がんに関する情報

印刷

胃粘膜下腫瘍(GIST)の新しい手術治療(LECS、TANKO)

胃の粘膜の下にできる腫瘍をまとめて、「胃粘膜下腫瘍」と呼びます。胃粘膜下腫瘍には、良性のものから、悪性のものまで様々な種類の腫瘍が含まれています。消化管間質腫瘍(Gastrointestinal stromal tumor:GIST)もその一つで、手術治療が薦められる病気です。

胃がんとは違い、リンパ節などに転移しにくいために、腫瘍の周囲だけを切除する局所切除術が主に行われています。

当院では、根治性(治すこと)と「患者さんに優しい治療」すなわち患者さんの身体への負担の軽減を最優先に考え、胃粘膜下腫瘍に対して腹腔鏡下手術を積極的に行っています。粘膜下腫瘍の場所や、大きさなどに合わせて、さらなる工夫を加えて、最適の方法で手術を行っています。

1.腹腔鏡下胃局所切除

一般に行われている胃局所切除の方法です。腹腔鏡を用いて腫瘍を切除します。

開腹手術と同じ全身麻酔下で行います。まず腹腔内(腹腔:お腹の壁と臓器との間の空間のことです)に炭酸ガスを入れて膨らませ、おへそから細い高性能カメラ(腹腔鏡)を挿入します。この際、同時に手術操作に用いる器具を挿入するために、5〜10ミリの小さなあなを左右に合計4−5ケ所に開けます。そして先のカメラで撮ったお腹のなかの様子をモニターに映し出して、胃の切除を行います。

2.腹腔鏡・内視鏡合同胃局所切除(LECS)

腹腔鏡で手術をすると同時に、内視鏡を使って胃の中からも同時に腫瘍を観察、切除する方法です。

胃粘膜下腫瘍は、胃の中側に出っ張っていたり、外に出っ張っていたりするので、胃の中と外から見ることでより正確に腫瘍の範囲を見定めて切除することができます。そのために切除する範囲が最低限で済みますので、手術後の胃の変形が最小限で済み、胃の機能をほとんど損なうことなく手術することができます。

3.単孔式腹腔鏡下胃局所切除(TANKO)

従来の腹腔鏡下手術では、カメラや手術の器具をいれるための孔を、数カ所開けて手術をしていましたが、おへその創だけから、手術をする方法です。

創がおへその3-4cm程度の創だけなので、術後の創の痛みも少なく、整容性にも優れた方法です。

さらに上述の腹腔鏡・内視鏡合同胃局所切除と組み合わせることで、痛み、整容性、胃の機能、いずれの面でも患者さんに優しい手術が可能となります。

このページのTOPへ