がんに関する情報

印刷

前立腺がんに対する強度変調放射線治療(IMRT)

目次

Chapter.1: 強度変調放射線治療(IMRT)とは

強度変調放射線治療(IMRT)とは、専用のコンピュータを用いて照射野の形状を変化させたビームを複数用いて、腫瘍の形に適した放射線治療を行う新しい照射方法です(図1参照)。腫瘍に放射線を集中し、周囲の正常組織への照射を減らすことができるため、副作用を増加させることなく、より強い放射線を腫瘍に照射することが可能になります。

図1
従来の放射線治療では、マルチリーフコリメータと呼ばれる数mm幅の金属の板により放射線を照射する形状を作っています。IMRTではこのマルチリーフコリメータを照射中に移動させることで、放射線の強弱をつけています。


  • 従来の放射線治療:
    照射中、形は一定

  • IMRT:
    照射中、形が変化する

図2
従来の放射線治療は、同じ方向から照射される放射線は均一です。
一方、IMRTでは、図1の様にマルチリーフコリメータを動かすことによって、放射線に強弱をつけることができます。

図3
図2の様に強弱をつけた放射線を多方向から組み合わせることで、腫瘍の形に合わせて放射線をあてることができます。

図4
従来の放射線治療に比べIMRTでは腫瘍の形にあわせて放射線をあてることが可能で、前立腺の周辺にある臓器(直腸や膀胱など)を避けて照射することができます。(下の図は比較的強い放射線のあるところのみカラースケールで表示しています。周辺臓器に全く放射線があたらないわけではありません。)

このページのTOPへ

Chapter.2: 当院での前立腺がんIMRTの流れについて

IMRTの場合、いくつもの放射線のビームを組み合わせて照射するため、実際に正しく照射できるか確認する必要があります。そのため、通常の放射線治療よりも開始までに時間がかかります。

  1. 治療計画のためのCTを撮影します。
  2. 放射線腫瘍医、放射線技師、医学物理士が専用のコンピュータを用いて治療の計画を立て、その患者さんに最もよい治療計画を作成します。

ここまでは、通常の放射線治療と同様です。
その後、前述のように、実際に治療計画通りに照射されるかを検証する必要があります。この作業は、放射線技師、医学物理士が行います。1人の計画の検証に約6時間程度かかります。検証の結果は、最終的に放射線腫瘍医が確認し、問題なければ次のステップに入ります。
通常の放射線治療よりも、この検証作業の時間が加わるため、CTを撮影してから開始までに約2週間程度必要となります。

  1. 実際に放射線をあてる範囲を決め、皮膚に印をつけ、確認のためエックス線写真を撮影します。
  2. 実際の治療時間は、約15分です。
  3. 治療期間は通常の外照射と同様に7〜8週です。

このページのTOPへ

Chapter.3: IMRTに関するQ&A

IMRTの場合、いくつもの放射線のビームを組み合わせて照射するため、実際に正しく照射できるか確認する必要があります。そのため、通常の放射線治療よりも開始までに時間がかかります。

通常の外照射と治療の機械が違うのですか?
通常の外照射と同じ、リニアックと呼ばれる治療装置を用います。
普通の外照射と違って副作用は全くないのですか?
IMRTは、外照射の一種であり、副作用も通常の外照射と同様のものが出ることが予想されます。例えば、前立腺がんであれば、頻尿や排尿困難、直腸出血などがあります。ただし、IMRTの場合、周囲の正常組織への線量を下げられるという利点があるため、通常よりも副作用を減らすことができると期待されています。
費用はどのくらいかかりますか?
当院では前立腺がんの状態によって36回または39回の放射線治療を行っています。費用は保険の自己負担割合によって異なります。39回の治療の場合の治療費は3割負担で約42万円、1割負担で約14万円です。
詳しくは直接医師や治療スタッフにお尋ね下さい。

このページのTOPへ