部門紹介

印刷

研究者紹介

藤田直也

所属

藤田直也

がん化学療法センター, 所長室 所長
がん化学療法センター, 臨床部 部長(代行)

連絡先

〒135-8550 江東区有明3-8-31
Tel:03-3570-0481
Fax:03-3570-0484
Mail:naoya.fujita@ jfcr.or.jp

経歴

兵庫県生まれ
1990年 3月 東京大学薬学部生命薬学専攻卒業
1994年 4月 日本学術振興会特別研究員(DC2)
1995年 3月 東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了 薬学博士
1995年 4月 東京大学分子細胞生物学研究所 助手
2004年 8月 東京大学分子細胞生物学研究所 助教授
                  (主務:東京大学大学院医学系研究科担当)
2004年10月 東京大学大学院薬学系研究科 助教授(兼担)
2005年 4月 東京大学大学院新領域創成科学研究科 助教授(兼担)
2006年 7月 (財)癌研究会 癌化学療法センター基礎研究部 部長
2013年 4月 (公財)がん研究会 がん化学療法センター 副所長
2015年 1月 (公財)がん研究会 がん化学療法センター 所長

研究分野

・がん化学療法学
・分子生物学

所属学会・研究会

・日本癌学会 理事、広報委員長
・日本がん分子標的治療学会 理事
・日本がん転移学会 評議員
・がん研究会−国際がん化学療法シンポジウム(JFCR-ISCC)代表
・抗悪性腫瘍薬開発フォーラム 幹事
・名古屋国際癌治療シンポジウム Executive Advisor
・日本薬学会
・アメリカ癌学会
・日本臨床腫瘍学会
・日本癌治療学会
・Cancer Science誌 Associate Editor
・Scientific Reports誌  Editorial Board Member

公職など
・日本学術会議 連携会員
文科省 新学術領域研究 領域代表者(2017年〜)
・日本学術振興会 専門委員
・医薬品医療機器総合機構(PMDA) 専門委員

受賞

1997年度 第1回がん転移研究会(現在の日本がん転移学会)研究奨励賞
2002年度 第6回がん分子標的治療研究会(現在の日本がん分子標的治療学会)研究奨励賞
2003年度 第62回日本癌学会奨励賞
2014年度 日本がん分子標的治療学会 鶴尾隆 賞
2016年度 公益財団法人がん研究会 学術賞

研究テーマ

がん転移関連分子の研究
一般に、高転移性がん細胞は高い血小板凝集誘導活性をもつことが知られています。こうした血小板凝集は、血行性転移における腫瘍塊の形成・腫瘍塞栓の形成に関与するとされています。われわれは高転移細胞膜表面上に発現している新規血小板凝集因子の同定に成功し、その血小板凝集誘導活性からAggrusと命名しました。Aggrusは、約40 kDaのシアル酸を含む糖タンパク質であり、リンパ管内皮細胞のマーカー分子として知られるpodoplaninと同一分子です。Aggrusの発現は、セミノーマや肺扁平上皮がんなどのヒト腫瘍で亢進しており、今後のがん転移治療法開発の際の分子標的として有望な分子であると考え、中和抗体ならびに阻害剤の創製を進めています。現在この研究は、医薬基盤研のプロジェクトとして採用されています。また最近では、in vivoスクリーニングにより、新たながん転移促進分子Merm-1を同定しており、この分子の機能解析や阻害剤探索研究を行っています。

がん幹細胞における抗がん剤耐性機構の研究
がんの化学療法において、「再発」という問題が、化学療法によるがんの完治を困難なものにしています。この再発は、腫瘍中に少数存在するとされる一部のがん細胞(幹細胞様がん細胞:がん幹細胞またはCancer Stem Cellと呼ばれています)に、P-gpなどの多剤耐性因子が高発現しているためと考えられています。がん幹細胞の性状解析を行うことで、がん幹細胞をも標的とした再発のないより効果的ながん治療法が開発できると考えています。がん幹細胞が幹細胞様性質を維持する分子機構、またがん幹細胞特異的マーカーの同定、がん幹細胞の分化・細胞死を誘導できるターゲット分子の同定を目標に研究を進めています。

最近の原著論文
1. Cryo-EM structures reveal distinct mechanisms of inhibition of the human multidrug transporter ABCB1. Kamil Nosol, Ksenija Romane, Rossitza N. Irobalieva, Amer Alam, Julia Kowal, Naoya Fujita, Kaspar P. Locher*.
Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 117(42): 26245-26253, 2020.
2. Efficacy of EGFR tyrosine kinase inhibitors in patients having EGFR-activating mutations with or without BIM polymorphisms. Ryo Ariyasu, Noriko Yanagitani, Kenichi Tadokoro, Toshikazu Yamaguchi, Ken Uchibori, Satoru Kitazono, Naoya Fujita, Ryohei Katayama*, Makoto Nishio*.
Cancer Chemother. Pharmacol., 86: 517-525, 2020.
3. Overcoming resistance by ALK compound mutation (I1171S + G1269A) after sequential treatment of multiple ALK inhibitors in non-small cell lung cancer. Ken Takahashi, Yosuke Seto, Koutaroh Okada, Shinya Uematsu, Ken Uchibori, Mika Tsukahara, Tomoko Oh-hara, Naoya Fujita, Noriko Yanagitani, Makoto Nishio, Kenichi Okubo, Ryohei Katayama*.
Thoracic Cancer, 11: 581-587, 2020.
4. Drug resistance mechanisms in Japanese anaplastic lymphoma kinase-positive non-small cell lung cancer and the clinical responses based on the resistant mechanisms. Noriko Yanagitani, Ken Uchibori, Sumie Koike, Mika Tsukahara, Satoru Kitazono, Takahiro Yoshizawa, Atsushi Horiike, Fumiyoshi Ohyanagi, Yuichi Tambo, Shingo Nishikawa, Naoya Fujita, Ryohei Katayama*, Makoto Nishio*.
Cancer Science, 111: 932-939, 2020.
5. The new-generation selective ROS1/NTRK Inhibitor DS-6051b overcomes crizotinib resistant ROS1-G2032R mutation in preclinical models. Ryohei Katayama*, Bo Gong, Noriko Togashi, Masaya Miyamoto, Masaki Kiga, Shiho Iwasaki, Yasuki Kamai, Yuichi Tominaga, Yasuyuki Takeda, Yoshiko Kagoshima, Yuki Shimizu, Yosuke Seto, Tomoko Oh-hara, Sumie Koike, Naoki Nakao, Hiroyuki Hanzawa, Kengo Watanabe, Satoshi Yoda, Noriko Yanagitani, Aaron N. Hata, Alice T. Shaw, Makoto Nishio, Naoya Fujita, Takeshi Isoyama*.
Nature Commun., 10(1): 3604, 2019.
6. Secreted PD-L1 variants mediate resistance to PD-L1 blockade therapy in non-small cell lung cancer. Bo Gong, Kazuma Kiyotani, Seiji Sakata, Seiji Nagano, Shun Kumehara, Satoko Baba, Benjamin Besse, Noriko Yanagitani, Luc Friboulet, Makoto Nishio, Kengo Takeuchi, Hiroshi Kawamoto, Naoya Fujita, Ryohei Katayama*.
J. Exp. Med., 216(4): 982-1000, 2019.
7. Prediction of ALK mutations mediating ALK-TKIs resistance and drug re-purposing to overcome the resistance. Koutaroh Okada†, Mitsugu Araki†, Takuya Sakashita, Biao Ma, Ryo Kanada, Noriko Yanagitani, Atsushi Horiike, Sumie Koike, Tomoko Oh-hara, Kana Watanabe, Keiichi Tamai, Makoto Maemondo, Makoto Nishio, Takeshi Ishikawa, Yasushi Okuno, Naoya Fujita, Ryohei Katayama*.
EBioMedicine, 41: 105-119, 2019.
8. A safety study of newly generated anti-podoplanin-neutralizing antibody in cynomolgus monkey (Macaca fascicularis). Takao Ukaji, Ai Takemoto, Kengo Takeuchi, Ryohei Katayama, Naoya Fujita*.
Oncotarget, 9(70): 33322-33336, 2018.
9. 3D culture system containing gellan gum restores oncogene dependence in ROS1 rearrangements non-small cell lung cancer. Bo Gong, Tomoko Oh-hara, Naoya Fujita, Ryohei Katayama*.
Biochem. Biophys. Res. Commun., 501: 527-533, 2018.
10.Identification of mutation accumulation as resistance mechanism emerging in first-line osimertinib treatment. Ken Uchibori, Naohiko Inase, Makoto Nishio, Naoya Fujita, Ryohei Katayama*.
J. Thoracic Oncology, 13: 915-925, 2018.
11. Platelet-activating factor podoplanin: from discovery to drug development. Ai Takemoto, Kenichi Miyata, Naoya Fujita*.
Cancer Metastasis Reviews, 36: 225-234, 2017.
12. A critical role of platelet TGF-β release in podoplanin-mediated tumour invasion and metastasis. Ai Takemoto, Mina Okitaka, Satoshi Takagi, Miho Takami, Shigeo Sato, Makoto Nishio, Sakae Okumura, Naoya Fujita*.
Sci. Reports, 7: 42186, 2017.
13. APC mutations as a potential biomarker for sensitivity to tankyrase inhibitors in colorectal cancer. Noritaka Tanaka, Tetsuo Mashima, Anna Mizutani, Ayana Sato, Aki Aoyama, Bo Gong, Haruka Yoshida, Yukiko Muramatsu, Kento Nakata, Masaaki Matsuura, Ryohei Katayama, Satoshi Nagayama, Naoya Fujita, Yoshikazu Sugimoto, Hiroyuki Seimiya*.
Mol. Cancer Ther., 16(4): 752-762, 2017.
14. Podoplanin promotes progression of malignant pleural mesothelioma by regulating motility and focus formation. Shinji Takeuchi, Koji Fukuda, Tadaaki Yamada, Shoko Arai, Satoshi Takagi, Gen-ichiro Ishii, Atsushi Ochiai, Shotaro Iwakiri, Kazumi Itoi, Hisanori Uehara, Hiroshi Nishihara, Naoya Fujita, Seiji Yano*.
Cancer Sci., 108(4): 696-703, 2017.
15. Brigatinib combined with anti-EGFR antibody overcomes osimertinib resistance in EGFR-mutated non-small-cell lung cancer. Ken Uchibori, Naohiko Inase, Mitsugu Araki, Mayumi Kamada, Shigeo Sato, Yasushi Okuno, Naoya Fujita, Ryohei Katayama*.
Nature Commun., 8: 14768, 2017.
16. Podoplanin enhances lung cancer cell growth in vivo via inducing platelet aggregation. Kenichi Miyata, Ai Takemoto, Sakae Okumura, Makoto Nishio, Naoya Fujita*.
Sci. Reports, 7: 4059, 2017.
17. TKI-addicted ROS1-rearranged cells are destined to survival or death by the intensity of ROS1 kinase activity. Hayato Ogura, Yuka Nagatake-Kobayashi, Jun Adachi, Takeshi Tomonaga, Naoya Fujita, Ryohei Katayama*.
Sci. Reports, 7: 5519, 2017.
18. Mechanisms of resistance to NTRK inhibitors and therapeutic strategies in NTRK1-rearranged cancers. Miho Jane Fuse, Koutaroh Okada, Tomoko Oh-hara, Hayato Ogura, Naoya Fujita, Ryohei Katayama*.
Mol. Cancer Ther., 16(10): 2130-2143, 2017.

このページのTOPへ