印刷

診療科・部門紹介
診療科・部門紹介

中央手術部

中央手術部

最終更新日 : 2017年5月31日

中央手術部とは

齋浦 明夫
齋浦 明夫
肝胆膵外科部長
中央手術部長

入院および外来患者さんの手術を行うための中央部門です。また、中央手術室には中央滅菌材料室が併設されています。

手術実績

2005年に有明病院に移転して以来、多くの手術を行っています(下記グラフ参照)。2010年には手術室を1室増設(計15室)し、2012年10月には、さらに1室増設(計16室)となりました。その結果、1日あたりの手術件数は、手術室が15室の時の27.9件と比較して、16室では31.3件となり3.4件の増加となりました。そして2014年8月より、さらに4室増設(計20室)し、手術をお待ちいただく時間の短縮を心がけております。

このページのTOPへ