部門紹介

印刷

研究者紹介

立和名博昭

所属

立和名博昭

がん研究所, がん生物部 研究員

経歴

2004年  3月 早稲田大学 理工学部 電気電子情報工学科 卒業
2009年  3月 早稲田大学大学院 理工学研究科 電気・情報生命専攻 修了 博士(理学)
2009年  4月 ー 2010年9月 早稲田大学 理工学研究所 助手
2010年10月 ー 2012年5月 早稲田大学 理工学術院 次席研究員(研究院助教)
2012年  6月 ー 2014年5月 キュリー研究所(フランス、パリ) 日本学術振興会 海外特別研究員
2014年  6月 ー 2014年9月 キュリー研究所(フランス、パリ) 博士研究員
2014年  9月 ー 2017年3月 早稲田大学 理工学術院 次席研究員(研究院講師)
2017年  4月 ー 現在 公益財団法人がん研究会がん研究所 がん生物部 研究員

受賞

2009年 日本生化学会優秀プレゼンテーション賞、第82回日本生化学会大会
2011年 鈴木紘一メモリアル賞、第84回日本生化学会大会
2012年 第28回井上研究奨励賞、井上科学振興財団
2015年 早稲田リサーチアワード、早稲田大学

研究テーマ

1. HJURP involvement in de novo CenH3(CENP-A) and CENP-C recruitment.
Tachiwana H, Müller S, Blümer J, Klare K, Musacchio A, Almouzni G.
Cell Reports 2015, 11, 22-32.

2. Mislocalization of the centromeric histone variant CenH3/CENP-A in human cells depends on the chaperone DAXX.
Lacoste N, Woolfe A, Tachiwana H, Garea AV, Barth T, Cantaloube S, Kurumizaka H, Imhof A, Almouzni G.
Molecular Cell 2014, 53, 631-644.

3. Nap1 regulates proper CENP-B binding to nucleosomes.
Tachiwana H, Miya Y, Shono N, Ohzeki J, Osakabe A, Otake K, Larionov V, Earnshaw WC, Kimura H, Masumoto H, Kurumizaka H.
Nucleic Acids Research 2013, 41, 2869-2880.

4. Crystal structure of the human centromeric nucleosome containing CENP-A.
Tachiwana H, Kagawa W, Shiga T, Osakabe A, Miya Y, Saito K, Hayashi-Takanaka Y, Oda T, Sato M, Park SY, Kimura H, Kurumizaka H.
Nature 2011, 476, 232-235.

5. Structural basis of instability of the nucleosome containing a testis-specific histone variant, human H3T.
Tachiwana H, Kagawa W, Osakabe A, Kawaguchi K, Shiga T, Hayashi-Takanaka Y, Kimura H, Kurumizaka H.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 2010,107, 10454-10459.

6. HIV-1 Vpr induces DNA double-strand breaks.
Tachiwana H, Shimura M, Nakai-Murakami C, Tokunaga K, Takizawa Y, Sata T, Kurumizaka H, Ishizaka Y.
Cancer Research 2006, 66, 627-631.

このページのTOPへ