印刷

診療科・部門紹介
診療科・部門紹介

総合内科

総合内科

最終更新日 : 2015年5月12日

総合診療部とは|診療科の特徴と実績スタッフ紹介

総合診療部とは

関根 今生
中山 耕之介
総合診療部長
臨床検査センター長
検体検査部長
生理検査部長

がんの患者さんの中には、高血圧、糖尿病、脂質異常症、心不全、心筋梗塞、動脈硬化、脳血管障害、慢性腎臓病、甲状腺疾患、骨粗鬆症など、がん以外のさまざまな疾患を合併している方が少なくありません。また、がんの治療や経過に伴って、その様な疾患が発症してくる場合もあります。

総合診療部では、患者さんが安心してがん治療に専念できるよう、がん以外の疾患やがん治療に伴う合併症に対する専門的な診療を行って、がん治療のための基盤整備・後方支援を担っています。

 

診療内容

がん患者さんに併発した疾患の診断および、治療を行っています。中でも頻度が高くて、しかもがん診療に影響の大きい循環器、内分泌代謝・糖尿病、腎臓、水電解質異常、骨粗鬆症、肝炎を含む消化器疾患、脳神経疾患等に対する診療が中心です。

当院で行われた全ての心エコー検査および心電図検査(安静・負荷・ホルター)の結果判定は循環器専門医が実施しています。

 

対象疾患

(循環器) 心不全、狭心症、弁膜症、不整脈、高血圧症、動脈硬化症、心筋症(特に薬剤性)、深部静脈血栓症など

(内分泌・代謝・糖尿病) 糖尿病、脂質異常症、バセドウ病、慢性甲状腺炎(橋本病)、性腺機能低下症、副腎疾患、下垂体疾患、原発性副甲状腺機能亢進症、骨粗鬆症など

(腎臓) 慢性腎臓病、糖尿病性腎症、腎硬化症、慢性腎炎、電解質異常(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム)など

(脳神経) 脳血管障害、神経・筋疾患、認知症、パーキンソン病、てんかん、脳炎・髄膜炎、脳腫瘍など

(肝炎) B型肝炎、C型肝炎など

検査

心エコー、血管エコー、安静心電図、負荷心電図、ホルター心電図、血圧脈波図(ABI/PWV)

甲状腺エコー、骨塩定量測定(DXA法)、各種シンチグラム

呼気テスト

専門外来

循環器内科、内分泌代謝内科、腎臓内科、脳神経外科、脳神経内科、糖尿病外来、肝炎外来、胃瘻栄養外来、ヘリコバクター・ピロリ外来

このページのTOPへ