がんに関する情報
がんに関する情報

放射線治療

放射線治療

目次

はじめに

がん研有明病院で行われている放射線治療について紹介いたします。主な疾患について、それぞれの放射線治療の方法や頻度の高い副作用を「疾患別の放射線治療の説明」にまとめましたので、あわせてご覧下さい。

Chapter.1: 治療スタッフの紹介

放射線治療とは、様々な種類の放射線を用いて、がんを安全かつ効果的に治療する方法です。当院では、放射線治療について専門的な知識を持った多くのスタッフによって治療が行われています。

放射線腫瘍医

放射線腫瘍医は、放射線治療全体を管理する医師です。他の治療スタッフと共に、治療計画を作成し、実際の治療が正確に行われるかを確認します。治療期間中および治療終了後も定期的に診察をして、治療効果や副作用を評価し、必要に応じた処置を行います。

放射線治療技師

決定された治療方針に従って、放射線腫瘍医と共に治療計画を作成し、治療計画に基づいた放射線治療を行い、それを記録します。また、計画された治療を正確に行うために、治療機器の保守・点検を行います。

医学物理士

より専門的な知識を用いて、新しい治療を研究します。また、放射線治療システム全体の品質管理を行います。

放射線治療看護師

治療が順調に進むように、治療期間中・治療後も患者さんやご家族の相談にのり、副作用や生活上の注意点について説明します。どのようなことでも気軽にご相談下さい。

このページのTOPへ

Chapter.2: 放射線治療について

放射線治療とは?

放射線治療とは、エックス線、電子線、ガンマ線などの放射線を用いて、がんを安全かつ効果的に治療する方法です。放射線は、がん細胞内の遺伝子(DNA)にダメージを与え、がん細胞を壊します。放射線によって、正常細胞も同様にダメージを受けますが、がん細胞とは異なり自分自身で修復することができます。放射線治療によって、がんを治したり、がんの増大による痛みなどの症状を緩和したりします。
病気の状態に合わせて、放射線治療のみで治療を行うこともありますが、他の治療方法と組み合わせて放射線治療を行うこともあります。例えば、早期の前立腺がんや喉頭がんは、放射線だけで治療を行いますが、乳がんでは、手術や薬物療法と組み合わせて治療します。
なお、放射線治療は薬物療法とは異なり、同一部位に一定の期間をあけて繰り返し治療することは通常ありません。再治療については担当医とよく相談してください。

このページのTOPへ

Chapter.3: 放射線治療法の種類

放射線治療の目的は、がんに十分な放射線をあてることですが、周囲の正常組織へのダメージは最小限に抑えなければなりません。放射線腫瘍医は、がんの場所や大きさ、種類によって、最適な治療法を選びます。放射線治療は、外照射と小線源治療の2つに分けられます。

外照射

リニアックを用いて、体の外から体内の病巣部に放射線をあてます。通常は、1日1回、月曜日から金曜日まで週5回の治療を数週間かけて行います。
当院で行っている高精度放射線治療や最先端の治療技術を紹介します。

小線源治療

病巣の中や近くに放射性物質を入れて、体の中から放射線をあてる方法です。外照射に比べ病巣に集中して放射線をあてることができる一方で、周囲の正常組織への線量は少なくてすみます。主に、子宮がんや前立腺がんなどで行われています。

当院で行っている代表的な小線源治療について紹介します。

このページのTOPへ

Chapter.4: がん研有明病院での放射線治療の実際と手順について

通常の外照射では、次のような手順で治療を行います。

1.診察

担当医と治療について話し合い、治療方針を決定します。

2.治療の準備

2-1. 治療計画用CT

必要に応じて、治療計画を行うためにCTを撮影します。治療の時と同じ姿勢になって、皮膚にマークをつけ撮影します。病気の部位によっては、体の位置を一定に保ったり、体の動きを抑えたりするために、患者さん毎に固定具を作ることがあります。

2-2. コンピュータによる治療計画

放射線腫瘍医、放射線技師、医学物理士は、撮影したCT画像を元に専用のコンピュータを用いて、共同で治療を計画します。治療計画とは放射線を当てる範囲や放射線の量を決める作業を言います。

2-3. 位置決め(シミュレーション)

実際に放射線をあてる範囲を決め、皮膚に印をつけ、確認のためエックス線写真を撮影します。印は、治療終了まで消さないように気をつけてください。

3.治療

放射線治療は予約制で行っています。当日の時間変更は難しい場合もあるため予約時間の調整は早めにお願いします。
通常の外照射の場合、放射線が実際にあたっている時間は数分です。着替えや準備などを含めて、治療室にいる時間は、10〜15分程度です。
治療中は、週に1回診察を受けていただきます。

4. 経過観察

治療終了後も定期的に診察して効果や副作用を評価し、必要に応じた処置を行います。

このページのTOPへ

Chapter.5: 放射線治療の効果と副作用

放射線治療の効果は、すぐに現れないことがあります。なかには十分な効果が得られるまで、数ヶ月かかることもあります。効果が現れるまでの期間については、担当医にお尋ねください。また、放射線治療による効果を高めるためには、一定の期間内に治療を終了する必要があります。決められたスケジュールを守るよう心がけてください。

放射線治療によって副作用が出現することがありますが、そのために治療が中断されることはほとんどありません。しかし、治療部位によっては、つらい副作用がでることもあります。治療中は、困っていることについて、どのようなことでも放射線治療のスタッフに相談してください。
放射線治療の副作用の多くは、放射線があたる部位に出現します。例えば、乳がんの放射線治療では、放射線があたる皮膚が赤くなったり、ヒリヒリしたりします。また、頭頸部がんの治療では、のどが痛くなって、食事をとるときに工夫が必要になります。これらの副作用は、治療開始2〜3週後から現れ、治療終了後も数週続きます。出現した症状について、医師や看護師にご相談ください。症状に応じた対処法をお伝えしたり、必要であれば薬の処方を行ったりします。
また、放射線の副作用には、上記のような治療中におこる副作用のほかに、治療が終了して数ヶ月から十数年後におこってくる副作用もあります。通常は、これらの副作用がでないように、放射線治療を行っています。治療終了後も、定期的に放射線腫瘍医の診察を受けていただいて、副作用が出現しないかを観察する必要があります。

このページのTOPへ

Chapter.6: Q&A

治療期間はどのくらいですか?
治療の期間は、がんの種類、大きさや場所、治療の目的などによって異なります。通常の外照射の場合、1日1回、月曜日から金曜日まで週5回治療を行います。全部で6〜8週間の治療を行うこともあれば、1回のみの場合もあります。治療のスケジュールは、がんの種類によって様々です。同じがんでも、患者さん一人一人の状態によって、スケジュールが異なることがあります。担当の医師からよく説明を受けてください。
一回の治療時間はどのぐらいですか?
通常の外照射の場合、放射線が実際にあたっている時間は数分です。着替えや準備などを含めて、治療室にいる時間は、10〜15分程度です。治療の方法によっては30分以上かかる場合もあります。
小線源治療の場合、治療内容により1時間〜4時間程度と様々です。
実際の治療時間については、担当の医師からよく説明を受けてください。
放射線治療は痛いのですか?
胸部エックス線撮影やCT検査と同様に、放射線があたっても、痛みや熱などを感じることはありません。小線源治療の場合、病巣の中や近くに治療用の器具を入れるため、痛み止めや麻酔を使用することがあります。
日常生活で気をつける点はありますか?
放射線治療中も、たいていは普段通りの生活を続ける事ができます。仕事をしながら治療に通う事も可能です。しかし、治療が進むにつれて、疲れやすくなったり、治療部位に応じた副作用が見られたりすることがあります。十分に休息をとり治療が中断しないように注意してください。
放射線治療中は、お風呂に入ってもいいですか?
放射線治療中も、通常通りお風呂に入っていただいてかまいません。治療の位置を合わせるマークを消さないように注意してください。湯船に入ったり、石けん水が流れても問題ないですが、マークの上をこすったりしないように注意してください。
また、放射線があたっている皮膚は、赤くなったり、刺激に対し敏感になったりしています。温かいお湯と肌に優しい石鹸で清潔にし、こするなどの強い刺激を与えないようにしましょう。
化粧液や絆創膏などは担当医に確認してから使用してください。
食事はどのようなものをとればいいですか?
特に決まりはありません。
頭頸部がんや食道がん、肺がんなどでは、放射線の副作用によって、のどの痛みや飲み込みにくさが出現することがあります。やわらかい物や刺激の少ない食べ物をとるようにしてください。
アルコールについては、担当の医師に相談してください。
タバコは放射線治療中でも続けていいですか?
頭頸部がんや肺がんでは、放射線治療中に喫煙を続けると治療効果が低下すると言われています。その他のがんでも副作用が強まる場合もあるため、放射線治療中や治療後も、禁煙を心がけてください。
家族や周りの人に放射線の影響はありますか?
外照射や、ラルスを使用した小線源治療では、放射線があたる時間は数分であり、治療が終わった後に、周囲の人に影響を与えることは全くありません。お子さんにも通常通り接することができます。
前立腺がんの小線源治療のように放射性物質を病巣内に挿入する場合、微量な放射線が体外に放出されます。体から出る放射線が危険のない範囲に下がるまで、専用の病室に入院していただく場合があります。退院後は、家族や周囲の人たちに悪い影響を与えることはありませんが、担当医にお尋ねください。

このページのTOPへ