がんに関する情報

腎がん

最終更新日 : 2016年11月30日
外来担当医師一覧

がん研有明病院の腎がん診療の特徴

近年、画像診断の進歩と普及によって、より早期の段階で腎がんを診断することが可能になるにつれ、その診断治療も大きく変わりつつあります。小さな腎腫瘍においては、しばしば良性腫瘍とがんの鑑別が難しいことがあります。治療の基本は手術ですが、正常の腎臓組織を温存する腎部分切除術が広く行われるようになり、手術の低侵襲化が進む一方、より高い技術が求められるようになってきております。

当科では、放射線科医も交えたキャンサーボードにおいて、腎腫瘍の術前画像を詳細に検討し、診断を行っております。手術においては、より低侵襲な治療を目指して、ミニマム創内視鏡下手術、腹腔鏡手術を導入しております。

当科の特徴

ミニマム創内視鏡下腎部分切除術
腹腔鏡下腎摘出術

このページのTOPへ

腎がんについての知識

腎がんとは

腎臓の実質から発生したがんを腎がんといいます。腎臓の解剖、腎がんの統計、そして病因を説明します。

1.腎臓の解剖

腎臓は、尿を造る臓器です。その他に血圧の調節、ビタミンDの活性化、造血ホルモンの生成などにも関わっている臓器です。そら豆のような形をしておもさ130g、長径11〜2cmで、副腎と共に脂肪に包まれています。肋骨に上半分を守られるように、背中側に左右に1つずつあります。腎がんとは腎臓の中の尿細管の上皮細胞から発生すると考えられています。

腎臓の解剖図
腎臓の解剖図

2.腎がんの統計

10万人当たりの発生率は、男性で7人、女性で3人ぐらいです。環境因子によるとされていますが、年々増加しています。

40歳以上に発生しやすく、60歳台に最も多い腫瘍です。

3.腎がんの病因

病因としては、腎不全、喫煙、性ホルモン、高血圧、肥満の関与が指摘されています。また、常染色体優性遺伝であるvon Hipple-Lindau病と関連性が知られており、腎がんのうち最も多い組織型である明細胞がんでは3番染色体短腕の欠損がしばしば認められることが知られています。

明細胞がんの他には乳頭状がん、嫌色素性細胞がん、集合管がんなどの組織型があります。

このページのTOPへ

症状

早期では無症状、最近は人間ドックの腹部超音波検査や、他の病気で精査中に偶然発見される場合が増えてきています。古典的な症状は、血尿、疼痛、腹部腫瘤ですが、骨転移による病的骨折や、肺転移による咳や血痰などの転移による症状で見つかる患者さんも少なく有りません。

また進行にともない発熱、食欲不振、体重減少、貧血(時に多血症)、高カルシウム血症などの多彩な全身症状を伴うことも有ります。

このページのTOPへ

診断

1.腹部超音波検査

腫瘍の発見には有用です。無症状で早期の腎がんが人間ドックや健康診断などで指摘される症例が増えています。

2.胸腹部CT検査

造影剤を使用したCTでは、ほぼ質的な診断も可能です、同時に肺転移やリンパ節転移、静脈浸潤(腎がんは、静脈のなかに入りこみ腫瘍血栓をつくることが多い)等の有無を診断することができます。

腎がんのCT写真
腎がんのCT写真:
右腎の背側にあるのが腫瘍。
両腎にある黒い腫瘤は良性の嚢胞

3.血液検査

腎がんに特有の腫瘍マーカは有りません。転移性腎がんの場合には、カルシウム値、LDH、貧血の有無やCRP等の値である程度予後を予測することができます。

このページのTOPへ

病期診断

胸腹部CTにより、原発巣の進行度、静脈浸潤、リンパ節転移や好発転移部位である肺、骨、肝臓の転移の有無を調べます。骨転移には骨シンチグラフィーも行って検索します。肺に転移がある場合には脳のCTかMRIで脳転移の有無を調べます。腎がん取扱い規約による分類を表にします。

表1

腎がんの病期は、「腎癌取扱い規約 第4版 日本泌尿器科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会/編 2011年金原出版(株) 東京」によれば次のように分類されています。

T分類  原発腫瘍
Tx 原発腫瘍の評価が不可能
T0 原発腫瘍を認めない
T1 最大径が7.0cm以下で、腎に限局する腫瘍
 T1a 最大径が4.0cm以下で、腎に限局する腫瘍
 T1b 最大径が4.0cmを越えるが7.0cm以下で、腎に限局する腫瘍
T2 最大径が7.0cmを越え、腎に限局する腫瘍
 T2a 最大径が7.0cmを越えるが10cm以下
 T2b 最大径が10.0cmを越え、腎に限局する腫瘍
T3 腫瘍は主静脈内または腎周囲脂肪組織に浸潤するが、同側の副腎への進展はなくGerota筋膜を越えない
 T3a 腫瘍は腎静脈や腎周囲脂肪組織または腎洞脂肪組織に浸潤するが、Gerota筋膜を越えない
 T3b 腫瘍は横隔膜下までの下大静脈内に進展する
 T3c 腫瘍は横隔膜を越える下大静脈内に進展または大静脈壁に浸潤する
T4 腫瘍はGerota筋膜を越えて浸潤する。同側副腎への連続的浸潤も含む
N分類  所属リンパ節
Nx 所属リンパ節の評価が不可能
N0 所属リンパ節転移なし
N1 1個の所属リンパ節転移
N2 2個以上の所属リンパ節転移
M 遠隔転移
M0 遠隔転移なし
M1 遠隔転移あり

このページのTOPへ

業績紹介

論文報告

2012年
  1. Yasuda Y, Fujii Y, Yuasa T, Kitsukawa S, Urakami S, Yamamoto S, Yonese J, Takahashi S, Fukui I. Possible improvement of survival with use of zoledronic acid in patients with bone metastases from renal cell carcinoma. Int J Clin Oncol. 2012 Sep 11. [Epub ahead of print]
  2. Yasuda Y, Yuasa T, Yamamoto S, Urakami S, Ito M, Sukegawa G, Kitsukawa S, Fujii Y, Yonese J, Fukui I. Evaluation of the RENAL nephrometry scoring system in adopting nephron-sparing surgery for cT1 renal cancer Urologia Int(in press)
  3. Yasuda Y, Saito K, Yuasa T, Kitsukawa S, Urakami S, Yamamoto S, Yonese J, Takahashi S, Fukui I. Prognostic impact of pretreatment C-reactive protein for patients with metastatic renal cell carcinoma treated with tyrosine kinase inhibitors. Int J Clin Oncol.2012 Aug 11. [Epub ahead of print]
  4. Inamura K, Fujiwara M, Togashi Y, Nomura K, Mukai H, Fujii Y, Yamamoto S, Yonese J, Fukui I, Ishikawa Y. Diverse fusion patterns and heterogeneous clinicopathologic features of renal cell carcinoma with t(6;11) translocation. Am J Surg Pathol. 2012 Jan;36(1):35-42. doi: 10.1097/PAS.0b013e3182293ec3.
  5. Sugawara S, Togashi Y, Kuroda N, Sakata S, Hatano S, Asaka R, Yuasa T, Yonese J, Kitagawa M, Mano H, Ishikawa Y, Takeuchi K. Identification of ALK fusions in renal cancer: Large-scale immunohistochemical screening by intercalated antibody-enhanced polymer method. Cancer2012;118:4427-36.
  6. Yuasa T, Tsuchiya N, Horikawa Y, Narita S, Inoue T, Urakami S, Yamamoto S, Yonese J, Takahashi S, Hatake K, Fukui I. Habuchi T. Clinical Efficacy and Prognostic Factors for Overall Survival in Japanese Patients with Metastatic Renal Cell Cancer Treated with Sunitinib. BJU int.2012 May;109(9):1349-54.
  7. Yuasa T, Fujii Y, Takahashi S, Fukui I, Yonese J. Molecular targeted therapies for patients with metastatic renal cell cancer. Translational Med2012.
  8. Maita S, Yuasa T, Tsuchiya N, Mitobe M, Narita S, Horikawa Y, Hatake K, Fukui I, Kimura S, Maekawa T, Habuchi T. Antitumor effect of sunitinib against skeletal metastatic renal cell carcinoma through inhibition of osteoclast function. Int J Cancer2012;130:677-84.
2011年
  1. Tanaka H, Yoshida S, Fujii Y, Ishii C, Tanaka H, Koga F, Saito K, Masuda H, Kawakami S, Kihara K. Diffusion-weighted magnetic resonance imaging in the differentiation of angiomyolipoma with minimal fat from clear cell renal cell carcinoma. Int J Urol. 2011 Oct;18(10):727-30. 10.1111/j.1442-2042.2011.02824.x. Epub 2011 Aug 4.
  2. Yokoyama M, Fujii Y, Iimura Y, Saito K, Koga F, Masuda H, Kawakami S, Kihara K. Longitudinal change in renal function after radical nephrectomy in Japanese patients with renal cortical tumors. J Urol. 2011 Jun;185(6):2066-71.
  3. Komai Y, Fujii Y, Iimura Y, Tatokoro M, Saito K, Otsuka Y, Koga F, Arisawa C, Kawakami S, Okuno T, Tsujii T, Kageyama Y, Morimoto S, Toma T, Higashi Y, Fukui I, Kihara K. Young age as favorable prognostic factor for cancer-specific survival in localized renal cell carcinoma. Urology. 2011 Apr;77(4):842-7.
  4. Tatokoro M, Fujii Y, Kawakami S, Saito K, Koga F, Matsuoka Y, Iimura Y, Masuda H, Kihara K. Phase-II trial of combination treatment of interferon-α, cimetidine, cyclooxygenase-2 inhibitor and renin-angiotensin-system inhibitor (I-CCA therapy) for advanced renal cell carcinoma. Cancer Sci. 2011 Jan;102(1):137-43.
  5. Yuasa T, Takahashi S, Hatake K, Yonese J, Fukui I. Biomarkers to Predict Response to Sunitinib Therapy and Prognosis in Metastatic Renal Cell Cancer. Cancer Science 2011;102:1949-57.
  6. Yuasa T, Fujii Y, Takahashi S, Fukui I, Yonese J. Molecular targeted therapies for patients with metastatic renal cell cancer. Translational Med (in press).
  7. Yuasa T, Urakami S, Yamamoto S, Yonese J, Takahashi S, Hatake K, Fukui I. Treatment Outcome and Prognostic Factors of the Patients with Renal Cell Cancer Bone Metastasis. Clin Exp Metastasis 2011; 28: 405-11.
  8. Yuasa T, Urakami S, Yamamoto S, Yonese J, Nakano K, Kodaira M, Takahashi S, Hatake K, Inamura K, Ishikawa Y, Fukui I. Tumor Size is a Potential Predictor of the Response to Tyrosine Kinase Inhibitors in Renal Cell Cancer. Urology 2011; 77: 831-5.
  9. Numakura K, Tsuchiya N, Yuasa T, Saito M, Obara T, Tsuruta H, Narita S, Horikawa Y, Satoh S, Habuchi T. A case study of metastatic Xp11.2 translocation renal cell carcinoma effectively treated with sunitinib. Int J Clin Oncol 2011;16:577-80.
外来担当医師一覧 外来担当医師一覧

このページのTOPへ