印刷

病院紹介
病院紹介

公開グランドカンファランス

公開グランドカンファランス

最終更新日 : 2019年6月14日

グランドカンファランスとは?

当院では、コメディカルも含めたMDT(multi-disciplinary team)meetingとして、毎月1回(原則第4火曜日18:00〜19:30)グランドカンファランスを行っています。
診断−病理所見−治療−病理所見−結果(予後)といった全体の流れを重視し、各診療科が輪番で症例を選択しています。
また、毎回会終了後にアンケートを実施し、出席者満足度などを調査し、常に改善を図っています。

近隣の医師会および外部施設の方にもご参加いただき、がん研有明病院の診療を第三者から評価してもらい、さらに連携を深める機会とさせていただきたいと考えております。
ぜひご参加ください(事前申込みは必要ありません)。

第153回がん研グランドカンファランス

担当 病理部
演題 術前化学療法後、転移性肝癌に対する肝切除術が施行され、術後、肝不全をきたした70代男性症例(CPC、肝胆膵外科)
場所 吉田富三記念講堂
日時 2019年6月25日(火曜日)18時00分から19時00分

学びのポイント

  1. 術前化学療法が背景肝に与える影響と肝機能評価
  2. 非腫瘍性の肝臓病理
  3. 解剖所見に基づいた終末期の病態の考察

吉田記念講堂 地図

このページのTOPへ