開発を行なっています。

病理部

病理部はではがんの診断と予防に関する研究を特に個別化医療の実現に焦点をあてて進めています。