がんに関する情報

骨転移

最終更新日 : 2015年5月1日
外来担当医師一覧

骨移転についての知識

骨転移はどのように生じるのか

骨は非常に硬い組織です。その骨の組織を破壊するためにがん細胞は正常骨に存在する破骨細胞の力を借りています。我々のグループでも、骨転移の切除標本を用いて破骨細胞の染色を行いましたが、がん細胞と正常の骨の間に破骨細胞(赤く染まった大きな細胞)が数多くあることが分かりました。

骨転移の切除標本

以前から、パラサイロイドホルモン関連タンパク(PTHrP)の骨転移への関与が示唆されていましたが、現在ではもう少し詳しく判明しています。骨転移したがん細胞は、PTHrPを出します。このPTHrPに刺激され骨芽細胞にRANKLという物質が発現されます。次に、前破骨細胞にRANKLに結合する RANKが発現されることにより、前破骨細胞は成熟を促進され破骨細胞に分化し、破骨細胞の数が増します。破骨細胞が骨を溶かすことにより骨の中に豊富な TGF-βやIGFなどの物質が骨から溶け出してがん細胞を刺激します。この様な悪性のサイクルが骨転移巣で生じていると考えられています。最近では、より多くのサイトカイン等がこの悪性サイクルへの関与が報告されています。

図:骨転移

このページのTOPへ

骨転移の診断の意義

骨転移は、以前はあまり有効な治療方法がありませんでしたので、あまり注目されていませんでした。米国の学会(ASCO)では、乳がんにおいて骨転移を見つけるための検査を、スクリーニングに用いることは推奨できないとの見解が1997年に出されています。しかし、その後前述の骨転移に対する治療法の進歩や抗がん剤やホルモン剤の進歩により、骨転移に対しても「早期診断、早期治療」の原則が成立するのではないかと考えています。我々の施設でも、乳がんの骨転移患者さんで、骨転移の転移個数の少ない患者さんの方が、多い患者さんよりも、予後が良好であることを確認しています。

図:単発性骨転移と多発性骨転移の予後の違い

また、スクリーニングの骨シンチグラフィで、痛みのない時点で骨転移が見つかった場合(我々の成績では、半数以上の乳がん骨転移の方に痛みがない時点で診断されます)、痛みが出てから骨転移と診断された方より、骨転移による合併症が少なく、また、生命予後も改善されます。少なくとも乳がん手術後に早期に骨転移を診断することには臨床的意義があると考えています。

このページのTOPへ

骨シンチグラフィ診断方法

従来、骨シンチグラフィは、感度は高い(検出はよく出来る)が、特異度があまり高くない(異常がどのような原因で生じているのか分からない)検査と言われています。我々の施設では、パターン認識の要素を診断時に加味することにより成績が向上しています。その一端を紹介します。骨への転移と良性の変化を鑑別するポイントは、下記などです。

また、最近は、骨シンチのコンピューターソフトを利用した自動診断法の研究も行っています。

なお、骨転移は、溶骨を主体としたもの、造骨を主体としたもの、その混合型という分類がありましたが、以前からその存在は、想定されていましたが、臨床上見つけにくい形の骨転移;骨変化のない 骨梁間型(骨髄転移)が、FDG-PETで良く発見されるようになりました。 この形の骨転移は、MRIもしくはFDG−PETでは見えますが、CTや骨シンチでは多くは、偽陰性を示すとされています。

  1. 骨転移は骨髄で増殖するため骨の長軸に沿った形で拡がりやすい。一方、外傷は骨の長軸に垂直に現れやすい。
  2. 骨転移は骨の中に生じる。変性は関節面に生じる。

  3. 骨転移は病変の中央部が腫瘍に置き換わっていることが多いために中央部が欠損になり周囲に集積増加を認めることが多く、ドーナッツ型になります。他の原因によるものは、中央部の集積が高いことが多くあります。但し、前立腺がんによる骨転移など造骨型の骨転移は例外です。
  4. 骨転移は、左右非対称であることが多い。
  5. 骨転移の分布は、赤色骨髄の分布もしくはバトソン静脈叢の分布と一致することが多い。すなわち、体幹部および四肢の近位部に多い。
  6. 多発性であることが多い。

詳細については、小泉 満 著「全身骨転移を探る-骨シンチグラフィ-」 にまとめています。

このページのTOPへ

骨転移に対する治療法

骨転移の治療法は、近年劇的に変化を遂げています。骨転移増悪の機序を上に挙げましたが、このサイクルに対する標的治療が挙げられます。まず、第一に挙げられるものは破骨細胞に選択的にアポトーシスを生じることによる治療法としてビスフォスフォネート(BP)が挙げられます。BPを投与することにより、骨転移による合併症が明らかに減少することが大規模臨床試験により確認されています。骨転移の診断が付けば、第一選択薬として用いられています。また、RANKLとRANKの部分に対してはRANKL抗体やRANKLの拮抗剤(OPG)など、TGF-βに対しては、拮抗剤などの中で、RANKL抗体の有用性が確認され、現在では、BPとともに、骨転移患者さんに広く用いられています。

また、少し機序は異なりますが骨転移巣への局所放射線療法があります。骨シンチグラフィは、BPにガンマ線を出す核種を標識したものですが、骨シンチグラフィの画像を見ると骨転移の部分に非常に大量のBPが集積している場合があります。ガンマ線をベータ線に替えることにより、悪い所だけに対する放射線療法が出来ます。ストロンチウム-89を骨転移患者さん(この場合、骨シンチグラフィで転移の部分にたくさんの放射能があることを確認した後)に投与することで、骨転移に対する特異的な治療が可能です。核医学部でも、放射線治療部と協同で治療を行っています。また、さらに、骨転移の治療にα線核種も使用されるようになってきました。欧米では、臨床使用可能ですが、本邦では、現在臨床試験中です。

このページのTOPへ

骨転移関連文献

  1. Koizumi M, Yamada Y, Takiguchi T, Nomura E, Furukawa M, Kitahara T, Yamashita T, Maeda H, Takahashi S, Aiba K, Ogata E: Bone metabolic markers in bone metastases. J. Cancer Res. and Clin. Oncol. 121: 542-548, 1995.
  2. Koizumi M, Ogata E: The bisphosphonate effect on bone scintigraphy. J. Nucl. Med. 37: 401, 1996.
  3. Koizumi M, Sekine H, Aoki M, Hayashi S, Yamashita T, Oyamada H, Ogata E: Efficacy of YM-175, a new bisphosphonate, in the treatment of metastatic bone tumor from breast cancer and its effect on scintigraphy.Int. J. Clin. Oncol. 1: 18-22, 1996.
  4. Koizumi M, Aruga A, Yamada K : Primary lymphoma of the breast detected by gallium-67 scintigraphy. Clin. Nucl. Med. 21: 873-876, 1996.
  5. Maeda H, Koizumi M, Yoshimura K, Yamauchi T, Kawai T, Ogata E: Correlation between bone metabolic markers and bone scan in prostatic cancer. J. Urol. 157: 539-543, 1997.
  6. Koizumi M, Maeda H, Yoshimura K, Yamauchi T, Kawai T, Ogata E : Dissociation of bone formation markers in bone metastasis of prostate cancer. Br. J. Cancer 75: 1601-1604, 1997.
  7. Aruga A,Koizumi M,Hotta R, Takahashi S,Ogata E:Usefulness of bone metabolic markers in the diagnosis and follow up of bone metastasis from lung cancer.Br. J. Cancer 76: 760-764, 1997.
  8. Hiraga T, Tanaka S, Ikegami M, Koizumi M, Iguchi H, Nakajima T, Ozawa H: Morphology of bone metastasis. European J Cancer 34:230-239, 1998.
  9. Koizumi M, Matsumoto S: Distinctive patterns of super-scan in bone metastasis and hyperthyroidism. Clin. Nucl. Med. 23:391-392, 1998.
  10. Koizumi M: Usefulness of bone metabolic markers in the diagnosis and follow up of bone metastasis from lung cancer. Bone Depeche 4: 23-24, 1998.
  11. Koizumi M, Ogata E: Bone metabolic markers in metastatic bone tumor. Cancer J 11:137-140, 1998.
  12. Koizumi M, Matsumoto S, Takahashi S, T Yamashita, Ogata E: Bone metabolic markers are useful in the diagnosis of bone scan flare phenomenon in bone metastases from breast cancers. Clin. Nucl. Med. 24:15-20, 1999.
  13. Koizumi M, Takahashi S, Ogata E: Bone metabolic marker in bone metastasis of breast cancer. Int. J Clin Oncol 4:331-337, 1999.
  14. Koizumi M, Kobayashi M, Furukawa M, Yamashita T, Ogata E: The Bisphosphonate Incadronate for Bone Metastases of Breast Cancer. Int. J Clin Oncol5:241-246, 2000.
  15. Koizumi M, Suzuki T, Takahashi S, Ogata E: A transient splenic accumulation of Tc-99m HMDP caused by megaloblastic anemia. Clin. Nucl. Med. 25:1024-1027, 2000.
  16. Takahashi S, Yoshida N, Koizumi M, Horikoshi N, Ogata E: Biochemical markers of bone metabolism predicts prognosis in patients with bone metastasis of breast cancer. Breast Cancer Res Treat 64:97, 2000.
  17. Koizumi M, Yonese J, Fukui I, Ogata E: Serum PINP level is a sensitive marker of prostate cancer metastasis to bone. BJU International 87:348-351, 2001.
  18. Koizumi M, Yoshimoto M, Kasumi F, Ogata E. What breast cancer patients benefit from staging bone scintigraphy? Jpn J Clin Oncol 31: 263-269, 2001.
  19. Koizumi M, Takahashi S, Ogata E: Bone metabolic markers and metastatic bone tumors. Res. Adv. in Cancer 1:33-46, 2001.Book chapter
  20. Koizumi M, Yonese J, Fukui I, Ogata E: Metabolic gaps in bone formation might be a novel marker to monitor the osseous metastasis of prostate cancer. J. Urol. 167:1863-1866, 2002.Selected for This Month in Investigative Urology.
  21. Kosuda S, Yoshimura I, Aizawa T, Koizumi K, Akakura K, Kuyama J, Ichihara K, Yonese J, Koizumi M, Nakashima J, Fujii H: Can prostate specific antigen actually eliminate bone scan in newly diagnosed prostate cancer patients? - Multicenter trial in Japan. Cancer, 94:964-972, 2002.
  22. Koizumi M, Ogata W: Bone Metabolic Markers as Gauges of Metastasis to Bone: A Review . Ann Nucl Med 16:161-168, 2002.
  23. Koizumi M, Takahashi S, Ogata E: Bone Metabolic Markers and Bisphosphonate Therapy for Skeletal Metastases in Patients with Breast Cancer. Breast Cancer 10:21-27, 2003.
  24. Koizumi M, Yoshimoto M, Kasumi F, and Ogata E: Differences between Solitary and Multiple Bone Metastases of Breast Cancer. Ann Oncol 14:1234-1240, 2003.
  25. Koizumi M, Takahashi S, Ogata E: Comparison of Serum Bone Resorption Markers in the diagnosis of Skeletal Metastasis. Anticancer Res 23: 4095-4100, 2003
  26. Leeming DJ, Koizumi M, Byrjalsen I, Li B, Qvist P, Tanko LB:The relative utility of eight collagenous and non-collagenous markers for diagnosis of skeletal metastases in breast, prostate, or lung cancer patients.Cancer Epidemiology, Biomarkers & Prevention. 15:32-38, 2006.
  27. Leeming DJ, Delling G, Koizumi M, Henriksen K, Karsdal MA, Li B, Qvist P, Tanko LB, Byrjalsen I: Alpha CTX as a biomarker of skeletal invasion of breast cancer: Immunolocalization and the load dependency of urinary excretion. Cancer Epidemiology, Biomarkers & Prevention. 15:1392-1395, 2006.
  28. Koyama M, Koizumi M: Two cases of diffuse osteoblastic metastasis from early gastric cancer. Clin Nucl Med. 32:545-547, 2007.
  29. Leeming DJ, Byrjalsen I, Qvist P, Koizumi M, Lynnerup N, Fregerslev M, Sørensen MG, Pedersen C , Christiansen C, Karsdal MK: Does Increased Local Bone Resorption Secondary to Breast and Prostate Cancer Result in Increased Cartilage Degradation?  BMC cancer. 8 article No 180, 2008
  30. Koizumi M, Yoshimoto M, Kasumi F, Iwase T: An open cohort study of bone metastasis incidence following surgery in breast cancer patients. BMC cancer 10 article No 381, 2010
  31. Koizumi M, Yoshimoto M, Kasumi F, Iwase T, Ogata E: Post-operative breast cancer patients diagnosed with skeletal metastasis without bone pain had fewer skeletal-related events and deaths than those with bone pain. BMC cancer 10 article No 423, 2010
  32. D.J. Leeming, M. Koizumi, P. Qvist, V. Barkholt, C. Zhang, K. Henriksen, I. Byrjalsen and M.A. Karsdal: Serum N-Terminal Propeptide of Collagen Type I is Associated with the Number of Bone Metastases in Breast and Prostate Cancer and Correlates to Other Bone Related Markers. Biomarkers in cancer 2: 1-9, 2010
  33. Koizumi M, Wagatsuma K, Miyaji N, Murata T, Miwa K, Takiguchi T, Makino T, Koyama M: Evaluation of a computer-assisted diagnosis system, BONENAVI version 2, for bone scintigraphy in cancer patients in a routine clinical setting. Ann Nucl Med 29:138-148, 2015.

「全身骨転移を探る-骨シンチグラフィ-」 遠藤啓吾 編、小泉 満 著
メデイカルチャー 2000. 3

外来担当医師一覧 外来担当医師一覧

このページのTOPへ