新着情報

印刷

新着情報

2019年 | 2018年 | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年

最新の情報

2019年8月29日 【がん研セミナー(9月25日)のお知らせ「CD4+ T cells and the prevention of cancer relapse after personalized immunotherapy」Professor Hans Schreiber (Department of Pathology, The University of Chicago)】
2019年8月15日 【第58回がん研先端研究セミナーのお知らせ「姉妹染色分体での非メチル化ヒストンH4Lys20のDNA二重鎖切断修復における役割と損傷複製フォークのプロテオーム解析」中村 恭介 博士(Anja Groth group, University of Copenhagen)】
2019年8月29日 【がん研セミナー(10月4日)のお知らせ「スプライシング変異による白血病発症機構と標的治療」吉見 昭秀 博士( Senior Research Scientist, Human Oncology and Pathogenesis Program, Memorial Sloan Kettering Cancer Center, USA)】
2019年9月13日 【がん研セミナー(10月17日)のお知らせ「Potent anti-tumor effects of IL-7/CCL19-producing CAR-T cells against solid tumors」玉田 耕治 博士(山口大学 大学院医学系研究科 免疫学講座・教授)】
2019年9月11日 第17回がん研先端技術セミナー(10月30日)のお知らせ「Caged hapten proximity assay enables detection of oncogenic signaling-associated complexes in the clinical pathology laboratory 」Brian Kelly, PhD (Roche Tissue Diagnostics)】
2019年8月22日 【ニュースリリース】ゲノムDNAの立体構造から見えた乳がん細胞の弱点 - 再発乳がんの治療に新たな道 -
2019年8月9日 【ニュースリリース】ROS1融合遺伝子陽性肺がんに対する新薬候補化合物DS-6051bの共同研究成果 〜今後予想されるクリゾチニブ耐性の克服に向けて〜
2019年9月10日 【がん研セミナー (11月1日) のお知らせ 演題:Mutation-specific T cell therapies that prevent cancer relapse 演者:Professor Matthias Leisegang, Ph.D.(Institute of Immunology, Charité - Universitätsmedizin Berlin)】
2019年9月10日 【がん研セミナー(12月2日)のお知らせ「Consequences of aneuploidy in human cells – modeling monosomy and trisomy」Zuzana Storchová (Department of Molecular Genetics Technische Universität Kaiserslautern, Germany)】
2019年9月2日 【がん研セミナー(12月9日)のお知らせ「Revolutionizing the discovery processes of therapeutically worthy peptides」菅 裕明 博士(東京大学大学院理学系研究科化学専攻生物有機化学研究室・教授)】

このページのTOPへ