サポート・ご相談

地域連携室

地域連携室

最終更新日 : 2021年9月1日
片岡明美
地域連携室長
サバイバーシップ支援室長
乳腺外科医長

当院はがん診療連携拠点病院として都内だけでなくひろく全国各地からも患者さんが通院/入院されています。

がん検診で精密検査が必要なった方や、地元の医療機関からの紹介状をお持ちの患者さんをスムーズにお受入れすること、そして当院で治療を受けられた患者さんが、お住まいの地域で安心して療養できるように地域医療機関との連携や在宅療養支援を行っています。

二人に一人ががんにかかる時代、がん医療でも「地域医療連携」をキーワードにがん治療専門施設と地域医療機関が協力してがん患者さんの健康のトータルサポートが求められています。個別化・複雑化した専門的ながん医療を継続しながら、同時に患者さんの生活や人生を考えるサバイバーシップへの配慮も重要です。当院では、脳・心血管系の併存疾患を有するがん患者さんやAYA(思春期・若年成人)世代の妊孕性温存や生殖補助医療においても専門施設との連携を取りながら適切ながん診療を提供しております。

私たちが地域関係機関等と当院をつなぐ窓口となり、オンラインなどの活用で連携ネットワークがより一層機能するものとなるよう工夫をしながら、患者さんが受診・入院から退院後の生活まで継続性のある質の高い医療 ・ 福祉サービスを受けていただけるよう取り組んでまいります。

患者様・ご家族様へ

地域連携室では、患者さん・ご家族が、安心して生活ができるよう支援しています。
地域の福祉サービス・医療機関等の相談・調整を看護師、医療ソーシャルワーカーが、直接お会いしてご相談をお受けします。

地域連携室のご案内

<主な支援内容>

<相談の受付方法>

医師または看護師に希望をお知らせください。
医師または看護師が、地域連携室の面談予約を行います。

介護・医療関係者の皆さまへ

地域連携室では積極的に地域の方々と情報共有を行い、患者さんやご家族が速やかに安心した療養ができるよう支援しています。
当院の患者さんの件でご相談がありましたら、お気軽にお問合せください。
地域の方々のお力添えをいただきながら、チームサポートを目指しております。

<主な支援内容>

・退院前カンファレンスの実施(対面カンファレンス・オンラインカンファレンス)
・訪問看護指示書・看護サマリー・リハビリサマリー等の書類作成受付 
・ケアマネジャーとの連携、入院時情報連携シートの情報共有 
ケアマネジャーさんはいませんか?PDF) など

セミナー等のご案内

日頃より連携させていただいている各種医療機関及び関係施設の方々に対しまして、がん研有明病院をより広く・深く知っていただくために各診療科が中心となり各種セミナーを開催しております。これらの案内や連携に関する様々な通信物につきまして地域連携室よりお送りしておりますので、宜しくお願い致します。

  • 市民公開講座
  • 医療と介護の連携の会等

介護・医療関係からの問い合わせ 

TEL:03-3520-0111(代表)地域連携室あて
FAX:03-3570-0340(直通)
メールアドレス:ganken-chiikirenkei@jfcr.or.jp(退院前カンファレンス専用アドレス)
対応時間:月曜日〜金曜日 9:30〜17:00

地域連携室 院内図

このページのTOPへ