がんに関する情報
がんに関する情報

定位放射線治療(SRT)

前立腺がんに対する強度変調放射線治療(IMRT)

定位放射線治療(SRT:Stereotactic Radio Therapy, SBRT:Stereotactic Body Radio Therapy)

定位放射線治療は厳しい精度管理のもとに、腫瘍に集中して一度に高線量の放射線を照射する技術です。腫瘍の広がりや大きさが限局的な場合、手術に代わり用いられる治療の選択肢です。様々な部位の転移性腫瘍(脳転移、肺転移、肝転移、副腎転移、骨転移など)や早期肺癌、膵臓癌、前立腺癌などに用いられます。

定位放射線治療のメリットはその精度の高さと高率な局所制御効果です。定位放射線治療では、最新の画像誘導技術を用いサブミリメートル(ミリメートルよりも細かい)で治療部位の位置合わせを行います。従来の放射線治療では腫瘍周囲の重要な正常臓器の耐容線量(放射線が照射されても回復可能な線量)に制限されるため腫瘍へ十分な線量を照射できません。定位放射線治療では重要な正常臓器を避けながら、腫瘍へ高線量の放射線を照射できることが最大のメリットです。

治療は、三次元原体照射(3D-CRT)または強度変調回転照射法(VMAT:Volumetric Modulated Arc Therapy) を用いて行います。3D-CRTは複数の角度から腫瘍に集中して照射することで照射容積内の線量を均一にできる特徴があり、VMATは腫瘍に隣接した正常臓器の線量を低減することができる特徴があります(図)。

図. 3D-CRT(左)とVMAT(右)の肺定位放射線治療の治療計画

このページのTOPへ