スタッフ募集

印刷

  • HOME
  • ポスドク・テクニシャンの募集

ポスドク・テクニシャンの募集

最終更新日 : 2020年2月6日

特任研究員 公募  がん研究会・がん化学療法センター・分子生物治療研究部

公益財団法人がん研究会 がん化学療法センター分子生物治療研究部では、特任研究員(ポスドク)を募集しています。

公益財団法人がん研究会がん化学療法センター分子生物治療研究部は、染色体末端テロメアの基礎研究を基軸に、核酸の特殊形態やタンパク質の翻訳後修飾を標的とした新たな創薬シーズの創出を目指しています。本研究の推進のため、特任研究員(ポスドク)若干名を募集致します

【採用予定日】 採用決定後できるだけ早い時期(応相談)
【契約期間】 年度単位の契約で、評価のうえ更新も有
【勤務地】  公益財団法人がん研究会がん化学療法センター分子生物治療研究部
〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31 (臨海副都心)
【勤務内容】  核酸の特殊形態であるグアニン四重鎖(G-quadruplex)もしくはタンキラーゼ(tankyrase)と呼ばれるポリ(ADP-リボシル)化酵素を標的としたがん創薬開発研究(AMED研究開発事業)およびそのバックアップ基礎研究に取り組んでいただく予定です。研究内容の詳細については、以下のURLをご覧下さい。
http://www.jfcr.or.jp/chemotherapy/department/molecular_biotherapy/index.html
【応募資格】 自然科学系(医歯薬理学系など)の博士号取得者(2020年3月学位取得見込みの方も可)で、筆頭著者として過去5年以内に1本以上の原著論文(査読あり, in pressを含む)を有する方。培養細胞を用いた細胞生物学・生化学の実験に習熟し、動物実験(マウス)の基本的な手技(飼育、薬剤投与、採材等)の経験がある方。がん研究に興味を持ち、意欲的かつ自発的に研究を進めることができる方を募集致します。
【勤務形態】 常勤(任期有)
【勤務時間】  裁量労働制
【休日】 四週八休制、祝・祭日、年末年始、年次有給休暇、創立記念日指定休日
【給与】 当会規定による。交通費支給(上限有)。各種社会保障完備。
【応募方法】 以下の必要書類5点を2020年3月2日(必着)までに、下記宛先に書留などの送付記録が残る形で郵送願います。メール添付書類での提出は受け付け致しませんが、応募前のお問い合わせ・事前相談等は電子メール可です。
  1. “自筆の”履歴書[写真(応募3ヶ月以内に撮影のもの)を貼付、氏名、生年月日、住所、連絡先電話番号、メールアドレス、学歴、職歴、なお、書式自由ですが、志望動機を明記願います]
  2. 研究業績リスト[書式自由:原著論文(in pressを含む)、総説(英文・和文)、書籍等)、なお、主要論文最大3編の別刷り(コピー可)を添付して下さい]
  3. 博士号取得あるいは取得見込みを証明する公的書類
  4. これまでの主な研究成果と抱負、自己PRなど(A4版1〜2枚)。
  5. 応募者の照会が可能な方2名の氏名と連絡先の情報(応募の段階では推薦書は必須ではありませんが、書類選考で選ばれた後には推薦状の提出をお願いする可能性があります)
【応募締切日】  2020年3月2日
【書類送付先】 〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31
がん研究会がん化学療法センター分子生物治療研究部 清宮啓之 宛
封筒表に「応募書類在中」と朱書きして下さい。
【選考方法】 がん研究会の選考委員会により書類選考し、これを通過された方はがん研究会にて面接を兼ねた研究セミナーを行っていただきます。2020年3月10日までに書類選考を実施、面接を経て3月27日までに採否を決定致します。

※書類選考を通過された方は面接を行います。面接日時は追ってご連絡致しますので、連絡先のメールアドレスを必ず明記して下さい。

※書類選考の上、面接・セミナーを行っていただく場合にはその旨ご連絡し、日時を調整させて頂きます。

※応募の秘密は厳守致します。応募書類は厳重に管理し、選考のみに使用致しますが、返却は致しませんのでご了承下さい。

※質問等ございましたら、下記まで遠慮なくお問い合わせください。

(お問い合わせ先)
公益財団法人がん研究会がん化学療法センター
分子生物治療研究部 清宮啓之
E-mail: hseimiya@ (@以下に jfcr.or.jp をつけて下さい)

このページのTOPへ