印刷

診療科・部門紹介
診療科・部門紹介

各部署紹介

各部署紹介

最終更新日 : 2018年5月24日

12階東病棟 (緩和治療病棟)

「その人らしさ」と「希望」を大切に、患者さん・ご家族を支えます
看護師長  宇津木 智子
副看護師長 下大川 恵
 

部署紹介

12階東病棟は緩和治療病棟で、様々な苦痛症状の緩和が必要な患者さんが入院しています。WHOは「緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、苦しみを予防し、和らげることで、クオリティ・オブ・ライフを改善するアプローチである。」といっています。本来緩和ケアは、病気の時期に関わらず、身体や心の辛さを和らげ、その人らしさを大切にする医療です。

私たちは、がんに伴う様々な苦痛に対し、チームで最良の治療・ケアを提供しています。

こんな看護をしています

私たちは、患者さんの抱える身体の辛さや心の辛さをできるだけ取り除き、「その人らしく生きること」ができるような看護を行っています。また、ご家族にとって患者さんは「かけがえのない大切な人」であるということも常に忘れず、ご家族へのケアも大切にしています。

緩和ケアは他職種と連携したチーム医療が重要になります。緩和治療科医師と日々カンファレンスを重ね、理学療法士や薬剤師、栄養士とも定期的なカンファレンスを行い、多職種で患者さん・ご家族をサポートしています。また、患者さんやご家族の日常性を大切にするために、ペットとの面会やボランティアとともに季節ごとのイベントを開催しています。さらに、症状緩和後の退院なども視野に入れ、患者さんとご家族が希望を持ち続けることのできるよう関わっています。一方、看取りを迎える場面にも多く関わりますが、患者さん一人ひとりが最期の瞬間まで「その人らしさ」を保てるよう、チームで支え合い支援しています。

職場内研修

  • がん緩和ケア概論(緩和ケア医)
  • 緩和ケア領域で使用する向精神薬について(腫瘍精神科医)
  • 鎮静、エンゼルケアについて(緩和ケア看護認定看護師)
  • 家族看護(緩和ケア看護認定看護師)
  • 日本緩和医療学会のガイドラインに沿った症状別看護
  • リンパ浮腫へのケア(リンパ浮腫セラピスト)
  • 終末期の栄養について(管理栄養士)
アロママッサージで癒しの時間
明るい眺望にも和めます

このページのTOPへ